金フレの使い方!TOEIC初心者から中級者まで使える!

金フレ

 どーも、TOEIC965 のリモです!

 今回は、

「金フレって単語帳がイイ!って聞いたけど、どう使えば効率がいいのか?」

「金のフレーズで効率良く学習したい!」

という人に向けて、具体的な使い方を含め、金フレの理解を深めてもらい、結果的に TOEIC のスコアアップに直結するような記事にしたつもりです。

 

TOEIC を受けるなら持っていて損はないのが「金のフレーズ」です。

私が TOEIC900 を超えを目指していたときも非常にお世話になった参考書の1つですね。

上級者(TOEIC満点目指すレベル)には物足りないかもしれませんが、初心者から中級者でTOEICを受けるのであれば、是非とも活用していただきたい参考書です!

 金フレって?

金フレ

 言わずと知れた TOEIC 対策のための英単語帳です。

 こちらが高い評価を得ている一つの理由として 「実際にTOEICで使われた英単語」が、収録されている点でしょう。

 著者であるTEX加藤さんは、40回以上TOEICを受講しており、ほぼほぼ満点を獲得している方です。その方が厳選した、TOEICを終えたあとに実際に遭遇した英単語が収録されています。レベル別に分かれており、600点レベルから900点レベルまであります。

それでいて、2016年の新形式に対応して内容も少し変わってます。ベストセラーながらも、しっかりと読者のために細かい部分も変えてくれるのは感謝しかないですね!ありがとうございます!笑

この参考書の英単語は1000個の「TOEICのため」の重要単語が含まれています。加えて、例文+Part1で何度も使われる表現を集めたもの、多義語なども載っています。

とにかく、TOEICに特化した英単語帳であり、音声もダウンロードできるので、非常にオススメのTOEIC対策本です!

ほかにもTOEICのための英単語帳はたくさんあるのですが、こちらが色々な場所で高評価を受けており、実際に書店でパラパラとめくってみると、取り組みやすそうだと判断したため購入しました。

TOEICのための英単語帳を他に使ったことはありませんので、TOEICの単語といえば私の中では金フレ1択ですね。

※ 金フレの前の段階として、銀のフレーズ、銀フレが発売されております!金フレと銀フレについては、下記の記事がありますので、気になった方は是非ご覧ください。

金フレと銀フレの違いは?どっちを使うべきかわかる 1 つの質問

銀フレの使い方を徹底解説!初めての TOEIC 対策には必須!

また、本書ではスコアが500以上の方を対象にしていますが、私はTOEIC のスコア 500 に満たない方でも十分に使えると思っています。

 高校レベルの英語力があれば、取り組むのが難しい参考書ではありません。言ってしまえばただの単語帳ですからね。もし、「学生時代から英語が大の苦手」という方でない限りは、取り組みやすいはずです。

仮に高校レベルの英語力がなかったとしても、本書を今回お伝えする方法でしっかり実践してTOEICを受けると、スコアは確実にUPします。「文法がよくわからない」、「リスニングが聞き取れない」という人が、TOEIC500に達していない方だと多いのではないでしょうか。

この英単語帳をやることで、文法が出来るようになるとは言いませんが、英語に慣れることはできます。

もっと言うと、TOEIC に慣れると言ってもいいと思います。

 そして、少しでも慣れることで、初心者の方でしたら間違いなくTOEICのスコアUPに繋がります。(けどやっぱり、文法とか発音は軽視出来ないのも事実です…)

慣れているかどうかってのは、本当にとても大切な要素です。

 「英語は壮大な慣れ」

という言葉もありますので、少しずつ英語、TOEIC に慣れていきましょう。

では、前置きはこの辺にしておいて、具体的なやり方に移っていきますね。

 金フレの勉強法

※ アプリの利用方法については後述します。

以下が、学習ステップの概要です。

  • まず音声に慣れる
  • 音声と赤シートを使って、英単語を思い出せるか確認
  • 音声を利用し、聞いて何を言っているか理解
  • 音声を1.5倍速前後にし、何を言っているか理解
  • 音声を聞くだけで、何を言っているか完全に理解

