英語学習者が海外ドラマで勉強する時の、デメリットと絶大なメリット

こんにちは、リモです。

今日は、あまり良しとされていない?海外ドラマでの英語学習について書いていきます!

「いや効率悪いんじゃ?」
「時間がもったいない」
「英語学習はそんなに簡単じゃない」

という冷ややか、かつ正論めいた意見を頂きそうなタイトルではありますね(笑)。

場合によっては、仰る通り、時間を無駄にする可能性は十分にあるでしょう。

 

けど、タイトルのことは結構本気で言っていて、私自身英語学習の隣には常に海外ドラマが味方してくれてました。

結果的に英語で仕事をし、英語に関して指導をするくらいの英語力をつけ、更に磨きをかけている最中です。

 

海外ドラマは英語学習の初期である、中学英語が身についたくらいの状態である 高校2年生から使っていましたので、初心者の方にもオススメしています。

ちなみに、私の海外ドラマに出会うまでの英語の成績は、通知表の5段階評価の 3 とか 4 をさまよっている程度で、特別に出来ていたわけではありません。

 

なお、中学英語が解らないレベルでも、海外ドラマから学んでいくことは可能ではありますが、一通り中学英語は理解できていたほうがいいでしょう。

なぜなら、中学英語は英語の基礎になりますので、右も左もわからない状況で海外ドラマから学ぶのは、理解するのが大変な場合があるからです。

ですので、中学英語は一度学習されてから、海外ドラマで学んでいくのがいいと思います。

 

本ブログは TOEIC も軸の一つとしてお伝えしていますのでタイトルが TOEIC 寄りになっていますが、英文法や中学英語については以下の記事で言及していますので、よろしければお読みください。

 

TOEIC の文法対策を 0 からするときに読む記事

TOEIC の文法対策を 0 からするときに読む記事

2019年6月2日

中学英語が “完璧” ならTOEIC 600 でも不思議じゃない話

TOEIC中学英語

中学英語が “完璧” ならTOEIC 600 でも不思議じゃない話

2016年10月22日

 

少し話がそれました。

ではでは、今回は海外ドラマ学習のメリットやデメリットについて、思うところを書いていきます!

 

なお、このブログでは何度かお伝えしていますが、海外ドラマだけでは英語を伸ばすのには時間がかかります。

効率的な学習にする場合には、海外ドラマを英語の補助というか、副教材というか、息抜きというか、そういったニュアンスで使うべきだと考えています。

むしろ、海外ドラマを補助的に使えれば、娯楽の要素もありつつ学習できるので、英語力が飛躍するきっかけになるはずです。

 

ということで、本題に入っていきましょう!

デメリット

最初にデメリットを伝えた後に、メリットを伝えて挽回していきたいと思います(笑)。

止まらなくなる

はい、これは言わずもがなで、書くまでもないと思ったんですが一応(笑)。

海外ドラマは面白すぎるんです、厳密に言うと、次を見たくさせるのが上手すぎるというか。個人の見解かもしれませんが(笑)。

 

まあ海外ドラマを作る側は視聴者がハマってもらうことが目的ですので、そういう作りになっているのは当たり前なんですが、好き嫌いはあるにしてもハマるととことんハマってしまいます。

 

時間が気づけば3,4時間過ぎちゃうみたいなことって結構有ると思います。(何度も経験しています…

で、これも言わずもがななんですが、時間ってのは有限で、大切なこととかやりたいことに時間を割くべきです。

 

だから、惰性で見続ける海外ドラマは、人生的にと言うか、英語学習で時間を奪われていると考えると、決していい点とは言えません。

もちろん、娯楽として割り切って楽しむのは、全く問題ない、というか本来がそういう目的で見るものだと思いますし。

 

本当に心から好きだから見るならいいんですが、ハマってしまうと惰性で見ちゃうことが多くなります。

きっと続けて見る必要はなくて、何かやらなきゃいけないことがあるのにも関わらず、見続けてしまいがちです。

 

そして、学習というのは、出来ないことを出来るようにすることだと私は思っています。

ですので、ただただ海外ドラマを見るだけじゃ何も出来るようにはならないです。

なぜなら、海外ドラマを見ることだけでは、ストーリーを知る程度で、何もできるようになっていないからですね。

 

