TOEIC 700 に必要な単語量は 2000? 語彙よりも重要なこと

TOEIC700単語

こんにちは。リモです。

TOEIC で 700 を目指す人には様々な得意不得意を持った人がいるでしょう。

 

  • Listening よりも Reading のほうが得意な人
  • Reading よりも Listening のほうが得意な人
  • どっちも課題が山積み!って思っている人

 

いずれにせよ、TOEIC 700 を目指すなら、リスニングとリーディング合わせて 700 になればよいのです。

綺麗に 350 ずつなのか、400 と 300 か、などなど、TOEIC 700 というスコアでも、いろいろな形があります。

 

ちなみに、リーディングとリスニングなら、リスニングのほうがスコアは取りやすいです。

私は TOEIC 720 のときは、おおよそ Listening 395, Reading 325 でした。

このあたりについても、しっかりと説明していきます。

 

今回は、最短で TOEIC 700 を取るための

 

必要な最低限な単語数、語彙数

そして、必要な語彙数で TOEIC 700 を獲得するためのほかの要素

 

についてお伝えさせてもらいます。

TOEIC 700 に必要な語彙数とは?

 

早速本題に入っていきますが、そもそも Reading でも長文が得意な人や文法問題が得意な人など、様々です。

覚えている語彙の数が多かったとしても、文法問題が苦手だったり、リスニングが苦手だったりすると、覚えている語彙数がしっかりと TOEIC スコアに結びつかない可能性があります。

 

そのため、

「TOEIC 700 に必要な単語数は~~です。」

 

とは一概になかなか言えないです。

 

しかしながら、他の要素が完璧であると仮定したとすると、語彙数は 2000 語ほどでいけるのではと考えてます。

他の要素、というのは、先ほどの文法の理解、リスニング力ですね。

 

これは、一般的に言われている語彙数よりかなり少ないはずです。

 

理由についての説明に入る前に、一般的な TOEIC スコアを語彙数について共有させてもらいます。

TOEIC スコアと語彙数の一般的な目安

一般的な目安、みたいなのも気になると思いますので少し調べてみました。

そうすると、

TOEIC 500 で 5000 語とか、3000 語。

TOEIC 700 で 3000 語ほどという情報もありました。

また、TOEIC テストには総じて 10000 語を超える単語が出てくるとか、

色々出てきました。

 

この一般論を踏まえまして、私の過去を元に考えつつ、必要な語彙数が 2000 である理由をお伝えしていきます。

 

私が TOEIC 640、720 だったときは、中学英語に加えて大学受験で使っていた英単語帳 DUO をやりこんでいました。9割以上は暗記していたはずです。

中学生で覚えるべき単語数は 1200 であり、DUOの収録語数は、単語と熟語を合わせて約 2500です。

 

中学校で覚える単語と、DUOの単語で重なっている部分もあるでしょうから、私の当時の語彙数は 3000 ~ 4000 語ほどと考えられます

ただ、私は海外ドラマ、洋楽で独学で学び続けていたので、もう少し多いと思います。

ですので、4000 語~ 5000 語 の間の語彙数と考えることが出来ます。

私がTOEIC 720 を取ったときの語彙数が、4000 ~ 5000 でしたが、最低限で TOEIC 700 を超えるだけであれば、私はもっと少なく済むと考えています。

このように考える理由は 2 つあります。

 

TOEIC 700 を取るための語彙数が 2000 である 2 つの理由

少し冒頭でもお伝えしていましたが、2 つの理由とは

 

  1. TOEIC には TOEIC に出やすい単語がある
  2. TOEIC には文法やリスニングの要素も絡む

 

まず、TOEIC には TOEIC に出やすい単語があります。

必要な語彙数が3000だとしても、TOEIC に出てこないような単語を学んでもスコアアップには繋がらないので、TOEIC だけを考えたら非効率的な勉強になってしまいます。

 

ちなみに今は TOEIC だけを考えた場合の話を進めていきますが、TOEIC 以外の日常会話、海外ドラマや洋楽のほうが、リアルに感じられて臨場感があって覚えやすかったりもします。

人間は機械ではありませんので、そういった興味や関心、感情などと関連付けて覚えることもおススメしています。

関連づけの話は、”関連付け” の考えで、TOEIC 学習を根本的に効率的にしていく でお伝えしていますので、気になる方は是非お読みください。

 

本題からそれましたので、戻しますね。

最短で最低限の語彙で TOEIC 700 を取るための話であり、TOEIC には TOEIC に出やすい単語があるとお伝えしていました。

このTOEICに特化した単語を集めたのが、新TOEIC  TEST 出る単特急 金のフレーズです。

金フレ

金フレの使い方が気になる人は、

金フレの使い方!TOEIC初心者から中級者まで使える!

をご覧ください。

こちらの金のフレーズ、収録語数は約 1000 語です。

TOEIC を数十回と受けて何度も満点を取っている TEX 加藤さんが厳選した、TOEIC で頻出した単語が載っている単語帳です。

現在のあなたの語彙力も関係しますが、これに取り組むだけで TOEIC 700 は射程圏内だと思ってます。

 

それぐらいの良書です。

 

この金フレの 1000 語に加えて、中学生で覚える単語 1300 語ほど と金フレで被る部分も考えると、2000 語というのが私の考えです。

たった 2000 語です。

中学英語をしっかりと学んでいれば、金フレに載っているたった 1000 語加えるだけです。

これだけなら、案外覚えられそうな単語数ではないでしょうか?

