初心者がTOEICでスコア700を取るための公式問題集のやり方

TOEIC公式問題集

公式問題集はTOEIC対策に鉄板の参考書ですが、私がもしTOEIC500前後のスコアならどのように使うか、というテーマで今回は記事を書いています。

やり込めば必ず結果が出る参考書ですので、是非ともこの考えを取り入れてTOEIC学習に取り組んでほしいと思います。

皆さんご存知のTOEIC公式問題集。2016年10月現在では、一番新しいものが新形式に対応したものですね。

皆さんを悩ませる点として、

  • 値段が高い

ことが良く上げられます。最初は私も正直、3000円は高いと思いました。

けれども、いろいろと調べ自分で使ってみて気が付きました。

TOEICで結果を出すためなら、投資(3000円)以上の効果をもたらしてくれる参考書だと考えを改めました。

その理由は以前の記事の

TOEICテスト新公式問題集vol6の使い方!リスニング対策には鉄板

でお伝えした通りです。TOEIC900を超えるのにも役立ちました。しかし今回の話はTOEIC500前後からTOEIC700を取るための方法についてです。

早速本題に入っていきましょう。

最初は時間を測って解く

一番最初は通して公式問題集を解きます。

しっかりとリスニングで45分、リーディングで1時間15分それぞれ測って通しで解きましょう。

そして、解説を見ないで解答だけを見てマルつけをし、予想スコアを出しましょう。

これで改めてあなたのおおよそのTOEICのスコアを予想できます。このときに予想よりもスコアが低かったからと言って落ち込む必要はありません。これから上げればいいだけのお話しです。

解き終わった後の解説についてですが、全て解く必要はないです。

気になる部分は解説を見ていいですが、細かい部分まで見ていると難しくて嫌になる可能性があります。

解説を見るのはリスニングだけにしましょう。

リスニングだけですので、リスニングの解説はしっかりと読み込んで理解します。このときに、1度自分で声に出して読んで、何となくでいいので内容を頭に入れます。

この状態で、次のステップにいきます。

Listening Partをやりこむ

これ以降は問題なく聞き取れるリスニング力がある前提で進めます。

リスニング力と発音に関する記事は

警告!発音無視のリスニングの効率の悪さを知っていますか?

リスニング力UPのために、これだけは身に着けたい発音ルール4つ

を参考にしてください。

あとは、非常に単純ですがリスニングPartを何度も聴くのみです。多聴ですね。

聴き取れない、理解できないときは解説に戻り、理解します。ただただ聞き流しているだけでは、さかさまのコップに水を注ぐようなものです。

意識すべきは、英語を聞いて、英文や英文の内容を思い出すこと、理解することです。決して聞き流さないでください。リスニングはどうしても受け身の学習になってしまいがちなので、これくらいの意識は必要です。

解説に戻って理解するときに、注意深く解説を見なければ理解出来ない部分が出てくるでしょう。

これは繰り返し見て、ちょっとずつ理解を深くするしかありません。

徹底的に復習するために、スマホの写真で解説を撮ってすぐに解説を確認できる状態を作ります。状況によってはサイズが大きい公式問題集を開くのが億劫なときがあるはずです。

この辺りのやり方について、

効果抜群!TOEIC900超えに成功したスマホ英語学習まとめ!

に参考になる方法をお伝えしています。

スキマ時間で苦手な部分を復習することで、同じミスをしなくなります。

もし、わからない部分が多かったとしても慌てないでください。当然ですが少しずつ改善していけば、わからない部分は減っていきます。

公式問題集は本番2回分の量がありますが、最初はリスニング100問だけでもいいのでしっかりと、何度も復習してください。

そのリスニング100問に対して自信を持てるようになったら、次の模試のリスニング対策をすれば問題ありません。

 Reading Partは、ひとまず置いておく

Reading Partについてですが、私が目指すTOEIC700を取る上では学習する必要はないです。

目指すべきスコアは、

Listening 400

Reading 300

Total 700

です。

まずはListeningに注力して、リスニングの点数を上げます。リスニングの点数が上がれば、リーディングの点数も自然と上がります。

このスコアを目指すべき理由は二つあります

  • 1つのことに集中
  • 多聴は多読

以下で、それぞれの理由について説明します。

 1つに集中

以前の記事でもお伝えしましたが、1つのことに集中することは非常に大切です。

TOEIC925取れたのは「集中」を繰り返したから。一点突破の大切さ

断捨離やエッセンシャル思考などが流行ったように、1つのことにフォーカスして行動することが結果につながります。

ですので、一度リーディングに手を付けずに、リスニングを完璧にするくらいのつもりでリスニングに取り組んでください。

本番と同じ音声を何度も聞くことで、確実にあなたの耳はTOEICのリスニング問題に対応できるようになりますし、リスニング力そのものも上がります。

 多聴は多読

リスニングを続ければ、リーディングも間違いなく上がります。

リスニングとリーディングは別ですが、”英文を理解する”と言う点では同じです。耳から情報を入れるか、目から情報を入れるかの違いで、結局は英語のルールに則って理解します。

耳から入った情報であろうと、それが英語なら英語として処理をします。この作業はリスニングでもリーディングでも一緒です。

つまり、多聴をすることでたくさんの英語の情報を頭で処理することになるのです。

これを繰り返すことは、英語の情報の処理力を高めてくれます。あなたが気づかずに速くなっている場合もありますし、自覚できるほどに速くなっている場合もあります。

信じられないならば、多聴の前に200語程度の英文を準備し、多聴の前と後でどれくらい読み終わるのに時間がかかるか測ってみるといいでしょう。結果は目に見えて出てきます。

多聴を達成した後は自然とリーディングで英文を読むときでも、英語の処理自体は一緒なので、よりスピーディかつ正確に理解できるのです。

これが私が多聴を勧めている理由です。

 受験まで公式問題集2回分の多聴を繰り返す

TOEIC700を目指すなら、Readingで時間が無くて塗り絵(適当にマークシートを塗りつぶすこと)をしても達成できます。

なので、TOEIC前に下手にReadingの時間配分を考える必要はなく、Listeningの細かい部分まで理解しようとしてください。

Listeningで出た表現が、そのままReadingに出るケースだってあります。ListeningでやったことはReadingでも活きてくるのです。

高い英語力を持っている人は別ですが、普通の日本人がTOEICで結果を出すならTOEICに特化して学ぶしかありません。

今回の記事を参考にしていただき、あなたのTOEICのスコアが少しでも上がることを願います。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です