TOEIC Bridge 対策の単語帳は銀フレの1択!注意すべきことも解説

こんにちは、リモです。

TOEIC を中心に教えているのですが、TOEIC Bridge を受験する生徒さんもいらっしゃるため、TOEIC Bridge についてもお伝えしていきます。

 

タイトルの通り、英単語帳の銀フレについても触れていきますが、

銀フレの話をスムーズにするために、TOEIC Bridge 全体の話もしています。

 

いや、単語帳の情報だけ教えてよ!

 

と思われそうなので予め結論を言えば、

TOEIC Bridge で使われる単語は基本的に難しくないため、銀フレが効率的でおススメです。

 

ただ、だからと言って

OK。銀のフレーズだけやっていればいいのね!

と思ってもらっては困るというか、人によっては、

文法を含めた単語の正しい使われ方の理解が必要になります。

 

という冒頭を踏まえて、この記事では、

  • TOEIC Bridge で利用される単語
  • 実際どんな英文が使われるかの理解

などのイメージが出来るようになり、学習の効率も上がって TOEIC Bridge のスコアアップに近づくはず。

 

詳しくは本文で述べていきますので、TOEIC Bridge を対策される方は、是非ともこのまま読み進めてください。

英単語の前に、前提としての英文法

最初に述べた通り、TOEIC Bridge で利用される英単語のレベルは高くありません。

具体的なレベルで言えば、ほとんどが中学校で習う英単語です。

 

しかしながら、英単語の意味を知っている程度では、わからない場合があります。

試しに、以下に中学英単語のみで形成される英文を作成してみましたので、ちょっと考えてみてください。

 

Where should I meet her?

Why don’t you take a test?

We would like to offer you a position in my company.

The restaurant is not far from here, is it?

I have not been interested in soccer since I quit playing it.

 

 

 

…いかがでしょうか?

 

上記で使われている英単語は全て中学校で習う英単語ですが、英文全て理解できるでしょうか?

もしリスニングだとしても上記の英文がスムーズに理解できるならば、素晴らしいです。

おそらく TOEIC Bridge でもハイスコアを狙えると思います。

 

逆に、上記の英文は

  • あまり英語を触れていない人

にとっては、上記スラスラ読むのは難しいでしょう。

 

最低限の英単語がわかることで雰囲気やニュアンスは確実に掴みやすくなります。

ただ、やはり正しい英文法の理解が出来ないと、TOEIC Bridge で正答を選ぶことはできません。

 

TOEIC Bridge でスコアを上げるために英文法を学ぶ

 

文法を含めた正しい理解とは

先ほどの英文を簡単に訳します。

わかったほうが自分で学習しなおす際に知識として覚えやすくなりますので。

 

これくらいの英文であれば、ニュアンスだけでなく、一言一句しっかりと訳せる英語力が欲しいところですね。

 

Where should I meet her?
彼女とどこで会うべきですか?

→ 疑問詞や、助動詞の理解できているか。

 

Why don’t you take a test?
テストを受けてみたら?

Why don’t you ~ の形で、相手に提案する定型表現を理解しているか。

 

We would like to offer you a better position in my company.
私たちはあなたに私の会社内でより良いポジションをオファーしたいと思います。

would like to が want to と同じように ~ したい というニュアンスで理解できているか。

 

The restaurant is not far from here, is it?
レストランはここから遠くありませんよね?

付加疑問文(この言葉は知らなくてもいいです)であることを理解し、ですよね?という相手の意図がわかるか。

 

I have not been interested in soccer since I quit playing it.
私はサッカーをプレイするのをやめてから、サッカーに興味がありません。

現在完了や、使役動詞の使われ方が理解できているか。

 

 

 

…はい、簡単ではありますが、以上説明です。

予想していた英訳と同じだったでしょうか?

 

英単語を一定以上覚える必要はありますが、文法的な理解も必ず必要になることを忘れないでください。

 

文法については、以前記事で対策方法について触れたことがありますので、下記をご覧ください。

TOEIC の文法対策を 0 からするときに読む記事

TOEIC の文法対策を 0 からするときに読む記事

2019年6月2日

前提的な話の共有もできたところですので、本題の単語に話を戻します(笑)

 

中学レベルの英文法がわからないなら、英単語に取り組む

 

現時点で中学英単語があやしいならば、まずは文法の前に英単語をやることをお勧めします。

なぜなら、英文法を学ぶ際にも英単語は登場しますので、先に英単語を学んで英文法を次に学んだほうが、スムーズに学習できるからです。

 

例えば、

I have to include this map for my mother.

