英語の二重否定は否定と肯定のどっち?違いを明確にしてみた

英語の二重否定

どーも!リモこと本間です。

 英語の表現の中で、二重否定が肯定の意味を持ったり、否定の意味を持ったりして、一概に 肯定、否定、と断定することができません。

ですので、「どっちやねん!」

戸惑う方がいると思います。

 英語の二重否定は、

否定にもなれば肯定にもなります。

今回はその違いを出来るだけわかりやすくお伝えしていきます。

 結論から言うと、

二重否定の表現は英語であっても 9 割は肯定表現です。

これで基本的にオッケーですw

ただ例外的に、

口語の表現であったり、

洋楽の歌詞の中で出てきたりする二重否定の中に

「否定」を意味する場合があります。

 ビジネスの場面、大学受験、学校のテストで出てくる二重否定はほぼすべて、否定×否定=肯定で使われています。

 では例とともに、それぞれ説明させてもらいますね。

 二重否定の「肯定」

 肯定の例で言うと、

It is not unnatural that ~ は、直訳すると 「that以下は不自然なことではない」

Nothing is impossible if you believe. 「あなたが信じれば不可能なことはない」

not とか、nothing が否定なのはわかると思います。

unnatural も、impossible も不自然、不可能、と

それぞれ 否定的な意味ですね

日本人は、否定×否定は、全て

「できないことはない」→「できる」

という風に考えますので、

英語のこういった表現は比較的すんなり頭に入ってくると思います。

 

もう一つ例を挙げると、

I cannot that) nothing happens to you.

これだと、

私は何も約束できない、

 では、次に二重否定の「否定」パターンを紹介していきます。

 二重否定の「否定」

 これから述べる「二重否定」の否定の例は、ほとんど全て会話の中で生じます。

 二重否定の「否定」の起源は、黒人英語だそうです。会話表現の中で生まれたものとされています。

 なので、公的な場所、読み書きの場面ではそぐわないので、リーディング、ライティングの場面では、あまり役に立つことはないでしょう。

 しかし、海外ドラマ、洋画や洋楽ではたまに出てくるので、押さえておくとベターです。

I will never do you no harm.

(あなたを傷つけることは絶対しないよ)

 日本人の考えでは、否定×否定なので、「あなたを絶対傷つける!」と訳してしまいそうですが、

ここでは全く逆の「否定の強調」ですので気を付けるようにしましょう。

もう少し具体的に言うと、本来ならば、

I cannot promise you anything.

私はあなたに何も約束できない。

というところを、

I cannot promise you nothing.

って あえて 言う、みたいなニュアンスですね。

 結局違いとは?

 ここが重要ですね。まとめてみました。

 二重否定の肯定パターン 基本的に二重否定は肯定! 

 二重否定の否定パターン no, nothing, not, never などの、「否定の意味しかもたないものが2つ、1つのセンテンスの中にある場合」

 です。

 シンプルに言うならこれだけです。付け足すとすると、先ほどの二重否定の肯定の例文の中のunnaturalや、impossible、は、不自然、不可能という意味の単語です。

 これを否定しているので二重否定の肯定になるのです。

※except や、without は、二重否定の肯定パターンですのでお気をつけて。これらは、~以外に、~を除いて、という意味の単語です!

例を挙げます。

I can’t do that without you.  (君なしじゃできない=君がいればできる)

I know nothing except that. (それ以外は知らない=それは知っている)

 最後に同じような文で、それぞれ二つの口語文の意味の違いをなんとなく感じ取ってください(笑)。

 I knew nothing but it. (私はそれしか知らなかった。)

 I didn’t know nothing. (私は何一つ知らなかった。)

 まとめ

 二重否定が否定か肯定になるか、

何となくのイメージは掴んでいただけたでしょうか。

繰り返しになりますが、

基本的には肯定の意味で使われます。

何か二重否定で違和感を感じたときは、

もしかしたら否定の意味で使われている可能性がありますね。

いずれにしても、

「二重否定は基本的に肯定の意味になるけど、否定のパターンもたまにある」

って知っておくことで、フォーマル、カジュアル、どちらの英語に触れていても、冷静に対処できる、ってことですね!

こういう豆知識、みたいなのが増えていくと、ホントの 英語力 みたいなのが付くと思いますし、

たまーに出る 二重否定で、否定の意味が出てくると、珍しくて逆に覚えやすくなったりします。

そういった “珍しさ” とかの興味とか使って英語を学習していくことが、めちゃくちゃ大切だったりします。

話がそれてますがw

私はその気持ちを大事にして、英語を学んできて英語力を伸ばしています。

そしてゆくゆくはネイティブを超えますw

小さなことでも積み重ねて、着実に少しずつ英語を学んでいきましょう!

ということで、今回はこの辺で!

英語に関すること、この二重否定はどういう意味?などなど、

質問を常に受け付けておりますので、気軽にご連絡くださいー!

必ず返信しております! rimo.of.toeic@gmail.com

プロフィール

北海道生まれの20代後半。2019 年 3 月に TOEIC965 達成。日中は英語業務をしたり副業として英語指導してます。高校の時に海外ドラマの面白さに完全に魅了され、

 「主人公が喋っている英語がもっとわかれば、もっと海外ドラマを楽しめるのに…!」

という考えになり、英語に対する姿勢が180度変わる。理系の学部に進学し、相変わらず独学で海外ドラマなどで英語を学び続ける。
海外旅行で自分の発音に絶望したりつつも、大学で TOEIC 815 達成や、留学生とも交流を深めたり、英語と密に触れ合ってきました。


 「英語を使った人生でちゃんと成長する!」

という思いから、英語指導をしたり英語学習を継続、
「英語は学習するためだけのものではなく、楽しむために学び成長する」という理念を一人でも多くの人に届けるべく活動中。
「海外ドラマとか、洋楽、洋画、Youtube の英語のものとか好きだけど、英語力を高められてない」という人に向けて情報発信してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です