 以上になります。

 全ての手順に音声が登場します!もちろん英単語帳だけで学習して欲しいときもあります。

 しかし、基本的に音声と英単語帳の二人三脚で進めて欲しいです。

そのほうが挫折しづらいですし、リスニング力も上がりますからね。

 音声に慣れる

 やり方は至ってシンプルです。まずは、音声を準備しましょう!

 おススメは 金フレのアプリ(有料600\ですが…)から、設定でフレーズだけにして、フレーズの速度を変えたり、フレーズとフレーズの間隔を変えたりできて便利。

600 円かかりますが、使いやすさや、スキマ時間の復習とかを考えると、決して高くはないと思います。

最初は、音声を聞きながら、パラパラと英単語帳をめくる。

これを1冊終わるまでやっていきます。シンプルですが、とりあえず最初に慣れるためなので!サラっといきましょう!

ちなみに、この過程では、思い出す作業は一切ありません。(元から知っている英単語を思い出す事にはなるかもしれませんね。

この「確認していく作業」を、とりあえず全ての音声でやっていきます。

1時間ほどで終えることができるはずです。

ここまでは軽く超えていきましょう!

 

途中で飽きてしまう場合は、

 「この英単語はこういうふうに発音するのか」や、

 「この英単語の意味は知らなかった!ああ、次がもう読み上げられてる」

と、内容をしっかりと把握することを意識しましょう。それぞれの単語とかを掘り下げる感覚です。

とにもかくにも、続けることが大切なので、続けるためにハードルを下げて取り組んだ方がいいと思います。

 音声と赤シートを使って、英単語を思い出せるか確認

英単語帳ですので、少しずつ英単語を覚えていきましょう。ここで、

 「暗記か…」

と、肩を落として欲しくはありません。

って言っても仕方がないのは重々承知ですがw

単語帳なんで、覚えるしかありません。

ここはぐっと堪えてやっていってほしいと思います。

 

なんであろうと、繰り返し反復して見たり聞いたりしたものは、嫌でも覚えます。

誰であっても一定の時間を確保し、毎日続けられれば必ず覚えていきます。

この学習ステップでは音声を使うパターンと使わないパターンが有りますが、やることは一緒です。

左側に書いてある英単語(一番最初のローマ字は書いてある)を、日本語を見て英語が思い出せるか。

これだけです。

覚えていなかったら、すぐに答えを見てみましょう。

音声を聞いているとすぐに音声が流れますし、単語帳を見ていたら右側に載っていますからね。

音声無しで英単語帳だけを見ていて、わかりそうだけどなかなか答えが出ない英単語があってもすぐ答えをみましょう。

 

このときに、

「うわー。これ覚えたな…何だったっけ?出てきそうなんだけど…」

と考えるのに時間を使うのはやめてください。

厳しいようですが時間の無駄と思ってください。

わからなかったらすぐに答えを確認しましょう。

そして、

 「ああこれね。はいはい。anyway anyway。」

のようにスピーディに確認し、時間の無駄を省いてください。

今回お伝えする方法は、結果として何十周と繰り返すことになります。

繰り返す回数が多いほど効果的だと思っていますので、一つの英単語を思い出すことに執着するのはやめてください。

 

 TOEICは時間との戦いです。リスニングでも、スラスラと流れる音声の中で、

「あー、この単語は金フレにあったな… なんだっけ」って考え始めてしまうと、

もうその単語以降の音声は一切入ってきません。

そうなるとリスニングで点数が取れませんので、すぐに単語を思い出せる状態になるのが理想です。

 