という文があった際に、have to を学ぶにも、include がわからなかったりすると、英文法の学習と一緒に英単語の学習もすることになるからです。

 

わからないものがあった際に、都度都度学習するのは大切なのですが、最初は別々に分けて学習することをおススメしています。

スコア停滞の壁を壊す!英語を”細分化”してしっかりと弱点を克服する

スコア停滞の壁を壊す!英語を”細分化”してしっかりと弱点を克服

2019年5月16日

 

ただ、例外として、

時間効率はあまり気にしないかなあ

というのであれば、英文法でもなんでも自分が興味あって続けられるものから学ぶのも正解だと思っています。

 

個人的には、興味を使った学習法を使うべきだとは思っているのですが、多くの人は限られた時間の中で成果、結果を出すことが求められているはずです。

 

色々とお伝えしましたが、明確な期限がある場合には、

英単語 → 英文法

の順番に学習し、最後に問題演習をすることをおススメしています。

 

つまり、

英単語 → 英文法 → 問題演習

ということですね。

 

ということで、前提の共有が出来たということで(笑)

ここから 銀フレ の話です。

 

Bridge  に向けたおススメの単語帳、銀フレ

TOEIC Bridge で対策すべき単語帳は、銀フレです。

銀フレとは、銀のフレーズのことで、TOEIC を受ける初心者向け(TOEIC スコア 600 以下の方)に書かれた英単語帳です。

銀のフレーズについては、以前記事にしておりますので、こちらが参考になるかと思います。

 

銀フレの使い方を徹底解説!初めての TOEIC 対策におススメ

銀フレの使い方を徹底解説!初めての TOEIC 対策におススメ

2019年6月9日

 

ちなみに、TOEIC Bridge の満点 (180) で、TOEIC に換算するとおおよそ 650 前後と考えられます。

このことからも、TOEIC Bridge の対策をするには、銀のフレーズはかなりいい単語帳です。

 

私が教えている生徒さんでも、繰り返し TOEIC Bridge の問題集の音声などを聞いていても、実際に 銀フレの英単語を確認すると、ほとんど覚えていないこともあります。

 

中学校レベルの基礎的な英単語だからと言って、

何となくわかってる

というのは要注意です。

 

急にフォントを大きくするほど重要なところです(笑)

 

けど、割と本気で言っていて、

スコアでしっかりと結果を出すためには 正確かつ迅速な理解が重要 になってきます。

 

ニュアンスでわかることで実際の試験で解けてしまうことはありますが、意味が似た英単語などもあります。

なので、少なくとも英単語をしっかりと日本語に変換できるようにはしたいところです。

 

さらに、思い出すのに時間がかかってしまうと、Listening の最中なら思い出している暇はありません。

Reading であっても時間ない中で思い出している時間は非常にもったいないです。

 

だからこそ、正確かつ迅速な英単語への理解を意識していきましょう。

 

 

単語単位のみならず、フレーズも TOEIC でよく使われる基本的なフレーズであり、これは TOEIC Bridge でも必ず活きてきます。

中学校の単語帳などでもいいですが、TOEIC Bridge用に取り組むならば、是非とも銀のフレーズを使ってみてください。

 

まとめ

 

まとめますと、

基礎的な英文法と、銀フレの英単語を身に着けて、問題を解いていこう!

という割と当たり前の結論になってしまいました(笑)。

 

ただ、現段階で TOEIC Bridge で思うような結果が出ていないとしたら、それは英文法、英単語のどちらかに必ず穴があります。

なぜなら、TOEIC Bridgeは本当に基礎的なことしか聞かれていないからです。

 

TOEIC Bridge である程度のスコアを取れたら TOEIC に移行する人もいるみたいですので、やはりその前には本当に基礎的な英文法と英単語は身に着けておきましょう。

ということで、今回は以上です!

 

P.S

メルマガ登録者と LINE 登録者限定で TOEIC に特化したスコアを上げるためのレポート (35000字以上) をプレゼントとしてお渡ししています。

 

プレゼント関係なく、質問したい!相談したい! という人がいらっしゃいましたら、お待ちしてます!

友だち追加

100%返信させてもらっていますので、お気兼ねなく!

rimo@pronounce-like-native.com

筆者(リモ)のプロフィール

リモ。
高校2年のときに海外ドラマにドハマりし、英語に前のめりになる。
独学、留学なしで TOEIC 965。
企業相手に TOEIC 指導経験有。
 
・スコアが上がらない
・TOEIC は難しい
・今更勉強しても、、、
 
TOEIC でスコアが伸びずに、同じ場所から動けないのは、
 
自分で勝手に設定した “思い込み”“枠” の中にいることが根本原因
 
と気付く。そして、その “思い込み”“枠” から抜け出すためには、
“好奇心”“興味” という自分主体の原動力をもとに行動することが
 
・”やらされ感” から “知りたい” へ
・圧倒的なモチベーションの持続
・クリエイティブも発動して効率 UP
 
につながる。

そこから自分の経験と考えをもとに、
 
【興味も交え  TOEIC の停滞感を壊しスコアを大きく上げる】
 
ために、1人でも多くの人に価値を届けるべく活動中。
 
理念についてはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です