TOEIC Part2 でリスニングする時のコツ! 1 問でも多く正解する

こんにちは、リモです。

今回は、苦手な人が多いとされる Part2 を、初級者が一問でも多く正解出来るコツや学習法についてお伝えしていきます。

 

Part2 の特徴として、Part3, 4 に比べて英文が短いので、頭がこんがらがることは少ないです。

しかし、その短い英文を確実に聞き取り、正確に理解出来ないと、正答率を上げるのは難しいでしょう。

なぜなら、あやふやに聞いてしまうと、正解を選べないのはもちろん、消去法とかも使えなくなるため、正答率が下がってしまうからですね。

 

ニュアンスを伝えるために出来るだけ丁寧に書いたつもりなので、少し文量が多いですが、スコアアップに必ず繋がりますので、是非最後までお読みいただけると嬉しいです。

 

では早速、どのようにして可能な限り聞き取り、正答率を上げていくのか、という点について、詳しくお伝えしていきます。

Part2 でスコアを上げるために意識すること

Part2 で、どのような部分を意識していくかというと、下記の 3 つです。

 

  • 難しい問題と簡単な問題が混ざっている
  • 最初の3語で7割決まる
  • 質問文が読まれるのに備える

 

この 3 つを意識することで、初級者であっても、正答率を上げることは十分に可能です。

上記の3つを意識する理由は、出来る問題をしっかりと正答するために意識するためです。

 

1 つ目の [難しい問題と簡単な問題の混在] でもお伝えしますが、Part2 は、簡単な問題と難しい問題がある印象があります。

当然ですが、自分が解ける問題でしっかりと実力を出して正解できれば、スコアは上がっていきます。

 

実力を短期間で上げるのは難しいですが、意識を変えることなら短い時間でも可能です。

 

出来る問題に対して注力し、出来ない問題に遭遇したときにはサッと切り替えることが大切です。

もうちょっとでわかりそう、、、ってときはあると思いますが、心を鬼にして、次の問題に進むことが大事だということですね。

 

私も経験ありますし、そういう気持ちが生まれてそれを乗り越えるのは簡単ではないです(笑)

しかし、スコアを上げるためと考えれば割り切れるはずですので、見切りよく解いていきましょう。

 

それぞれについてお伝えしていきますね。

 

難しい問題と簡単な問題が混ざっている

 

難しい問題と簡単な問題があるとお伝えしましたが、わかりやすくするために以下に例を挙げます。

ちなみに、今回紹介する例文は、基本的に公式問題集に載っている例文を一部変更してお伝えすることで、実際の問題との差異をできるだけ少なくしたつもりです。

 

Q. How long is the anime?

A. I like it very much.
B. No, it isn’t.
C. About 30 minutes.

 

上記は非常にシンプルな問題ですね。アニメの時間の長さを聞かれており、その答えとして適切な選択肢を選ぶのは難しくないと思います。

下記が英訳です。

 

Q. アニメはどのくらいの長さですか?

A. 私はそれがとても好きです。
B. いいえ、そうではありません。
C. 約 30 分です.

 

こう見ると、C の答えが正答であるのがわかりますね。

この例題では、How long が聞き取れることで、時間の長さを聞いているんだということがわかるため、時間の尺を答えているものを選ぶことで正解できますね。

 

では、次の問題はどうでしょうか。

 

Q. Where should I put this letter?

A. Yes, you should.
B. I’ll put the pen.
C. On my desk, thank you.

 

場所を聞いている問題ですね。

should などが入り少し考えにくくなるかもしれませんが、聞かれているのは場所です。

ですので、場所に関連する答えに聞き耳を立てることで、これも正解しやすくなります。

 

英訳は下記です。

 

Q. どこにこの手紙を置いたほうがいいですか?

A. はい、あなたは置くべきです。
B. 私はペンを置くでしょう。
C. 私の机の上に、ありがとう。

 

となりますので、場所を聞かれたことに回答している C が正解になりますね。

A の Yes, you should. は、どれを選んでいいかわからない受験者を、設問文と同じ should を使って惑わしている選択肢ですので、間違えないようにしましょう。

 

と、ここまでは基本的に簡単な部類に入る問題です。

難しい問題というのは、以下のような問題です。

 

Q. Where is the nearest place to eat something from here?

A. There’s a restaurant on the corner.
B. It is already ready.
C. I haven’t been there.

 

質問の文では最大級の nearest や、C. では、現在完了の表現も使われています。それでも、中学生で習う英語文法ですね。

この例題が解きにくい点としては、場所を聞かれているのに対し、間接的に角にレストランがあるよ、と伝えているからです。

理解しやすくするために、英訳を載せますね。

 

Q. 何か食べるのにここから最も近い場所はどこですか?

A. 角にレストランがあります。
B. 既に準備済みです。
C. そこに行ったことはありません。

 