リーディングもPart7とか頭フル回転でやっていかないと間に合いません。

言わずもがな、単語を思い出すことに時間を割いてる場合ではないですね。

そういった本番のためにも、すぐに思い出せなかったら、覚えていないとみなして、繰り返し学習していきましょう。

当たり前ですが、覚える意識を強く持って取り組むと効果UPです。

 音声を利用し、聞いて何を言っているか理解

ここからは、音声のみで何を言っているかわかるか?を確認していきます。

この作業においては、リスニング力の向上に役立ちます。

聞こえてくる音声が理解できないと、そもそも意味を思い出すことも厳しいですからね。

こちらのやり方は、通勤時や歩いている時にオススメです。

もちろん座学でやっていただいても構わないのですが、スキマ時間をドンドン使っていったほうが英語力は伸びます。

思い出す頻度が上がることで、記憶はどんどん定着していきます。あと、歩きながらは脳が刺激されるといいますし!

おそらく、最初は部分的にわかるくらいで、全体が理解出来るのに時間がかかるかもしれません。

仮に、「音声だけだと意味が全くわからない」という状態なら、「単語帳を見ながら音声を聞く」作業をもう少しやってみてください。

内容を理解する前に、内容の把握をする必要があります。

「こんなのあったなー」

という感覚があり、それが続くことで記憶が定着していきます。個人的に、7割8割わかったら、次のステップに行っていいでしょう。

唐突ですが、以下が金フレの中身の一部です(笑)

金フレ見開き

 音声を1.5倍速前後にし、何を言っているか理解

ここからレベルが上がります。同時に楽しくもなっていくと最高ですw

自分のレベルが上がっていくイメージですね!

音声の再生速度を上げていくのです。

こちらのメリットは、

  • 耳が更に英語に慣れる。
  • 英語を処理する速度が上がる。
  • 一周復習する時間が短くなる。

 ですね。

1個目は2個目は似たようなメリットですが、1.5倍程度なら、②のステップのあとならそれほど抵抗を感じずに聞き取れるはずです。

いきなり速い速度で聞くと、もとの英語がどのように発音されているかが正しく認識できなくなる可能性が高いので、初心者のかたは最初は普通の速度で聞きましょう。徐々に速度を上げるのが一番いいかもしれません。

私の場合、金フレに関しては最初は1.5倍。こうすることで、50分ほどで全ての音声を聞くことができます。

TOEIC 本番の前にも聞いていました。総復習をサラっとやる感じですね。

40分間の間はほぼ休みなくずっと英語が流れている状態になりますので、集中するとあっという間ですよ。

なかなか40分間フルで集中するのは難しいかもしれませんが、追いつくことを意識して濃い時間を過ごしましょう。

アプリなら再生時間を変えるのは簡単です。

ほかにも再生速度を変える方法はあるはずですので、速く再生できる環境を整えましょう。

 音声を聞くだけで、何を言っているか完全に理解

 ここまで来れたら、あとは1.5倍速などで聞きまくって、わからないところをなくすステップです。

 「あれ?今なんて言った?」

 「あー、聞き取れたけど意味を忘れちゃった」

 こういうことが起きるので、その度に本書で答えをすぐに確認します。

 私はあまりにも思い出せない英単語はスマホにメモって見まくってましたねw

あとはこれの繰り返しですね。

本書よりも、音声を重視して学習することがTOEICスコアアップの鍵かもしれません。

 余談ですが…

さきほどチラッと言いましたが、何かを覚える際には、スマホにメモしたり画像を保存をしたりすると捗ります。

私は、後半の部分でわからない英単語が多かったので、その部分の写メを何枚か取って、暇な時に眺めていました。これは英単語に限った話ではありません。間違ってしまった文法問題や、しっかり読めなかった英文なども含みます。

なので、私のiPhoneには、大量の英語学習画像があります。暇を見つけては、スマホの画像を見つめて英語学習していたのです。1分あればチラッとでも確認できますし、5分あれば十分に復習できます。

ですので、スキマ時間は大いに利用してください。こういった地道な努力が、TOEICのスコアを大幅に上げる要因になります!!

