時間足りない!は勘違い?知っているだけで 50 点上がるTOEIC の時間配分!

どーも、TOEIC965 のリモです。

今回は TOEIC で誰しもが経験のある、

「時間足りない!!!」

に対しての正しい理解と、実際の解き方まで掘り下げてお伝えしていきます。

今回の記事内容を知っている、それだけで全レベルの人のスコアが50 点は上がると思っています。

簡単にスコアに差が出るけど、非常に重要な考え方です。

今回お伝えすることを知っていることで、少なくとも TOEIC 本番で目の前の問題に集中出来るようになるはずです。

では、さっそくお伝えしていきますね!

正しい TOEIC の時間配分とは?

TOEIC の特にReading セクションでは、シビアな時間配分が求められます。

今回は、時間が足りない!に対する答え的なものをお伝えしていきますが、

そのためには、Part5,6,7 に対して、どのように時間を使っていくかが大切になっていきます。

なぜなら、時間の配分を間違って、解ける問題に時間を使えず、解けない問題に時間を使うということを減らせるからです。

 

重要なのでもう一度言いますが、

解ける問題に時間を使えず、解けない問題に時間を使う。
これを極力避けつつ、

 

解ける問題に時間をじっくり使い、解けない問題は適当に塗り絵(勘でマーク)する。
これが非常に大切です。

 

TOEIC 本番でコスパよく問題を解くためには、無駄なことをせずに効率よく問題を解いていかなければいけませんよね。

目標としているスコアによって取り組み方は変わってきますが、いずれにしても、時間を使うところ、使わないところを考えなきゃいけません。

私も、TOEIC 600 点台から始まり、TOEIC 965 を取ったときも時間配分は意識してきました。

そして、TOEIC 指導するときも、しっかりと時間の使い方も指導します。

なぜならスコアに直結するし、私も本人も 1 問でも多く正解したいからです。

当たり前ですよね(笑)。

 

では、具体的な話の前に、重要な前提についてお伝えさせてもらいます。

圧倒的に時間が足りないのは当たり前

TOEIC のリーディングセクションでは、Part5,6,7 で、合計 100 問解きます。

100 問を 75 分間で解かなければいけないので、1問に1分かけていたら、75 問しか解けないので、100 問に間に合いませんよね。

1 分ってちょっと考えてたらあっという間ですので、TOEIC のリーディングセクションがどれだけ時間がないかわかると思います。

まあ、実際に解いたことがある人は痛いほど時間のなさを痛感していると思いますがw

もちろん私も、時間がもう少しあれば… と思ったことはあります。

 

ただ、時間は確かに足りないんですが、目標とするスコアによって、全て解く必要はありません。

この視点を持てるかどうかが大切で、最初から全部解こうとする必要はないんです。

全部解こう!と思っている人は少ないと思いますが、きっとあなたが思うよりも、もっと塗り絵しても大丈夫です。

 

昔にはなりますが、私がTOEIC 720 のときも、25問前後は 塗り絵しました。

25問塗り絵して、全部間違っても、1問5点と換算すると、125 点減るだけです。

解いた問題を全問正解するのは簡単じゃないですが、シンプルに考えて全部あってたとしたら、75問は解けたことになり、

75 x 5 = 375 点になります。

しかも、TOEIC はマークシートですので、適当にマークした25問でも、いくつかは正解するでしょう。

そう考えると 400 点弱取ることがReadingセクションで可能なのです。

25 問塗り絵しても、400 点取ることは不可能じゃないです。

 

塗り絵しても全然いいのです。だって、圧倒的に時間が足りないんだから。

時間が足りないから全てを急いで解こうとするのは間違いで、

時間が足りないから、捨てるものは捨てて、解ける問題に時間を使う。

 

この視点が非常に大切です。

先ほどは25問の塗り絵でしたが、目標とする Reading のスコアによっては、もっと多く塗り絵してもいいんです。

 

50 問解いて、1問も間違えなければ、それだけで 250 点なんです。
60 問解いて、1問も間違えなければ、それだけで 300 点なんです。

 