見続けてしまうというデメリットは言わずもがななんですが、前提として言う必要があったので最初に書かせていただきました。

なんか英語を勉強した気になる

これが結構怖いと思ってます。

使いようによっては、確実に海外ドラマ、YouTubeの英語の動画や洋楽なおdは英語学習にプラスに働きます。

なんですが、先ほどお伝えしたように海外ドラマは中毒性があるんで、ダラダラと見続けちゃう危険性があります。

 

この誘惑に負けて、ダラーっと海外ドラマを見続けて、自分で振り返って考えた時に、

「海外ドラマは英語勉強だし、5時間をは勉強したな!」

と、思い込む危険性があるってことです。

 

ただの娯楽としてはこれでいいと思います、というか、めちゃくちゃ私もやっちゃってる部分で全く問題はないです。

 

しかし、意識的に英語を学ぼうとなったときは、

「娯楽ではあるが、もし学習として使うならば、負荷をかける必要がある」

と、一歩引いた感じで捉える必要があります。

 

確かに、長時間海外ドラマを英語字幕で見て理解していたら、そっから法則性や英語の表現を見つけられる可能性はあります。

「全体的に、主語、動詞、目的語で使われているから、この動詞はこういう意味なんだ!」
「こういう場面でこんな表現があるのか」

などですね。

 

正直この自分で理解していく感覚は大事なんですが、それほど頻繁にあることではないですし、時間がかかります。

本当に時間がかかります(笑)。

 

先ほどの、英語の法則性をまとめてくれてるのが英文法になりますので、先に法則性を知っておくことで、英語字幕にした場合でも理解しやすくなります。冒頭で書いたことですね。

ですから、基本的に英文法を学ばずには、英語を理解しにくくなります。

英文法なしで海外ドラマを英語字幕で見続けることで、雰囲気で何となく内容をつかめるかもしれませんが、膨大な時間を要するでしょう。

 

うろ覚えですが、なんか名言チックなもので、

「今から自転車を発明するのは遅すぎる」

という言葉があります。

自転車を発明するのは、1から自分で英文法を理解するようなものです。

誰かが作ったならそれを使っちゃったほうが効率いいんですよね。

 

話は逸れてるんですが少し続けさせてもらうと、自分で法則性見つけるの時間かかるんですけど、自分で法則性とか見つけたときは強いです。

強い、というのは、自分で腑に落ちて理解し「ああそういうことか!」となっているので、この体感を伴って覚えたモノはほとんど忘れなくなる、ということです。

逆に、文法書だけで表面だけ理解しても、類題というか、実際の文章で解けないのは、体感を伴って理解できてないからだと思っています。

わかるけど、理解らない、みたいな感じです(笑)。

知ってるのと出来るのは違う、のほうがわかりやすいかもしれませんね。

 

英語関係の知識を時間をかけて自分で体感を伴って理解した場合は、理解るし、出来る、みたいな状態に自然となっていきます。

誰かがまとめた文法をなぞって覚えたわけじゃなくて、自分で見つけたわけですからね。

 

しかしながら、自分で見つけるのは時間がかかる、と言う話でしたので、私がベストだと思うのは、文法書で何となく知ったものを、実際に海外ドラマなどで使われている表現を見て「ああ!そういうことね!」と、体感を伴って理解することだと思っています。

これだと、最初にある程度の英文法を理解できていれば実践可能ですので、こちらをお勧めします。

 

話がだいぶそれましたね。

海外ドラマを見て英語学習をした気になっている話でした。

 

結局何が言いたいかというと、

基本ただただ惰性で見てても無意味です!笑

という話です。

すごい普通のことを言った気がしますが、気にせず次に行きましょう。

 

海外ドラマ嫌いになる可能性

まだ具体的な海外ドラマでの学習方法もお伝えしていませんが、基本学習は繰り返し、反復だと思ってます。

理由は、出来ることを何度も繰り返すのではなく、出来ないことを出来るようにするためです。

 

繰り返しの学習ということは、場合によっては何度も何度も同じシーンを見返すことになります。

 

この過程で、

「いや、もう飽きたわ…」
「興味ないわ…」
「つまんない!」

となってしまう可能性があるということです。

もしかすると、好きな海外ドラマを嫌いになってしまう場合も考えられますね(笑)。

 

本当に好きな海外ドラマなら飽きないと思うんですけど、これはもうホントに人によって分かれると思います。

 