※スマホで効果的にスコアアップをしたいなら、以下の記事が確実に役に立つでしょう。

効果抜群!TOEIC900超えに成功したスマホ英語学習まとめ!

予想される最初の壁は、「英単語の意味を覚える」部分です。先程もお伝えしましたが、いきなり完璧に覚えようとしないでください。

100個単位で学習し、最初はわからなくてもいいから進んでいってください。

1日1時間あれば、個人差はあるでしょうが1ヶ月前後でほとんどの意味を覚えられるはずです。

繰り返しますが、

 「1日10個ずつ完璧に覚える!」というやり方はやめてください。

人は忘れます。驚くほど忘れます。というか、忘れるようにできています。

ですから、忘れる前提で学習を進めてください。

「1日10個ずつやって、10日で100個覚える!」ではなく、「1日100個をスピーディに復習し、10日で100個覚える!」方法で取り組んでいってください!

「木を見て森を見ず」という言葉の通り、全体で学習することを優先して欲しいです。この意識を持って、一つ一つの英単語、例文に集中していきましょう。

アプリ版 金フレ の使い方

こちらも余談程度ですが、スキマ時間スキマ時間と強調させてもらいましたので、アプリの使い方について触れてみます。

アプリは、”英単語 by 物書堂” というアプリから、600円でダウンロード可能です。※2019年6月の段階

アプリの使い方などは直感でわかると思いましたので省略させていただきます。

重要なのは、学習の補助的な位置づけでやってほしいため、基本的に ”思い出す” ために使っていきます。

そこで使うのは、”覚えたフレーズを確認する” というやつですね。

金フレのフレーズやフレーズ訳を隠して学習ができるので、覚えているかどうかの判断が非常にしやすいです。

このときも、時間を意識してみてください。アプリでは時間の経過とともにバーのようなものが減少していきますので、それを目安にするといいと思います。

そして、自分ができたもの、間違ったものを記録することができるので、後での復習にも便利です。

何より、学習を進めていった先に、

「こんなに学習したのか!やるじゃん!」

と、振り返って自信を得ることにもつながり、TOEIC に対してやる気がさらに出てくるようにもなるでしょう。

概略にはなってしまいましたが、アプリでも ”思い出す” ことを意識して使ってみてください。

 まとめ

  • 音声を聞きまくり、時には再生速度を上げて、何を言っているか理解する。
  • スキマ時間を大いに使っていく。
  • 最初は覚えられないことを前提に進めていく。

以上を意識して、1ヶ月間スキマ時間を合わせてもいいので、1時間ほど続けてください。

2週間、3週間と続けていくほど、効果を実感できるはずです。

今回は以上になります!質問や疑問がありましたら、遠慮せずにご連絡ください。

学習法のアドバイスなどを含め、120%返信してます!

連絡はこちらまで。 rimo.of.toeic@gmail.com

プロフィール

北海道生まれの20代後半。2019 年 3 月に TOEIC965 達成。日中は英語業務をしたり副業として英語指導しています。高校の時に海外ドラマの面白さに完全に魅了され、そこから自然と英語学びたい意欲が湧き、留学なし、独学で学び続けてます。
私自身が興味のあることをきっかけに英語力を伸ばせたように、好奇心をベースに英語を学びやすくするためにも、TOEIC 初級者から脱することを提案しています。
なぜなら、英語の基礎力が付くこと (脱 TOEIC 初級者) で、英語を英語で学ぶことが可能になるからです。

もちろん基礎力がなくてもできますが、あったほうが圧倒的に学びやすいです。しかも TOEIC のスコアも上がります。
「海外ドラマとか、洋楽、洋画、英語のYouTube 動画とか好きだけど、英語力を高められてない」という人に向けて情報発信をしています。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です