TOEIC700に必要な単語量は2000?語彙よりも重要なこと

TOEIC700単語

どーも!リモこと本間です。

TOEICで700を目指す人には様々な得意不得意を持った人がいるでしょう。

ListeningよりもReadingのほうが得意な人とか。

その逆もいるでしょうし、

どっちも課題が山積み!って思ってる人もいるかもですねww

その延長線上というか、TOEIC 700 でもリスニングとリーディング合わせて 700 になればいいので、

綺麗に 350 ずつなのか、400 と 300 か、などなど

TOEIC 700 というスコアでも、いろいろな形があります。

※ ちなみに、私は TOEIC 720 のときは、おおよそ Listening 390, Reading 330 でした。

今回は、その中で私が考える、

最短でTOEIC700につなげるための

必要な最低限な単語数、語彙数

についてお伝えさせてもらいます。

おおよその目安

そもそも Reading でも

長文が得意な人や文法問題が得意な人など、様々です。

なので

「TOEIC700に必要な単語数は~~です!」

とは一概になかなか言えないです。

けどタイトルで伝えてる通り、

他の要素が完璧であると仮定したとすると、

2000 語ほどでいけるのではと考えてます。

と、これは私の考えですので、

一般的な目安、みたいなのも

気になると思いますので少し調べてみました。

そうすると、

TOEIC 500 で 5000 語とか、

TOEIC には 10000 語を超える単語が出てくるとか、

色々出てきました。

ただ、TOEIC と一括りにしても、

冒頭で伝えた通り、

リスニングとリーディングがあって、

リスニングセクションで使われる語彙は

リーディングと比べると確実に少ないし優しい、

そこに TOEIC 700 も

リーディングとリスニングそれぞれの得手不得手がある、

って背景があると、

なおさら一概には

必要な語彙数は!〜〜!

と言い切るのはむずい、って感じです。

ということを踏まえて、改めて私の考えを紹介します。

ちなみに中学生で覚えるべき単語数は1200だそうです。

私がTOEIC640、720だったときは、中学英語に加えてDUOの単語帳をやりこんでいました。9割以上は暗記していたはずです。

DUOの収録語数は、単語と熟語を合わせておよそ2500です。

中学校で覚える単語と、DUOの単語で重なっている部分もあるでしょう。

ですので、この考えでいけば必要な単語数は 3000 4000語くらいでしょうか。

ただ、私は海外ドラマ、洋楽をガッツリ楽しみつつ学んでたので、もう少し多いと思います。

ですので、3000 から、4000 ほどですかね。

単純に考えるとそうなりますが、

私はもっと少ないのでは?と思ってます。

 しかしTOEICはTOEIC

先ほどの話だと、3000 から、4000 語ほど

と言う話でしたが、今回はTOEICです。

TOEIC には TOEIC に出やすい単語があります。

必要な語彙数が3000だとしても、

TOEIC に出てこないような単語を学んでもスコアアップには繋がらないので、

TOEIC だけ考えたら非効率的な勉強になってしまいます。

 

今はTOEIC だけ、を考えたらですが、

TOEIC 以外でも面白い表現とか、

日常会話のほうが、リアルに感じられて臨場感があって、

覚えやすかったりもします。

 

何より、興味あるものから学ぶことを激推ししている私としては、

TOEIC のみにとどまらない学習をおススメしたいとこです!w

 

ただ、最短で、最低限の語彙で、

という仮定で今回は話を進めさせてもらいます。

話それたので戻しますね!w

 

必要最低限の語彙の話でしたので、

そのためには、やはり

TOEIC のための勉強が必要です。

このTOEICに特化した単語を集めたのが、新TOEIC  TEST 出る単特急 金のフレーズでしょう。

金フレ

金フレの使い方が気になる人は、

金フレの使い方!TOEIC初心者から中級者まで使える!

をご覧ください。

こちらの金のフレーズ、

収録語数は約 1000 語です。

TOEIC を数十回と受けている著者が厳選した、

TOEIC で頻出した単語が載っている単語帳です。

正直、これがあるだけでTOEIC700は射程圏内だと思ってます。

個人的にはそれぐらいの良書。

この金フレの 1000 語に加えて、

中学生で覚える単語 1300ほど と金フレで被る部分も考えると、

2000 語というのが私の考えです。

たった2000語です。

中学英語をしっかりと学んでいれば、

金フレに載っているたった1000語加えるだけです。

これだけなら、案外覚えられそうな単語数ではないでしょうか?

