TOEIC の Listening のスコアも急上昇!”発音” で得られる 3 つのメリット

どーも、th の発音を見せびらかす写真を載せてみました、リモです。

スベッてるとは思うんですがw

今回は英語学習で 1 番敬遠されがち、けど 1 番大切な発音について話していきます。

なんで発音が大切かと言うと、英語学習する上でのメリットがえげつないからですねw

TOEIC のリスニングのスコアが上がるのはもちろんなんですが、
ほかのメリットもあって、かつそれらのメリットも結構大きいです。

 

しかも、皆さんが思ってるよりも習得しやすいです。
留学とか海外に必ずしも行く必要なんかなくて、全然日本というか自宅で出来ます。

発音ですが、対策している人は少ない印象です。

学校教育でほぼほぼ対策されないって原因もありますが、

「大人になってから発音を習得するのは難しい…」

という思い込みだと思います。
けど全くそんなことはないです。

 

私自身、発音を改善したのは大学生のころで、独学で留学もしてないです。
大学2年生くらいまではカタカナ英語でした。(当時のTOEICは720 ほど)
その夏に旅行でオーストラリアに行ったんですが、バスの運転手にめっちゃ聞き返されましたからねwww

結局伝わらず仕舞いという辛めな経験もしましたがw
けど、それをバネに帰国後に自分で改善していきました。

 

では、改めまして、
今回は、発音に苦手意識を持っている人に対して、
何で発音が大切か、そしてどのように克服するかを含め、お伝えしていきます。

発音学習で得られる 3 つのメリット

結論から言うと、以下の 3 つのメリットが得られます。

1. リスニング力が上がる
2. 音読学習の効率が劇的に上がる
3. 好きなモノ から学べる

それぞれについて、以下に掘り下げていきますね。

 リスニング力が上がる

はい、いきなりにして、最大のメリットといってもいいのではないのでしょうか。

ありきたりな話なんですが、自分が発音できない音は認識できないって言われてます。
たぶん聞いたことあると思います。脳が雑音として処理しちゃう、みたいな話です。

だから、英語の発音を認識して聞き取れるようになろう!
という、シンプルにして安直な考えとも思いますが、
この考え自体は間違っていません。正しいです。

 

ですが、冒頭にも書いた通り、発音ができてなくても、TOEIC で 730 くらいは取れました。(Listening は 395 ほどだった記憶です)
けど、私がやっぱり思うのは、
発音をもっと早くに会得していたら、さらにスコアが上がっただろうし、スコアの伸びも結構違ったと思ってます。

 

しかも、私は毎日2時間以上海外ドラマを見てたと思います。
テレビもなかったので、ストリーミングサービスを利用してずっと見てました。
海外ドラマを見るときは英文を意識的に理解しようとしてたので、リスニングへのアンテナは高かったと思います。

 

自分で発音できないにしても、

Why don’t you ~
ワイドンチュー

Should I ~
→ シュダイ

みたいになり得る、ってことは知ってたましたからね。

そして、大学2年の夏の発音オーストラリアショック(笑)を経て、
自分で発音を学習することにしました。

もちろんすぐにはできるようになりませんでしたが、
1ヵ月くらいで、それっぽい発音ができるようになりました。

その後も継続すると、始めてから3ヵ月ほどで、
だいたいの発音をそれっぽくできるようになりました。

 

そして、2014 年 1 月に受けたTOEICでは、815 でした。
Listening のスコアは 455 で、その間もは基本的に海外ドラマの視聴だけで、試験の 1 週間前とかに対策した程度です。

めちゃくちゃ単純に考えると、60 のスコア UP につながったわけですが、395 から 455 のスコアアップは、200 や 250 からの 100 スコアアップくらいに比例するイメージです。
なぜなら、200 や 250 のレベルでは、問題を解けない理由が圧倒的に聞き取れないからです。
Reading セクションに比べれば、Listening セクションの英文は簡単です。

聞き取れるだけで、スコアアップにつながるのです。

大袈裟なんですが、これだけでも発音対策をする価値は十分にあると思ってます。

 音読学習の効率が劇的に上がる

このメリットも大きいですね。

多くの学習が進めてると思うんですが、
音読をしましょう!
みたいなことを言う人は多くて、

まあ私ももれなくその一人なんですがw

けど注意してほしいのは、私がこれを言うときは
発音が出来てたら、音読をしましょう!
って前提がついてるってことですね。

イメージしてほしいんですけど、
野球をする人にとって、特に初心者にとって
素振り、って結構大切なトレーニングだと思うんですよ。

で、これを誰にも教わらずに、自己流でやってたとします。

けど、自己流の 素振り だけだと、
実際のバッティングのときに、球に当たったとしてたぶん上手く力とか伝わんないですよね。
というか、球に当たるかもあやしいですよねw