 

しかし、勘違いしていただきたくないのは、覚えている語彙数は多い方がいいということです。

単語、語彙の力は偉大です。

TOEIC は単語の試験という話もあるくらいですからね。

TOEIC でスコアを上げるために、語彙数を伸ばす必要はない、というつもりはありませんので、そこはご注意ください。

 

そしてここから、2 つ目の理由であった、文法やリスニングが必要である話をしていきます。

 

語彙数は 2000 だが、2000 語だけでは TOEIC 700 は取れない

語彙数、英単語を覚えることは大切です。

しかし、英語というものは、英単語、文法、リスニング(発音)に分解して考えることが出来ます。

そのため、英単語の要素だけを押さえても、文法や リスニング が出来ていないと英語が十分に出来ませんし、TOEIC で700 も取れません。

 

あくまでも語彙は英語を構成する一要素でしかないため、他の要素(文法と発音)が完璧に近ければ、語彙数は 2000 語でも TOEIC 700 は決してあり得ない話ではなくなってきます。

 

加えて、TOEIC は Listening のほうが点数を取りやすい試験です。

理由は、リスニングで使われる英文のほうがリーディングよりも易しいからです。

その意味で、なおさらリスニング力が求められますから、リスニングの理解が必要になります。

 

この考え方については、

という、以前に書いた記事が参考になると思います。

 

今回紹介した金のフレーズ(金フレ)には、リスニングとリーディング含めてどちらにも出る単語が多く載っています。

Part 1 に出てくる表現などもありますので、痒い所に手が届く作りになっています。私もお世話になりました。

 

金フレは純粋にTOEICのスコアを上げるのに最も役立つ参考書の一つです。

※追記 中学英語を学び直す TOEIC 受験者用に、銀のフレーズもあります。そちらについては、銀フレの使い方を徹底解説!初めての TOEIC 対策には必須! をご覧ください。

 

私が提唱するTOEIC700の取り方は

Listening 400

Reading 300

Total    700

です。

 

この Listening 400 を取るためには、確実なリスニング力、聞き取った英文を正確に理解できる文法力が必要です。

しっかりとしたリスニング力、英文法の理解があれば、語彙数が 2000 でも十分TOEIC700は取れるはずです。

 

ちなみに、リスニング力を上げる最短の方法は、発音を理解することです。

 

発音の理解が大切である理由、文法の学び方などについては、それぞれ以下の記事がありますので、参考にしていただけたらと思います。

 

TOEIC の Listening のスコアも急上昇!”発音” で得られる 3 つのメリット

TOEIC の文法対策を 0 からするときに読む記事

 

では、最後は他の記事にゆだねる形になりましたが、今回はこの辺で!

何か、TOEIC に関わること、それ以外のことでも気軽にご相談ください!

筆者(リモ)のプロフィール

北海道生まれの 20 代後半。2019年 3月 TOEIC 965。


高校の時に海外ドラマに魅了され、英語に興味を持つ。

海外ドラマと授業の両方を使って積極的に学び英語が得意に。


そこから継続して学び続け、独学、留学なしで TOEIC 965 を取り英語を使って仕事をしてます。


“出来ないことを出来るようにする”


を理念としていて、出来ることが増えていくことで世界が広がったり、人生がより良くなっていくと考えています。


そして、出来ることが増えていくのが成長ですよね。


TOEIC の情報発信をしている理由は、TOEIC は成長を感じやすく、成長のポテンシャルが高いからです。


客観的なスコアで成長を実感しやすいし、英会話などにもつなげられるし、転職や昇格にも役立ちます。


英語を一から学びなおす人に指導し、目標を達成した際に


「子供が生まれた時くらい嬉しい!」


と感謝された経緯からやりがいを感じ、特に英語初級者への指導をメインにしております。


正しい学習法であれば、必ず結果は出ます。是非一緒に TOEIC 初級者を脱け出しましょう!

【無料】レポート配布中!

TOEIC 600 以下の方を対象に、初級者を脱するためのレポートを無料でお渡ししています。

以下の項目に 1 つでも興味のある方は、是非お読みください。

○最短でTOEICで結果を出す全体像
○今自分がやるべき学習を知る方法
○リーディング時間配分,解き方
○初級者がリスニングで意識すること
○試験直前でも使える情報
○正しい問題集をやるタイミング
○解けそうで解けない問題の対処法
○全力を出す試験当日の過ごし方

初級者を脱しTOEIC 600を超えるためのレポートです。

私自身の学習や、生徒さんへの指導の中での「気づき」「TOEICでスコアを出すコツ」をお伝えしています。(30000字越え)

加えて、初級者必見である TOEIC に良く出る 298 語の単語表現も同時にお渡ししています。

”単語帳メーカー” と言う暗記用アプリで、すぐに使える内容をファイルにまとめてお渡ししています。
リスニングとリーディング、どちらでも頻出の基礎的な単語を厳選してまとめました。

詳しくはこちらから。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です