A がレストランを指しているので A が答えになります。

B と C は場所を知りたがっている相手への答えとしては不適切です。

この選択肢の中に、 マクドナルドです、などがあれば答えやすいと思います(TOEIC では実在の企業名が来ることはありませんが(笑))。

 

他にも、以下のような問題は難しい部類に入ると思います。

 

Q. How often do you use your car?

A. Almost 300 miles.
B. I can bring my car to your house.
C. I actually sold it 2 weeks ago.

 

最初の質問文から、少しとっつきにくいかもしれませんが、How often は、頻度を問う表現で、

「どのくらいの頻度で~~?」

というニュアンスになります。

 

そして、頻度を聞かれているとわかったとしても、A~C の答えでは、直接的に頻度を答えているものがありません。

英訳を下記に載せます。

 

Q.どのくらい (の頻度で) あなたは車を使いますか?

A. だいたい 300 マイルです。
B. あなたの家まで私の車を持っていけます.
C. 実は、私はそれ(私の車) を2週間前に売りました。

 

上記のように、直接的に答えておらず、最も適切な答えが

「もう売ったんだよね~」

と答え、使っていないことを表している C が正解になります。

 

このように、間接的に答えさせる問題が増えてきていますので、こういった問題は難しいというか、単純には解けない部類だと思っています。

しかしながら、日本語訳を見てみればそれほど難しいわけではありませんので、消去法も使いつつ、答えとして適切かどうか、を吟味して答えていきましょう。

 

そして、先ほども少し触れましたし、いろんな所で言われていることですが、最初の 3 語をしっかりと聞き取ることで、適切な選択肢を選べる確率は高くなります。

なぜなら、質問をちゃんと理解しないと、適切な答えが選べないからですね。(笑)

最初の3語で7割決まる

 

最初の3語を聞き取る、ってのはいろんなところで言われていますが、本当に大事です。

中でも、 5W1H を聞き取れることで、どういった趣旨の質問かおおよそ理解できるようになります。

 

5W1H は 以下の 6 つですね。

What (何が)
Where (どこで)
When (いつ)
Who (誰が)
Why  (なぜ)
How (どのように)

 

そして、例にも出しましたが、

How long (どのくらい長さ)
How often (どのくらいの頻度で)

や、

Which is (どれが)
How much (お金や量がどのくらい)

などは、 5W1H に加えて、聞いた瞬間に理解できるようになると、正解を選びやすくなるはずです。

 

さらに、Yes No クエスチョンに対しても、しっかりと聞き取り理解しましょう。

 

Will you~ (しますか)?
Should I~ (私は~すべきですか) ?
Would you like ~ (欲しいですか) ?
Isn’t it~ (ではないですか) ?

 

のような質問ですね。

 

このような Yes No クエスチョンも、Part2 では頻繁に出題されます。

必ずしも Yes, No で答える選択肢が正解ではなく、というかほとんど Yes, No を言わないことが多いですが、設問部分を理解するためには、これらにも慣れる必要があります。

 

例を挙げると、

Q. Can you pick me up after my work?
Q. 仕事の後に(車で)私を拾えますか?

に対して、

Sure.もちろん
No problem. 問題ないよ
Of course. もちろん

など、が答えになり得る感じです。

 

 

ここまでを軽くまとめますと、

  • 5W1H + α
  • 様々な Yes No クエスチョン

を確実に聞き取ることが大切です。

Part2 の 8割前後の設問部分は疑問文ですからね。

 

これらが出来ると、簡単な問題なら間違えなくなります。

簡単な問題というのは、選択肢もひっかけがないもののことを意味していますが、先ほどの例の間接的に答えている選択肢でも、質問の意図がわかると正解を選びやすくなります。

 

ちなみに、8割は疑問文と言いましたが、残りは、普通の文(I plan to go to the supermarket. など)で、こちらは特別な対策というよりかは、純粋なリスニング力が求められる部分であり、割合が少ないため今回はそこまで詳細にはお伝えしません。

 

ただ、その普通の文にも関連し、8割前後の 疑問文に対して、直接的ではなく間接的な答えが来るパターンも少しあるとお伝えしました。

間接的に答える例として、もう少し深堀りすると、

先ほどの例文

Q. Can you pick me up after my work?
Q. 仕事の後に(車で)私を拾えますか?

 

に対し、答えとして

 

Let me check my schedule.
(予定確認させて)

I actually sold it 2 weeks ago.
(2週間前に車売ったんだよね)

Sorry, I’m busy these days.
(ごめんなさい、最近忙しいんです)

 

のような感じで、どれも会話が成り立つので、上記3つは正解になり得ます。

少し話がそれましたが、いずれにしても設問の最初の 3語 を聞き取ることで、答えの方向性は決まります。

なぜなら、5W1H、Yes, No クエスチョンなのかを理解できるので、話の流れとして適切、不適切を選べ、結果として正答を選びやすくなるからですね。

 