これとホントにおんなじことが発音でも起きるんですね。
コテコテのカタカナ英語が、自己流と一緒ってことですね。

そもそも日本語と英語は言語が違うんだから、そりゃあ発声、発音の方法も違うわけで。
それを、自前の日本語だけで太刀打ちしようとしても絶対無理があるんですね。

だから、英語 の発音をしっかり学ぶ必要があるんです。

素振りをするときにも、型をまず最初に知って、それを基に実際にバットを振るように、
英語の発音も、しっかりと口とか舌の使い方を知って、それを基に音読をする。

そうして、思うようにバットが振れるようになって試合で活躍できるように、
同様に英語の発音を自分のモノにして、はじめて効果のある音読ができるんです。

あ、でも発音を完璧でやる必要はないですからね。
私もすべての発音が完璧ではないです。
けど、それぞれの発音がどういったものかを分かっていて、おおよそ自分でそれを再現できるレベルにはなってます。

だからこそ、音読の時に英語の発音でしゃべれるから、しっかりと音読もできます。

 好きなモノ から学べる

個人的には一番ここを押したいとこではあります!w

というのも、英語の面白いコンテンツって、海外ドラマとか洋楽とか洋画とか YouTube とか、ほぼほとんど “音” が絡みますよね。
たとえ字幕とか表示したとしても、

「いや全然そういってるように聞こえませんけどwww」

ってことが起きがちですし、もちろん私も経験ありますw

けど、これは、ほとんどの理由が発音を学んでないからなんですね。

一部のラップなどの洋楽などで、本来発音されるべきとこが省略されるみたいなパターンがあるのも事実ですが、基本的に発音を学んでおくことで、以下のようなことができます。

  • 洋楽をカッコよく英語の発音で歌える
  • 海外ドラマの主人公になりきってセリフを言える
  • なめらかに英文を音読できるので、好きな英語の名言とかもそれっぽく言える
  • というか全ての英文を英語の発音で言えるようになる

みたいなメリットがあります。

好きな洋楽なら歌いたいし、憧れのキャラクターがカッコいいこと言ってたら、真似したくならないですか?w
もちろん私はめちゃくちゃなるんですけどw

自己満足といわれてしまえばそれまでなんですが、自分を鼓舞するのも大切ということでw
というか、これは結構まじめに言っていて、

英語学習は繰り返しやることが大切だと思っているんですが、
好きなモノから学ぶ、好きなフレーズから学ぶ、ってなると音読が必須になってきます。

このときに、発音ができてると、圧倒的に読みやすくなると同時に、圧倒的に英語を読むのが楽しくなってくるんですよ。
私は特に発音がある程度できるようになってから、外国の方が経営しているレストランでご飯食べて店を出るとき、

Thank you very much.

って覚えたての発音で言ったら、めちゃくちゃ褒められたんですよね。
日本人だけど発音完璧だね!みたいなw
舞い上がってうろ覚えではあるんですけど、帰り道一人で3,4回繰り返しましたもんねw

今思えば完全にお世辞だった説は否めないんですがw

ここで言いたいのは、一回発音ができるようになったら、それを使いたいが故に喋りたくなってきますw
音読学習が英語学習で大切なのだから、それをしたくなる状況を作り上げられたら、英語を活かす人生に確実に突入しやすくなりますよね。

この言いたくなる感覚は、好きなモノにより近づきたいという気持ちからも生まれてきます。

なので、是非発音を覚えて、あなたの好きな英語のフレーズを、あなたの口から英語の発音で飛び出させていきましょう。

発音の克服方法

と、ここまで発音のメリットを長々とお話ししたのですが、具体的な克服方法についてです。

で、これはもう書籍を使うのが断然はやいです。

私は一番最初に使ったのはこの参考書ではないのですが(英語耳使ってました)、おススメする際には以下の参考書をおススメしています。

[超低速メソッド] は、書籍ながらも、DVD も CD もついてるので画像でもわかるし、何よりめっちゃゆっくり喋ってくれるので
「早くて追いつけない…」
みたいなことは起こりえません。

