中学英語が “完璧” ならTOEIC 600 でも不思議じゃない!

TOEIC中学英語

どーも!リモこと本間です。

「TOEIC を受験するのに

中学英語から始めようと思うけど、

中学英語がもし完璧なら、どれくらいのスコアになるだろう?」

 

このような疑問を持つ人もいると思いますが、

もし私がこの質問にお答えするならば、

「TOEIC600ほどのスコアなら取れるでしょう!

そしてそこから点数を上げるのは難しくないし、

何より興味あるものからも圧倒的に学びやすくなるよ!!」

 

と答えたいと思います!

その理由について、これからお伝えしていきますね。

最初にお伝えしておくと、TOEIC600の点数配分は

Listening 350

Reading   250

Total        600

が目安です。

詳細について説明していきたいと思います。

リスニングで聞く文は、読んでみると簡単

わざわざ言うことじゃないかもですがw

けど、

この当たり前の事実をちゃんとわかってるというか、

このアドバンテージを活かせてる人は少ない印象があります。

 

 

多くの人が TOEIC のリスニングの点数が

ハイスコアではない理由は、

リスニングが 1度しか聞けないことが原因の一つとしてあると思います。

もし 1度聞いただけで何を言っているか聞き取れれば、

あとはその聞こえた英文を理解するだけです。

 

つまり、

”しっかりとした聞き取る力” があれば、

あとは聞こえた英文を理解するだけで正解できるはずです。

 

わからないから苦労しているんじゃないか!

って意見が聞こえてきそうですが、

この ”しっかりとした聞き取る力”

については後で説明させていただきますね。

 

一度、リスニングが完璧に聞ける、

という仮定で話を進めさせてもらいます。

 

では、私が作成したものではありますが、例文をご覧ください。

A. Hey, are you interested in XXX concert?

 I was planning to go with my friend, but unfortunately he caught a flu.

B. Thank God! I tried to buy that ticket, but it’s already sold out.

 I would love to go with you.

A. Great.There’s one problem. I don’t know why but my car was broken yesterday. So I need to have it fixed tomorrow. I’m not sure how long it takes.

 Can you give me a ride?

B. No problem. I can’t wait.

私が想像して作った英文ですが、

リスニング問題になってもおかしくないものだと思います。

(TOEICよりも少しカジュアルな表現だとは思います

これを 日本語に訳すと、

A ねえ、XXXのコンサートに興味ある?

友達と行こうとしてたんだけど、運悪くインフルエンザになっちゃってさ

B 助かった。チケットを取ろうとしたんだけど、もう売り切れちゃってたんだよね。

ぜひ一緒に行かせてほしいよ。

A よし。一つ問題があるんだ。なんでかわからないけど、車が昨日壊れちゃったんだ。だから直しに行かなきゃいけないんだ。どのくらいかかるか定かじゃないし。

車に乗せてくれないかな?

B いいよ。待ちきれないわ。

というような感じです。

どうですかね?

それほど、英文自体はめちゃくちゃに難しくなかったと思います。

私が作ったからというわけでなく、実際このようなレベルの英文がTOEIC Part3 で流れてもおかしくない内容です。

これに加えて、”ビジネスより”の英単語を数個入ってくる程度でしょう。

それこそ、金フレとか、TOEIC でよく出る単語ですね。

 

またわからない単語があったとしても、解ける問題もあります。

例えば unfortunately はおそらく中学では習わない英単語だと思います。

しかし、これが理解できなくても

他の要素をしっかりと理解できればおおよその内容は理解できるため、

問題が解ける確率は上がります。

(副詞によって、意味が大きく変わったりニュアンス掴めたりするので、やはり単語は絶対知っておいた方がいいのは間違いありません!

リスニングの問題の中には難しい文が存在するかもしれませんが、基本的には難易度は高くありません。

 

ですので、問題は

リスニングで一度で聞き取って、

それを理解できるかどうか、

にかかっているのです。

 

そして TOEIC で必要な文法も

半分以上は中学のもの、またはその応用です。

この文法について、掘り下げていきますね。

多くは中学英語の応用

高校生になると複雑な文法を学んだりしますが、

それ以外は文法の基礎である中学レベルを

“完璧に” 理解していれば、

難しくない場合が多いです。

 

特に、TOEICで使われる英文法は、

複雑なものは少なく、

基礎的なものの組み合わせが多いです。

※ Part5,6 で細かい文法が聞かれることなどが稀にある程度ですので、TOEIC 600 を取る際には意識しなくていいレベルです。

 

TOEIC のリーディングで考えてみると、

例えば、すべきだったというのはshould have 過去分詞形 です。中学では、基本的にこのような英文は出てきません。しかし

should⁼すべき

have 過去分詞⁼現在完了

は、それぞれ中学で習います。

これらの中学英語を”完璧”に理解していれば、

もし

I shouldn’t have eaten sushi too much.

と言う文が出てきたとしても、

問題なく
「私は寿司を食べすぎるべきではなかった」

と訳すことが出来ると思いませんか?

 

“完璧に”理解できていれば、瞬時に意味がわかるってのは想像に難しくないと思います。

 

さらに、リーディングリスニング問わず、

よく登場する ”関係代名詞”

も中学で学習します。

 

The girl who is talking to my mother is my sister.