念のため軽く補足しますと、英語は最初に言いたいことを言う言語ですので、最初を聞き取れることで、質問がわかりやすくなります。

日本語と英語は違う、みたいな話になりますので、ここでは深堀りしませんが、TOEIC の Part2 で最初の 3語 が非常に大切というのは間違いありません。

 

では、どのように、最初の 3語 を聞き取るかというと、リスニング力が求められるのはもちろんですが、設問が読まれるのに備える必要があります。

リスニング力向上については、以下の記事も参考になると思いますので、興味があればお読みください。

TOEIC のリスニングの向上のための簡単 & 着実な方法

 

質問文が読まれるのに備える

これは、この記事の途中でも少し述べたのですが、わかりそうでわからない問題に直面したときに、潔く諦め、次の問題が読みだされるのに備えるということです。

 

何度も言いますが、最初の 3語に備えるのが非常に大切です。

Part2 では、1つの設問が流れ、3つの選択肢が与えられ、答えを選ぶ必要があります。

 

そして、わかりそうでわからない問題というのは、3 つの選択肢が聞こえてきた後で、

「うーん、B か C な気がするけど、、、ちゃんと聞き取れなかったけど、○○って言ってた気がするし、、、」

のような感じで、思考に時間がかかってしまっていることがあります。

考えることはとても大事なのですが、ここに時間をかけすぎると、次の問題の設問が流れてきます。

 

準備が出来ていないと、意識が前の問題にあるうちに、次の問題が流れてしまい、重要な最初の 3語 を聞き取ることが出来なくなってしまいます。

 

もちろん設問の前に8. や、10. のように問題番号のアナウンスが流れますが、この番号が聞こえてから「聞こう!」と思った瞬間くらいに設問の英文が流れてきます。

(eight, や、ten, といった感じですね)

 

これですと、最初の 3語 に備えられている状態とは言えません。

私も経験が有るのですが、その前の問題の考えから次の問題に思考を切り替えるのに、1 ~ 2 秒は必要だと思っています。

これは、その前の問題で「あれかな?これかな?」と考えている状況から、全く別の話題に備えるのには一瞬では難しいからです。

 

答えやすい問題にしっかりと正解するためには、答えに迷ったときは直感で選ぶことをおススメしています。

理由としては、迷った問題はもう一度音声を聞くことができるわけでもなく、考えても正解を導き出せないことのほうが多いからです。

 

そのためには、基本的に3つの選択肢、A,B,C と流れた後に考える時間は 3 秒と考えましょう。

実際には C の選択肢の答えが読まれ終わってから 4秒ほど時間がありますが、3秒で考え、1秒でマークすることを考えると 3秒がベストだと思います。

 

こうすることで、次の設問の番号も焦ることなく耳に入り、次の設問の最初の 3語 も聞き取れる準備ができるはずです。

さっきもお伝えしましたが、迷っている間に次の問題に進むのは心の抵抗が生まれますが、スコアアップのために上の 3秒だけ考えてわからなかったら、次に進んでいきましょう。

 

まとめ

色々とお伝えしてきましたが、要するに

正解できる問題を確実に正解するために

  • 難しい問題と簡単な問題が混ざっている
  • 最初の3語で7割決まる
  • 質問文が読まれるのに備える

 

これらをしっかりと意識して、Part2 に臨むことで、スコアアップにつながっていきます。

 

ただ、Part2 はリスニング問題ですので、根底に問われるのはリスニング力です。

今回お伝えした内容も、英語のリスニングをしたことがない人が聞いたとしても、全く効果がないものになってしまいます。

1 から学び直す場合には、発音を学ぶことをおススメしています。

なぜなら、英単語などを学ぶ際にも発音は密接に関わってますし、リスニングのスコアが頭打ちになる人は、発音を学習していない人が多い印象です。

発音の学習については、下記の記事で詳しく伝えていますので、よろしければお読みください。

TOEIC の Listening のスコアも急上昇!”発音” で得られる 3 つのメリット

ではでは、今回はこの辺で!

P.S

TOEIC の学習について相談などある人は、以下までご連絡ください!

100% 読んで、100%返信させてもらっていますー!

rimo.of.toeic@gmail.com

プロフィール

北海道生まれの20代後半。2019 年 3 月に TOEIC965 達成。日中は英語業務をしたり副業として英語指導しています。高校の時に海外ドラマの面白さに完全に魅了され、そこから自然と英語学びたい意欲が湧き、留学なし、独学で学び続けてます。
私自身が興味のあることをきっかけに英語力を伸ばせたように、好奇心をベースに英語を学びやすくするためにも、TOEIC 初級者から脱することを提案しています。
なぜなら、英語の基礎力が付くこと (脱 TOEIC 初級者) で、英語を英語で学ぶことが可能になるからです。

もちろん基礎力がなくてもできますが、あったほうが圧倒的に学びやすいです。しかも TOEIC のスコアも上がります。
「海外ドラマとか、洋楽、洋画、英語のYouTube 動画とか好きだけど、英語力を高められてない」という人に向けて情報発信をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です