丁寧にそれぞれの発音を紹介しているので、こちらを参考にしてみてください。

私のように最初から好きなものからだけで学ぼうとすると、どうしても独りよがりになるというか、
やっぱり、好きなモノから見よう見まねだけで学ぶのには、それっぽく発音するのには限界があると思ってます。

そういう方向性で学ぶこと自体はいいと思うんですが、正解を探すのに時間がかかるんですよね。

なので、上記の参考書を 「答え合わせ」 のための教科書、という立ち位置で使ってもいいと思います。

実際私も、書籍などで、
「この発音はこういう風に言うのね… なるほど」
みたいな感じで発音を固めていきましたからね。

で、発音を取り組む前に大切なのは、
いきなりはできるようになりません。

当たり前なんですけどw
それでも言っておきたいのは、絶対と言っていいほど最初は

「いや、全然出来てる気がしない…」
「これでホントに出来てるの?」

って思います。
けど、それでいいんです。

それで、少なくとも 3 週間くらいは続けてみてください。
1日最低30分、可能な限り毎日。ホントに、騙されたと思って。

どっかのタイミングで、
「あれ、なんか出来てるかも?」
みたいな気づきというか、発音ができてる体感を得られるときがやってきます。

そうなったら、徐々に発音ができる感覚がわかってくるので、そのまま一気に発音を終わらせてしまいましょう。
この感覚がやってくるまでが非常に辛いと思いますが、是非とも辛抱強くそのときが来るのを待ってほしいと思います。

発音ができるようになったら、さっきお伝えしたメリットが得られて、あなたの英語人生が劇的に変化しますので!

今回は 発音の話をしましたが、Listening を細分化すると単語、文法、発音があるように、
TOIEC でスコアが伸び悩んだ時も、細分化の視点を持つことで、その問題を解決できる可能性があります。

スコアアップを考えている方は、以下の記事も是非。

スコア停滞の壁を壊す!英語を”細分化”してしっかりと弱点を克服する

というか、英語に限らず細分化の視点は大切だと思いますので!

P.S

TOEICのために発音を学習してるけどこれでいいのかわからん!
発音もやらなきゃとは思うけどほかにやったほうがいいことあるのでは?
などのご相談などあれば是非ともご連絡を!
100%返信させてもらっています。

rimo.of.toeic@gmail.com

 

筆者(リモ)のプロフィール

北海道生まれの 20 代後半。2019年 3月 TOEIC 965。


高校の時に海外ドラマに魅了され、英語に興味を持つ。

海外ドラマと授業の両方を使って積極的に学び英語が得意に。


そこから継続して学び続け、独学、留学なしで TOEIC 965 を取り英語を使って仕事をしてます。


“出来ないことを出来るようにする”


を理念としていて、出来ることが増えていくことで世界が広がったり、人生がより良くなっていくと考えています。


そして、出来ることが増えていくのが成長ですよね。


TOEIC の情報発信をしている理由は、TOEIC は成長を感じやすく、成長のポテンシャルが高いからです。


客観的なスコアで成長を実感しやすいし、英会話などにもつなげられるし、転職や昇格にも役立ちます。


英語を一から学びなおす人に指導し、目標を達成した際に


「子供が生まれた時くらい嬉しい!」


と感謝された経緯からやりがいを感じ、特に英語初級者への指導をメインにしております。


正しい学習法であれば、必ず結果は出ます。是非一緒に TOEIC 初級者を脱け出しましょう!

【無料】レポート配布中!

TOEIC 600 以下の方を対象に、初級者を脱するためのレポートを無料でお渡ししています。

以下の項目に 1 つでも興味のある方は、是非お読みください。

○最短でTOEICで結果を出す全体像
○今自分がやるべき学習を知る方法
○リーディング時間配分,解き方
○初級者がリスニングで意識すること
○試験直前でも使える情報
○正しい問題集をやるタイミング
○解けそうで解けない問題の対処法
○全力を出す試験当日の過ごし方

初級者を脱しTOEIC 600を超えるためのレポートです。

私自身の学習や、生徒さんへの指導の中での「気づき」「TOEICでスコアを出すコツ」をお伝えしています。(30000字越え)

加えて、初級者必見である TOEIC に良く出る 298 語の単語表現も同時にお渡ししています。

”単語帳メーカー” と言う暗記用アプリで、すぐに使える内容をファイルにまとめてお渡ししています。
リスニングとリーディング、どちらでも頻出の基礎的な単語を厳選してまとめました。

詳しくはこちらから。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です