英語の二重否定は否定と肯定のどっち?違いを明確にしてみた

英語の二重否定

どーも!リモこと本間です。

 英語の表現の中で、二重否定が肯定の意味を持ったり、否定の意味を持ったりして、一概に 肯定、否定、と断定することができません。

ですので、「どっちやねん!」

戸惑う方がいると思います。

 英語の二重否定は、

否定にもなれば肯定にもなります。

今回はその違いを出来るだけわかりやすくお伝えしていきます。

 結論から言うと、

二重否定の表現は英語であっても 9 割は肯定表現です。

これで基本的にオッケーですw

ただ例外的に、

口語の表現であったり、

洋楽の歌詞の中で出てきたりする二重否定の中に

「否定」を意味する場合があります。

 ビジネスの場面、大学受験、学校のテストで出てくる二重否定はほぼすべて、否定×否定=肯定で使われています。

 では例とともに、それぞれ説明させてもらいますね。

 二重否定の「肯定」

 肯定の例で言うと、

It is not unnatural that ~ は、直訳すると 「that以下は不自然なことではない」

Nothing is impossible if you believe. 「あなたが信じれば不可能なことはない」

not とか、nothing が否定なのはわかると思います。

unnatural も、impossible も不自然、不可能、と

それぞれ 否定的な意味ですね

日本人は、否定×否定は、全て

「できないことはない」→「できる」

という風に考えますので、

英語のこういった表現は比較的すんなり頭に入ってくると思います。

 

もう一つ例を挙げると、

I cannot that) nothing happens to you.

これだと、

私は何も約束できない、

 では、次に二重否定の「否定」パターンを紹介していきます。

 二重否定の「否定」

 これから述べる「二重否定」の否定の例は、ほとんど全て会話の中で生じます。

 二重否定の「否定」の起源は、黒人英語だそうです。会話表現の中で生まれたものとされています。

 なので、公的な場所、読み書きの場面ではそぐわないので、リーディング、ライティングの場面では、あまり役に立つことはないでしょう。

 しかし、海外ドラマ、洋画や洋楽ではたまに出てくるので、押さえておくとベターです。

I will never do you no harm.

(あなたを傷つけることは絶対しないよ)

 日本人の考えでは、否定×否定なので、「あなたを絶対傷つける!」と訳してしまいそうですが、

ここでは全く逆の「否定の強調」ですので気を付けるようにしましょう。

もう少し具体的に言うと、本来ならば、

I cannot promise you anything.

私はあなたに何も約束できない。

というところを、

I cannot promise you nothing.

って あえて 言う、みたいなニュアンスですね。

 結局違いとは?

 ここが重要ですね。まとめてみました。

 二重否定の肯定パターン 基本的に二重否定は肯定! 

 二重否定の否定パターン no, nothing, not, never などの、「否定の意味しかもたないものが2つ、1つのセンテンスの中にある場合」

 です。

 シンプルに言うならこれだけです。付け足すとすると、先ほどの二重否定の肯定の例文の中のunnaturalや、impossible、は、不自然、不可能という意味の単語です。

 これを否定しているので二重否定の肯定になるのです。

※except や、without は、二重否定の肯定パターンですのでお気をつけて。これらは、~以外に、~を除いて、という意味の単語です!

例を挙げます。

I can’t do that without you.  (君なしじゃできない=君がいればできる)

I know nothing except that. (それ以外は知らない=それは知っている)

 最後に同じような文で、それぞれ二つの口語文の意味の違いをなんとなく感じ取ってください(笑)。

 I knew nothing but it. (私はそれしか知らなかった。)

 I didn’t know nothing. (私は何一つ知らなかった。)

 まとめ

 二重否定が否定か肯定になるか、

何となくのイメージは掴んでいただけたでしょうか。

繰り返しになりますが、

基本的には肯定の意味で使われます。

何か二重否定で違和感を感じたときは、

もしかしたら否定の意味で使われている可能性がありますね。

いずれにしても、

「二重否定は基本的に肯定の意味になるけど、否定のパターンもたまにある」

って知っておくことで、フォーマル、カジュアル、どちらの英語に触れていても、冷静に対処できる、ってことですね!

こういう豆知識、みたいなのが増えていくと、ホントの 英語力 みたいなのが付くと思いますし、

たまーに出る 二重否定で、否定の意味が出てくると、珍しくて逆に覚えやすくなったりします。

そういった “珍しさ” とかの興味とか使って英語を学習していくことが、めちゃくちゃ大切だったりします。

話がそれてますがw

私はその気持ちを大事にして、英語を学んできて英語力を伸ばしています。

そしてゆくゆくはネイティブを超えますw

小さなことでも積み重ねて、着実に少しずつ英語を学んでいきましょう!

ということで、今回はこの辺で!

英語に関すること、この二重否定はどういう意味?などなど、

質問を常に受け付けておりますので、気軽にご連絡くださいー!

必ず返信しております! rimo.of.toeic@gmail.com

筆者(リモ)のプロフィール

生まれも育ちも北海道の 20 代後半。独学、留学なしで 2019年 3月 TOEIC 965。


高校 2 年の時に見た海外ドラマに魅了され、学校の授業と海外ドラマの両方を使い積極的に英語を学び始めました。

大学のときに TOEIC スコアを630 → 815、社会人になってから 965 まで上げ、その経験を活かして指導をしたり、英語を使って仕事をしたりしています。


TOEIC 学習も間違いなく必要ですが、興味あるもの (海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube など) から学んだほうが覚えやすいです。


○興味あるものから学び続けた経験
○TOEIC に特化した学習、指導経験


これらを通して得た、気づき、学びを、TOEIC 学習者向けにシェアしております。


「目標を達成したい」「スコアの停滞を打破したい」「TOEIC 学習を継続させたい」「一から学習しなおしたい」


そんな人の背中を一人でも多く押しております。

当サイトについては こちら から。

+α で TOEIC スコアを上げる LINE @ 運営中!

「1人で 目標スコアを取りたい」
「TOEIC スコアと英語力 を同時につけていきたい」
「興味あるモノから学んで、英語力を上げたい」

スコア目的だけの機械的な勉強では面白くない、興味あるモノを絡めて学びたい人が集まるコミュニティ (LINE @) を運営してます。

・TOEIC スコアと英語力を同時に上げる
・興味あるモノから継続的に学んでいく

をテーマにしています。

スコアを上げるだけでなく英語力を底上げするために、LINE @ ではより実践的な内容をお伝えします。

現在、TOEIC 指導をしている私が教えていることを詰め込んだ、TOEIC スコアを上げることに特化したレポートをプレゼント中です。

3万字超えのレポートとなっていますので、読みごたえは十分あると思います(笑)。

TOEIC スコアを少しでも上げたい人にとって、有益な情報になっていますので、是非お読みください。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です