しかし、ここで安心してはいけません。

単語、語彙の力は偉大です。

TOEIC は単語の試験ともいえるみたいな話も聞いたことがあります。

 

仮に、私の語彙力は 3 万です、

とフリーザ的に言えるのなら、

TOEIC でめっちゃ強いのは事実ですw

 

けど、

単語を覚えた上で、しっかりと押さえておくべきことがあります。

特に今回は、2000 語という決して多くはない語数ですので。

 単語数は2000だが、2000語覚えればTOEIC700取れるわけではない

繰り返しますが、単語は重要です。

単語がわからないと文が読めませんので、

そもそも理解できません。

けど、Listening でも Reading でも、

そこに文法の理解がないと英文は読めないし、

Listening に関しては発音の理解がないと、

正確に聞き取ることはできません。

そして、TOEIC は Listening のほうが点数を取りやすい試験です。

その理由は、リスニングで使われる英文のほうがリーディングよりも易しいからです。

この考え方については、

という、以前に書いた記事が参考になると思います。

今回紹介した金のフレーズ(金フレ)には、

リスニングとリーディング含めてどちらにも被る単語も数多く出てきます。

Part 1 に出てくる表現などもありますので、

痒い所に手が届く作りになっています。

私もお世話になりました。

金フレは純粋にTOEICのスコアを上げるのに最も役立つ参考書の一つです。

私が提唱するTOEIC700の取り方は

Listening 400

Reading 300

Total    700

です。

このListening 400 を取るためには、確実なリスニング力が必要です。

しっかりとしたリスニング力があれば、

語彙数が 2000 でも十分TOEIC700は取れるはずです。

 最低限の語彙で700を取るためにはリスニング力が必要

Listening で流れてくる音声を発音の法則性 (リエゾンなど) を

含めて理解できるならば、

問題なく TOEIC 700 は突破できると考えています。

それで、

リスニングで確実に聞き取るようになるためには、

2 つ方法があると思っています。

  • 大量に英語の音声を聞き、真似する
  • 発音のルールを理解して、英語の音声を聞く

ちなみに、私は前者でした。

4年間毎日のように海外ドラマを見たり、洋楽を聞いたりと英語に触れる時間が多かったからです。

ただただ娯楽にしていたわけではありません。

英語字幕で見たり、洋楽の歌詞を見たり、ときには声に出したりしていました。

これにDUOの単語力が加わることで、

私が大学生の時に TOEIC 720 が取れました。

2012年とか2013年の話ですので、TOEIC が難化気味なことを考えると、

今はもう少し難しいかもしれませんね。

その後の TOEIC 815 を取った時は、

発音を意識した学習を始めていました。

後悔こそしていませんが、

発音を学んだ後は、

もっと早く発音を意識して学習しておけばよかった…

と痛感しましたね。(笑)

笑ってますがマジですw

逆に言えば、TOEIC 720からは、

  • 英会話への意識
  • 発音を意識(発音は学習途中)
  • 海外ドラマ(英語字幕)の視聴を継続

上記を意識しました。

これで TOEIC 815 を突破したように思います。

そこからTOEIC 900 越えも、

それほど苦戦せずに超えられました。

 

正直、私のように受け身ながらも、

英語に常に触れ続ける日々を何年と過ごせば、

TOEIC 700 も超えられるはずですし、

それなりに英語力もつくでしょう。

英語は壮大な慣れ、ですからね。

しかし、これは効率的なやり方ではないと思っています。

私は当時大学生で時間に余裕もあり、

海外ドラマが好きだからできたことでしょう。

TOEIC は英語学習の終着地点ではありませんが、

もし最短で向かう必要があるなら、

一直線に向ってほしいと思います。

そして、その後の英語学習も止まって欲しくはありません。

そのためにも、発音を意識した学習に手を付けてほしいです。

発音のルールを理解できれば、

スピーキング、リスニング力にもつながるので

TOEIC のその先(英会話、英検)にも十分対応できます。

 

私はこのような発音の恩恵を実感しています。

もし発音を身に着けリスニング力を向上させれば、

最低限の語彙数で TOEIC 700 も達成できます。

もし、TOEICで900を目指すならば、なおさら発音は必要ですし。

発音無視でリスニングを進めると、必ず壁にぶつかるでしょう。

小手先のテクニックで短期間に点数を上げる方法があったとしても、

それは付け焼刃なのですぐに点数は元に戻ってしまいます。

発音は一度身に着ければ、なかなか忘れません。

少なくとも、あなたが英語学習者である限りは忘れることはないでしょう。

一生ものの発音を身に着けて、

最低限の語彙でTOEIC700を目指してみてはいかがでしょうか。

という感じで最後真面目な感じ強かったかもですがw

今回はこの辺で!

何か、TOEIC にかかわること、それ以外のことでも

気軽に相談してみてください!

100% 返信させてもらってます!

rimo.of.toeic@gmail.com

プロフィール

北海道生まれの20代後半。2019 年 3 月に TOEIC965 達成。日中は英語業務をしたり副業として英語指導しています。高校の時に海外ドラマの面白さに完全に魅了され、そこから自然と英語学びたい意欲が湧き、留学なし、独学で学び続けてます。
私自身が興味のあることをきっかけに英語力を伸ばせたように、好奇心をベースに英語を学びやすくするためにも、TOEIC 初級者から脱することを提案しています。
なぜなら、英語の基礎力が付くこと (脱 TOEIC 初級者) で、英語を英語で学ぶことが可能になるからです。

もちろん基礎力がなくてもできますが、あったほうが圧倒的に学びやすいです。しかも TOEIC のスコアも上がります。
「海外ドラマとか、洋楽、洋画、英語のYouTube 動画とか好きだけど、英語力を高められてない」という人に向けて情報発信をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です