TOEIC700に必要な単語量は2000?語彙よりも重要なこと

TOEIC700単語

TOEICで700を目指す人には様々な人がいるでしょう。ListeningよりもReadingのほうが得意な人。逆もいるはずです。

TOEIC700というスコアでも、いろいろな形があります。その中で私が考える最短でTOEIC700に必要な単語数についてお伝えさせてもらいます。

おおよその目安

Readingでも長文が得意な人や文法問題が得意な人など、様々です。

なので「TOEIC700に必要な単語数は~~です。」とはなかなか言えないです。

とはいえ、目安が知りたいと思いますので少し調べてみました。

調べてみましたが、なかなか目安となる語彙力が見つかりません。そこで私の考えを踏まえて目安を紹介します。

中学生で覚えるべき単語数は1200だそうです。

私がTOEIC640、720だったときは、中学英語に加えてDUOの単語帳をやりこんでいました。9割以上は暗記していたはずです。DUOの収録語数は、単語と熟語を合わせておよそ2500です。

中学校で覚える単語と、DUOの単語で重なっている部分もあるでしょう。

ですので、この考えでいけば必要な単語数は3000語くらいでしょうか。

単純に考えるとそうなりますが、私はそうは思いません。

 しかしTOEICはTOEIC

先ほどの話だと、3000語ほど、と言う話でしたが、今話しているのはTOEICです。

TOEICにはTOEICに出やすい単語があります。

必要な語彙数が3000だとしても、TOEICの試験に出てこないような単語を学んでもスコアアップには繋がりません。非効率的な勉強になってしまいます。

TOEICのための勉強が必要です。

このTOEICに特化した単語を集めたのが、新TOEIC  TEST 出る単特急 金のフレーズでしょう。

金フレの使い方については、金フレの使い方!TOEIC初心者から中級者まで使える! をご覧ください。

こちらの金のフレーズ、収録語数は約1000語です。TOEICを数十回と受けている著者が厳選した、TOEICで頻出した単語が載っている単語帳です。

正直、これがあるだけでTOEIC700は射程圏内です。

中学生で覚える単語と金フレで被る部分も考えると、2000語というのが私の考えです。

たった2000語です。中学英語をしっかりと学んでいれば、金フレに載っているたった1000語加えるだけです。

これだけなら、案外覚えられそうな単語数ではないでしょうか?

しかし、ここで安心してはいけません。単語を覚えるだけで点数が取れるほどTOEICは甘くありません。

 単語数は2000だが、2000語覚えればTOEIC700取れるわけではない

単語は確かに重要です。単語がわからないと文が読めませんので理解できません。

TOEICはListeningのほうが点数を取りやすい試験です。その理由は、リスニングで使われる英文のほうがリーディングよりも易しいからです。

この考え方については、

を参考にしてください。

この金のフレーズ(金フレ)には、リスニングとリーディング含めてどちらにも被る単語も数多く出てきます。Part1に出てくる表現などもありますので、痒い所に手が届く作りになっています。私もお世話になりました。

金フレは純粋にTOEICのスコアを上げるのに最も役立つ参考書の一つです。

私が提唱するTOEIC700の取り方は

Listening 400

Reading 300

Total    700

です。

このListening400を取るためには、堅実なリスニング力が必要です。堅実なリスニング力があれば、語彙数が2000でも十分TOEIC700は取れるはずです。

 最低限の語彙で700を取るためにはリスニング力が必要

Listeningで流れてくる音声をリエゾンを含めて理解できるならば、問題なくTOEIC700は突破できるでしょう。

リスニングで確実に聞き取るようになるためには、2つ方法があると思っています。

  • 大量に英語の音声を聞き、真似する
  • 発音のルールを理解して、英語の音声を聞く

ちなみに、私は前者でした。4年間毎日のように海外ドラマを見たり、洋楽を聞いたりと英語に触れる時間が多かったです。

ただただ娯楽にしていたわけではありません。英語字幕で見たり、洋楽の歌詞を見たり、ときには声に出したりしていました。

これに加えてDUOの単語力でTOEIC720を取りました。

その後のTOEIC815を取った時は、発音を意識した学習を始めていました。

後悔こそしていませんが、発音を学んだ後は、もっと早く発音を意識して学習しておけばよかったと痛感しました。

逆に言えば、TOEIC720からは、

  • 英会話への意識
  • 発音を意識(発音は学習途中)
  • 海外ドラマ(英語字幕)の視聴を継続

上記を意識しました。

これでTOEIC815を突破したように思います。そこからTOEIC900越えも、それほど苦戦せずに超えられました。

 

正直、私のように受け身ながらも英語に常に触れ続ける日々を何年と過ごせば、TOEIC700も超えられますし、それなりに英語力もつくでしょう。英語は壮大な慣れ、ですからね。

しかし、これは効率的なやり方ではないと思っています。私は当時大学生で時間に余裕もあり、海外ドラマが好きだからできたことでしょう。

TOEICは英語学習の終着地点ではありませんが、一度TOEICで700取ると決めたら最短で向ってほしいと思います。

そして、その後の英語学習も止まって欲しくはありません。そのためにも、発音を意識した学習に手を付けてほしいです。

発音のルールを理解できれば、スピーキング、リスニング力がつくのでTOEICのその先(英会話、英検)にも十分対応できます。私はこのような発音の恩恵を実感しています。

もし発音を身に着けリスニング力を向上させれば、最低限の語彙数でTOEIC700も達成できます。もし、TOEICで900を目指すならば、なおさら発音は必要です。発音無視でリスニングを進めると、必ず壁にぶつかるでしょう。

小手先のテクニックで短期間に点数を上げる方法があったとしても、それは付け焼刃なのですぐに点数は元に戻ってしまいます。

発音は一度身に着ければ、なかなか忘れません。少なくとも、あなたが英語学習者である限りは忘れることはないでしょう。

一生ものの発音を身に着けて、最低限の語彙でTOEIC700を目指してみてはいかがでしょうか。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です