TOEIC を長期的に考えることで、効率を上げる話

こんにちは。リモこと本間です。

 

「TOEIC の学習をしなければならないけれど、なかなか身が入らない。」

「今やっている学習が本当に正解かどうか不安だ」

 

今回は、上記の人に対して、目の前の学習に集中出来たり、今やっていることが間違いではなくなるような 1 つの考え方を紹介していきます。

 

TOEIC を受ける理由は人それぞれだと思いますが、恐らくほとんどの人は受ける日にちや、目標スコアを取らなければならない期限が決まっているはずです。

人によっては、1,2か月後先に TOEIC を受けることが確定している、という方もいると思いますが、そこで目標点を超えられなかった場合は引き続き受ける人も多いと思います。

 

その意味で言えば、短期的な対策ももちろんしつつ、長期的な対策をすることで、TOEIC スコアが底上げされていくはずです。

もっと言えば、仮に TOEIC をその先に受ける予定がなかったとしても、「英語」というものに長く触れる可能性は十分にありますよね。

 

人によっては仕事で英語を全く使わない方もいらっしゃるでしょうが、今の会社で英語を使う可能性や、会社外でも英語を使う可能性は 0 ではないはずです。

目の前のテストのために学習しつつ、しかもその学習が未来の自分を助けてくれる可能性があると考えると、英語学習に身も入るようになるのではないでしょうか。

 

では、長期的な視点で TOEIC を捉え、視野を広く持つことで、TOEIC のスコアアップにつながる話をしていきますね。

最短の学習には、最短の方法があるのは事実

最初にお伝えしておくと、TOEIC で最短でスコアを上げる場合には、最短でスコアを上げるための方法があります。

方法論は1つではありませんが、今なら 3 か月のマンツーマンレッスンやコーチングサービス、TOEIC スクール、書店に行けば参考書がたくさんありますよね。

 

集中的に TOEIC に取り組むことで、TOEIC のスコアは上がります。

しかしながら、短期的に詰め込んだ知識は忘れることも多いと思います。

 

極端な例ではありますが、一夜漬けで覚えたものは、テストの後はほとんど頭に残りません。

TOEIC を一夜漬けで対策する人はほとんどいないと思いますが、3 か月後の TOEIC でとにかく結果が必要、だから一時的に頑張る、という人もいらっしゃるでしょう。

 

一時的に TOEIC のスコアが求められる場面が多いのは事実ですが、それ以上に本当に求められているのは純粋な英語力のはずです。

実際、多くの場合は転職や昇進の条件で TOEIC が求められるのは、その先に英語を使う業務があることがほとんどです。

そうなると、長期的に使える英語力を最初から意識するのが、英語力を上げるのに近道と考えられるのではないでしょうか。

 

「そんなこと言ったって、目先の TOEIC で目標達成できないと元も子もない!」

という人がたくさんいるでしょうし、そこが何より大切だとも私も思います。

 

もちろん、これから受ける TOEIC でハイスコアを出すことが重要であり、次に受ける TOEIC で最大の成果を出すためにも、長期的な視点を意識することが大切になります。

なぜ、長期的な視点を意識することが大切なのか、以下にお伝えしていきます。

長期的な視点を持つと、長期的な記憶が必要になる

長期的な視点を意識するということは、長期的に記憶していく必要があります。

いくら覚えても、すぐに忘れてしまっては、長期的な視点とは言えませんからね(笑)。

 

長期的な記憶にするためには、単語や文法を覚える際も、英語:日本語 の 1:1 の意味記憶を超えて記憶したほうが忘れにくくなります。

学生時代の部活の思い出は忘れにくいですが、学生時代のクラスメイトの顔と名前を全員思い出すのは難しいのと同じです。

 

エピソード記憶と、意味記憶の違いとも言えますね。

また、楽しい、面白い、という感情があると、忘れにくくなります。

楽しい、面白い、と思うプロセスそのものがストーリーや物語になるからですね。

 

私は、Prison Break という海外ドラマが好きなのですが、ほとんど最初に Previously on Prison Break という音声とともに始まります。まあこれは大半の海外ドラマで使われる表現ですが(笑)。

ですので、

Previously on A で、
前回の A は、

というニュアンスであることは絶対に忘れないんですよね。

その関連で、previous が、前の という形容詞になることも覚えられたりします。

 

つまり、長期的な記憶に適しているのは、単なる意味記憶ではなく、物語やストーリーを伴ったエピソード記憶であるということです。

 

長期的な視点で覚える例としてお伝えしましたが、上記の流れで previously を覚えれば、短期的に考えても次の TOEIC で十分に使える方法論ではないでしょうか。

短期的に見ても、ストーリーや物語で覚えることは、忘れずに使える方法の 1 つです。

長い目で TOEIC を見てみると、興味のあるものが使える

最初にお伝えした通り、TOEIC には TOEIC に特化した学習がありますが、TOEIC の枠を超えて、少し視点を高くして考えてみましょう。

 

TOEIC は英語の試験であり、設問から問題分、指示の文も全て 英文で構成されています。

TOEIC が英文で構成されているということは、英文に慣れることが TOEIC 対策になるはずです。

 

つまり、この論理で行くと、英文で構成されている 海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube などでも英文の学習は出来ますので、結果として TOEIC 対策にもなります。

ちょっと強引かもしれませんが、間違ってはいないと思います(笑)。

もちろん、カジュアルすぎる表現やスラング、医療や裁判などの高度な専門用語はほとんど TOEIC では使われませんし、古めかしい表現もあまり出ません。

 