私は全然苦じゃありませんで、この学習方法が出来ましたが、

「2回以上同じものを見るのは…」

ってなると、海外ドラマから学ぶのは厳しいと思います。

 

別の考え方としては、あくまでの学習の補助と割り切って考え、複数回見なければならないってことなら誰でも見れると思います。

最初は苦痛に感じるかもしれませんが、

「ああ、これはこういうことだったのね!」
「何となくカッコいいと思ってたけど、理解したらもっとカッコいいじゃん!」

となったりすると、途中からでも楽しくなる可能性は十分にありますので、最初の数回はちょっと辛抱してもらえたらと思います。

 

ここまでが、デメリットになりますが、これからメリットについてお伝えしていきますね。

 

メリット

はい、こっから本題です!

しっかり読むことであなたの英語学習に転機が訪れるはずです!

感情と繋げられるから、記憶しやすく、忘れにくい

メリットの冒頭にして早速なんですが、これが私が一番言いたいことです。

興味のある海外ドラマを使うということは、関心や好奇心があるはずですので、自然と覚えやすくなりますし、忘れにくくなります。

どんな物語でも映画でも小説でも歌でも、記憶に残る場面、一節、セリフとかは有ると思うんですよね。

 

ちょっと最近の映画ではないんですけど、ターミネーターのセリフで

「I’ll be back.」

って有名なセリフがありますよね。海外ドラマの話をするのに洋画の話してますが(笑)

 

別の例を挙げると、タイタニックの

「Close your eyes.」

とか、アナと雪の女王だと、

「Let it go」

とかでも一緒です。

 

で、仮にこういったものから英語を学ぶとすると、最初の

I’ll be back

は、文系の形で言うと、SVC の形になっているな。助動詞の will が省略されているな、助動詞の後の動詞が原型になっているな、とか。

 

Close your eyes.

は、最初が Close から始まっていて、動詞として使われているから命令形だな、your は、あなたの、って意味で、eyes は目で、でもちろん両目瞑るから複数形になっているな。とか。

 

Let it go

も、let させる と言う動詞が最初に来ているから、形としては命令文なんだな。 let ~ go で、~ をいかせる、になるんだな、と理解することが出来ます。

 

ちょっと雑で簡単すぎたかもしれないんですけど、でも考えようと思えば、今みたいな感じで分解して考える事もできます。

こういった有名なモノや、興味あるモノから英語を学べたら、教科書とか参考書で学ぶよりも、記憶に残りやすいのはイメージできるのではないでしょうか?

 

この学習方法だと、それぞれの英文に対する興味が、全く意味のない文と違ってきますよね。

今回紹介したのはセリフ単体で、あんまり気持ちとかは乗らなかったかもなんですけど、これを自分が好きな海外ドラマの1シーンとか、好きなキャラクターが喋ってるカッコいいセリフとかだったらどうでしょうか?

 

そういった部分から学習すると、

「英語がわかったら、もっと深くこの場面の意味を理解できた気がする!」

「こういったニュアンスが含まれてたのか!てかこういう風な感じで英文が成り立ってるのかな?」

って気持ちが自然と生まれるはずです。

 

私はそういう気持ちを大切にしながら、英語学習を進めてきて、今に至っています。

 

そしてこの良さは、普通の学習に比べて間違いなく頭に残るので、忘れないし、パッと理解しやすくなります。

 

加えて、一定時間学習していくことで、

「あ!前に覚えた表現と、今覚えたこれってここに共通点あるじゃん!」

って肌感覚になっていくことで、ドンドン英語力も上がっていきます。

 

こうった学習を取り入れながら、英単語をやると、

「あのシーンで見た単語が英単語帳にも載ってる!」

ってことも結構あるんですよね。そうなれば、絶対英単語帳だけの学習よりも記憶に残りやすくなります。これは文法でも同じだと思ってます。

 

何度も言いますが、好きな海外ドラマや Youtubeの動画、洋楽の歌詞などで学習するときには、好きなものなんで、理解したい気持ちが強く、積極的な学習になりますしね。

 

で、多くの人の英語が伸びないのって、そのほとんどが続けられないからですよね。

英語はホントに続けられるか、英語に慣れられるかどうかなんです。

 

そのための工夫みたいのは絶対に必要で、その工夫の1つとしても、海外ドラマがいいということをお伝えしてきました。

デメリットをしっかりと理解しておく必要はありますけどね。

 

日常会話のスピード英語が理解できるようになる

これもメリットとしてお伝えしていきます。

学校の授業や自分で英語を読むときは、時間制限がないので、じっくり時間をかけて理解すると思います。

しかしながら、実際の日常会話や、資格試験の英検、TOEIC などでも、英語を理解するスピードが求められます。

 

TOEIC を経験している人であれば、

リーディングの時間が足りない!