私の母と話している少女は、私の妹(姉)です。

などは、中学3年生で習います。

TOEICのリーディングでよく出てくる関係代名詞を使ったもの(関係代名詞が省略されているものも含む)も、

基本は中学で習うものなんですね。

 

ですので、

中学で習う英語文法を “完璧” に できるなら

TOEIC のリーディングセクションでも、

スコア250ほどなら達成できるはずです。

 

理解できたら問題になるのはスピードですが、

”完璧” に中学レベルができているなら、

理解に時間はそれほどかからないと

想定できるためグングン進めるはずですので、

スピードとの勝負といわれる リーディングセクション でも、

十分に戦えるのです。

 

では、TOEIC のリスニングが350 理由についても、

掘り下げてみたいと思います。

 

リスニングが350の理由

Reading が 250 の理由は理解してもらえたと思います。

Reading 495 満点のほぼ半分なので、

中学レベルと中学レベルの応用で達成できるということでした。

 

実際問題として、

全国模試とかで英語の順位が100位以内に入るような

帰国子女のような中学生を除けば、

ほとんどの中学生の

リスニング力は壊滅的なはずです(笑)

 

理由は単純です。

それほど英文を聞いていない+発音をしっかりと学んでいないからです。

一応、thの発音,LやRの発音の話しは聞きます。

しかし、基本的に学校のテストに

発音テストなんてものはほぼほぼありません。

重視されるのは文法の理解と単語や熟語の暗記です。

(しかも表面的な暗記が多いのも事実…)

 

ですので、

中学校で “さわり程度” 教えてもらう、

th の発音や R,L の発音、

Why don’t you を 「ホワイドンチュー」と

読む英語の発音の法則性を

ちゃんと理解していれば

Listeningで350は取れるはずです。

※ それぞれの国の発音の癖も、乱暴に[発音] という範囲に入れたと仮定します。

 

少し論理が強引に感じてしまうでしょうが、

いずれにせよ私たちは発音を学ぶ機会が圧倒的にありません。

この発音が、冒頭で話した “しっかりとした聞き取る力” につながります。

これがあれば、1 回で聞き取ることは十分に可能なんです。

高校や大学に進んでも、英語専門の学科や学部でない限り、発音の授業はありません。

専門の学科や学部であっても、

受け身の発音の授業だけでは

身に着けられない人もいると思います。

 

発音を含め、中学英語を “完璧” に学んでいる

という前提で考えると、

やはりTOEIのリスニングセクションで、

スコア350が取れてもおかしくないと思います。

まとめ

以上が、中学英語が”完璧”にできていればTOEIC600は取れると考える理由です。

”完璧”を強調しすぎた感は否めませんねw

 

けど、お伝えした通り、

実際は発音の勉強も中学ではせず、

それほどリスニングを聞く時間がないので、

リスニング対策が課題になっていきます。

 

ですので、TOEIC 対策のために

しっかりと発音やリスニングに時間を割く必要があるでしょう。

 

けど、逆に考えると、

中学レベルの文法と単語を知っていれば、

あとは発音を磨いてリスニングを繰り返し、

TOEICの参考書を解いていけば

自然と点数は上がっていきます。

 

これは朗報ではないでしょうか?

ここまで伝えた理想の状態で、

金フレを以下のやり方で実施すれば

TOEIC 700の壁は越えられます。

金フレの使い方!TOEIC初心者から中級者まで使える!

今回は単語をそれほど深く考えずに、

ここまで説明してきましたが単語の力は偉大ですので、

よろしければ上記の記事も是非!

 

わからない単語を周りの状況から推測して考えるのと、

単語がわかって理解するのでは

とスッポンくらい理解度が違うときがあります。

 

ですので、発音を含め中学英語を完ぺきに理解し、金フレで単語を身に着けて獲得するのが TOEIC 700 の理想の形だと思ってます。(最短的な意味で)

加えて、公式問題集をやり込めば、確実にスコアは上がります。

しかしながら、やり込むのには、リスニング力が不可欠です。

このサイトで何度もお伝えしているとおり、

発音を身に着けない状態のリスニングは穴の開いたバケツで水を汲むように、費用対効果が薄いです。

コスパが悪いってやつですね。

発音を身に着けて、リスニング力を上げて、多聴をして英語力を伸ばしていけばTOEIC 600、700、その先を目指せます!

しかも、中学英語が “完璧に” にできることで、洋画、洋楽、海外ドラマから英語を学ぶのも楽になりますからね!

英語字幕とか英語の文字情報があれば、中学英語で何とか理解しようとはできるからですね。

話それましたが、英語の基礎力である 中学英語をおろそかにせずに、しっかりと英語力をあげていきましょ!

では、今回はこの辺で!!

P.S

質問や疑問がありましたら、遠慮せずにご連絡ください!

学習法のアドバイスなどもさせてもらっています!

好きな海外ドラマでも洋画教えてくれるとかでもめっちゃ喜びますw

120%返信してますので、連絡はこちらまで!

rimo.of.toeic@gmail.com

 

プロフィール

北海道生まれの20代後半。2019 年 3 月に TOEIC965 達成。日中は英語業務をしたり副業として英語指導してます。高校の時に海外ドラマの面白さに完全に魅了され、

 「主人公が喋っている英語がもっとわかれば、もっと海外ドラマを楽しめるのに…!」

という考えになり、英語に対する姿勢が180度変わる。理系の学部に進学し、相変わらず独学で海外ドラマなどで英語を学び続ける。
海外旅行で自分の発音に絶望したりつつも、大学で TOEIC 815 達成や、留学生とも交流を深めたり、英語と密に触れ合ってきました。


 「英語を使った人生でちゃんと成長する!」

という思いから、英語指導をしたり英語学習を継続、
「英語は学習するためだけのものではなく、楽しむために学び成長する」という理念を一人でも多くの人に届けるべく活動中。
「海外ドラマとか、洋楽、洋画、Youtube の英語のものとか好きだけど、英語力を高められてない」という人に向けて情報発信してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です