TOEIC は文法的に正しい英文しか出てきませんが、海外ドラマや洋画では、砕けた表現になり文法が一部無視されている場合もあります。

その意味で言えば、学習する題材、素材は少し選ぶ必要があるでしょうが、逆に言えばその程度です。

 

医療ドラマや弁護士のドラマでも日常会話の部分は、 TOEIC で使われてもおかしくない表現が多いですし、使われる単語の多くは基礎的なモノです。

私自身も、単語や表現のほとんどが TOEIC のリスニングでもリーディングでも使われるレベルだと感じています。

 

また、洋画や洋楽であっても、基礎的な表現の上に、たまに凝った表現が使われることが多いですが、半分以上は一般的な英文法、英単語で構成されています。

※ 洋楽に関しては、ジャンルやアーティストによっては、主語があって動詞がある文が少ない時もあります。

 

さらに、音楽や動画の中の英語の音声は、基本的に普通の会話と同程度、もしくはそれ以上の速さで流れていきます。

ですので、洋画や海外ドラマの音声に慣れることは、時間に追われて解く TOEIC の中でも求められる力になります。

要するに、興味のあるものから英語を学ぶことそのものが、そのまま TOEIC 対策になる部分が多い、ということです。

 

繰り返しますが、短期的な TOEIC だけの 結果を求めるならば TOEIC を専門とした参考書などを使った学習の方がスコアが上がるかもしれません。

しかしながら、少し視点を高くして TOEIC を見ると、十分に身の回りの英語も TOEIC 対策になりますので有効活用できるはずです。

また、有効活用できると思う理由は覚えやすいだけではありません。

興味があるものから学ぶことで、学習のハードルが下がる

興味があるものから学習することで、

「面白い、楽しい」

という気持ちになり、自然にエピソード記憶になって、記憶しやすいことをお伝えしました。

 

このメリットに加えて、興味があるものから学習するため、学習するハードルが低くなり、継続することが楽になります。

なぜなら、興味があるから、ですね(笑)。

 

人間は知的好奇心を持っている生き物ですので、「知りたい、理解したい」という欲求を持っています。

そしてこれは、人間の根源的な欲求の 1 つです。

知的好奇心が満たされると、良い気分にならないでしょうか?

もちろん、睡眠欲や食欲などには及びませんが、承認欲求や所属の欲求と同じように、知的好奇心を満たしたい欲求があるのです。

 

難しすぎる場合や、興味がない場合は好奇心が生まれませんが、興味があるなら

「知りたい、理解したい」

と思うはずです。

 

例えば、好きな人の趣味とかお気に入りのモノって何となく気になりませんか?

これは、興味があるから、です。

同じように、興味があるものから学ぼうとすることで、知的好奇心が働くことで、学習しやすくなっていきます。

 

学習しやすいので継続しやすいため、長期的な学習をする際には、とても役に立ちます。

私自身も、洋楽や海外ドラマが好きですので、継続して長期的に英語学習ができていますからね。

まとめ

TOEIC 学習に特化した学習があるのは事実ですし、それは間違いなく効果があります。

ただ、TOEIC を少し高い視点で考えてみると、結局は英語で構成されているんだから、英文に慣れていこう、英文を学習すればいいんだ、という話をしてきました。

 

英語を学ぶなら、興味あるものを使ったほうが、記憶に残りやすいし、取り組むハードルが下がり、メリットも多い。

だから、長期的な視点で考えると興味あるものを積極的に使うことが、英語に慣れられるため、結果として TOEIC 対策、英語力の向上につながります。

 

得意不得意があるように、合う合わないはあるかと思いますが、学習が継続できなかったり、学習していても進歩を感じられない場合には、今回の視点を持って英語に取り組むことがおススメです。

では、今回は以上です!

筆者(リモ)のプロフィール

生まれも育ちも北海道の 20 代後半。独学、留学なしで 2019年 3月 TOEIC 965。


高校 2 年の時に見た海外ドラマに魅了され、学校の授業と海外ドラマの両方を使い積極的に英語を学び始めました。

大学のときに TOEIC スコアを630 → 815、社会人になってから 965 まで上げ、その経験を活かして指導をしたり、英語を使って仕事をしたりしています。


TOEIC 学習も間違いなく必要ですが、興味あるもの (海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube など) から学んだほうが覚えやすいです。


○興味あるものから学び続けた経験
○TOEIC に特化した学習、指導経験


これらを通して得た、気づき、学びを、TOEIC 学習者向けにシェアしております。


「目標を達成したい」「スコアの停滞を打破したい」「TOEIC 学習を継続させたい」「一から学習しなおしたい」


そんな人の背中を一人でも多く押しております。

当サイトについては こちら から。

+α で TOEIC スコアを上げる LINE @ 運営中!

「1人で 目標スコアを取りたい」
「TOEIC スコアと英語力 を同時につけていきたい」
「興味あるモノから学んで、英語力を上げたい」

スコア目的だけの機械的な勉強では面白くない、興味あるモノを絡めて学びたい人が集まるコミュニティ (LINE @) を運営してます。

・TOEIC スコアと英語力を同時に上げる
・興味あるモノから継続的に学んでいく

をテーマにしています。

スコアを上げるだけでなく英語力を底上げするために、LINE @ ではより実践的な内容をお伝えします。

現在、TOEIC 指導をしている私が教えていることを詰め込んだ、TOEIC スコアを上げることに特化したレポートをプレゼント中です。

3万字超えのレポートとなっていますので、読みごたえは十分あると思います(笑)。

TOEIC スコアを少しでも上げたい人にとって、有益な情報になっていますので、是非お読みください。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です