と、誰しもが思うのではないでしょうか?(笑)

 

海外ドラマで英語を学ぶ場合には、一定時間を過ぎると、英語字幕は消え、会話が次々と展開されていきます。

最初はついていくのが難しいですが、学習を進めていくことで、英語を瞬時に理解できるようになっていきます。

厳密に言うと、瞬時に理解できるものが徐々に増えていく、と言った感じです。

 

いきなりですが、I love you と聞いたら、英語の意味や構造を考えずとも、愛してる と言う意味であることは理解できますよね?

 

これは、I love you という表現を、ドラマや小説、日常会話?(笑) で何度も聞いているため、すぐに理解できるのです。

つまり、今までの人生の中で、繰り返し何度も聞いているからですね。これに加えて、先ほど言った感情とつながっているため自然と覚えている表現になります。

 

海外ドラマで学習する際も、繰り返し学習していきますので、学習の中で I love you のように一瞬で理解できるものが増えていきます。

この感覚をつかめれば、英語を素早く読めるようになることがイメージしやすいと思いますし、これも海外ドラマで英語を学習する際の大きなメリットになるはずです。

 

まとめ

続けて学習し、しっかりと理解していくことで、出来ないことが出来る ようになっていきます。

後は知識を増やし、つなげていきながら、英会話なり TOEIC なりにつなげていけばいいと思っています。

 

覚えられるメリットがあるだけでなく、英語を理解するスピードも上がっていきますので、メリットはかなり大きいことはわかってもらえたのではないでしょうか。

 

もし、あなたの好きな一節とかシーンで、

「英語字幕とか英語の文見ても訳わからん!」

ってなったら教えてください。それなりの助言は出来ると思いますし、わからなければ一緒に考えましょう(笑)。

 

ここまでメリットデメリットについてお伝えしてきましたので、近日中に、その方法論についてお伝えしていきたいと思いますので、もう少々お待ちください<(_  _)>

では、ここまで読んでいただきありがとうございます!

 

 

感想とか質問とか要望とかあれば、ページ下 の LINE もしくは、rimo.of.toeic@gmail.com までご連絡ください!

120%返信します!

筆者(リモ)のプロフィール

生まれも育ちも北海道の 20 代後半。独学、留学なしで 2019年 3月 TOEIC 965。


高校 2 年の時に見た海外ドラマに魅了され、学校の授業と海外ドラマの両方を使い積極的に英語を学び始めました。

大学のときに TOEIC スコアを630 → 815、社会人になってから 965 まで上げ、その経験を活かして指導をしたり、英語を使って仕事をしたりしています。


TOEIC 学習も間違いなく必要ですが、興味あるもの (海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube など) から学んだほうが覚えやすいです。


○興味あるものから学び続けた経験
○TOEIC に特化した学習、指導経験


これらを通して得た、気づき、学びを、TOEIC 学習者向けにシェアしております。


「目標を達成したい」「スコアの停滞を打破したい」「TOEIC 学習を継続させたい」「一から学習しなおしたい」


そんな人の背中を一人でも多く押しております。

当サイトについては こちら から。

+α で TOEIC スコアを上げる LINE @ 運営中!

「1人で 目標スコアを取りたい」
「TOEIC スコアと英語力 を同時につけていきたい」
「興味あるモノから学んで、英語力を上げたい」

スコア目的だけの機械的な勉強では面白くない、興味あるモノを絡めて学びたい人が集まるコミュニティ (LINE @) を運営してます。

・TOEIC スコアと英語力を同時に上げる
・興味あるモノから継続的に学んでいく

をテーマにしています。

スコアを上げるだけでなく英語力を底上げするために、LINE @ ではより実践的な内容をお伝えします。

現在、TOEIC 指導をしている私が教えていることを詰め込んだ、TOEIC スコアを上げることに特化したレポートをプレゼント中です。

3万字超えのレポートとなっていますので、読みごたえは十分あると思います(笑)。

TOEIC スコアを少しでも上げたい人にとって、有益な情報になっていますので、是非お読みください。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です