ただ、ここで大切なのが、1問も間違えなければ、というところですね。

TOEICでは膨大な問題数ゆえに、なんとなく多くの問題を解く、ということをやりがちです。

けど、何となく解いても、最終的に間違えてはスコアに結びつきません。

ですので、自力で解ける問題にしっかりと時間を使いましょう。

では、具体的にどのような時間感覚でやるべきか、ということをお伝えしていきますね。

50 点あげる本番の時間の使い方

まず、基本方針としては、

解ける問題に時間を使い、
解けない問題には時間を使わない、

これに尽きます。

 

これをどのように実践していくかというと、以下のようになります。

Part 5, 6 の語彙問題は、わからなければすぐ塗り絵。
Part 7 は、1つのパッセージ(文章) の最初の数行を読んで全く内容がつかめなかったら、そのパッセージ全て飛ばす。

それぞれ、例を挙げたいと思います。

 

Part 5 の語彙問題

下記のような問題が、語彙問題です。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2 p44 より引用

A~Dまでが同じ品詞であり、純粋にどれが意味として適切か、を問うてきている問題です。

これは、もう知っているか知らないか、それ以上でも以下でもない問題です。

厳しいようですが、すぐに出来ないと判断し、その場で塗り絵をして、気持ちを切り替えて次の問題に進みましょう。

考えようによっては、接頭語とかから推測して考えることも不可能ではありませんが、私はおススメしません。

意味が思い出せない単語に、いくら時間を使っても意味が浮かんでくることはありませんよね?(笑)

 

また、思い出せそうで思い出せない、、、みたいな状態も、

思い出せない = 覚えてない

と判断し、次の問題に進んでください。

何度も言いますが、解けない問題に時間を使うのは非効率ですからね。

Part 6 でも、語彙問題が出ることがありますので、そこも同様に考えましょう。

 

Part7 のパッセージ

 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2 p56 より引用

上記は例ではありますが、Part 7 のパッセージは読みやすいものと読みにくいものがあります。

人によって好みが分かれるところでもありますが、上記のアーティクル文 (記事文)は、比較的人気がないものです(笑)。

先ほども書きましたが、冒頭の 2 センテンスくらい読んでわからなければ、次のパッセージに進んでください。

すぐに塗り絵をするかは悩みどころですが、基本的に塗り絵せずに次のパッセージに進みましょう。

場合によっては飛ばしすぎて、時間が余る、なんてこともあり得なくはないので…(汗

Part7 は、最初4,5くらいのパッセージは比較的簡単です。(場合によっては難しいものもありますが、稀です。)

 

ですので、Part 7 の最初のほうの問題は比較的時間をかけてもいいと思います。

正解できるものはしっかりと正解しておきたいところですので、時間をかけずに間違ってしまわないように気を付けましょう。

 

Part 7 おまけ

 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2 p67 より引用

最後に、おまけ程度の情報です。

最後のほう、時間が無くなりそうになったら、このような”言い換え”問題を解きましょう。

語彙が少しあれば、考えられそうな問題があったりします。

なぜこの問題を解くべきかというと、文章の前後関係が分からずとも意味が分かれば答えられるケースがあるからです。

もちろん、選択肢のどれも当てはまりそうで、文章の前後関係の意味に合わせて答えるものもありますが、それでもそこまで時間はかかりません。

ですので、最後少し時間が余った際には、取り組んでみることをお勧めします。

 

時間配分の注意点

あ、ちなみに、Part 5,6 の解ける問題に、時間を使いすぎるのは NG です。

Part 7 にも言えることですが、時間の使い過ぎには注意です。

この境界線を作るのが難しいところではあるのですが、読むときはしっかりと読んでください。

けど、3 回同じ文を読んでわからなければ、問答無用で飛ばしたほうがいいです。

3回読んでわからなければ、それ以上読んでもわからない可能性が圧倒的に高いからですね。

これは、いくら”わかりそう” でも、3回読んでわからなければ、絶対に飛ばす、という強い意識をもってやらないと、4,5回と読んでしまったりします。

わかりそう、というのは罠で、そこで時間を使うと、後半部分にある解ける問題に時間を使えなくなってしまいます。

 

まとめ

いろいろとお伝えしましたが、大切なのは以下です。

解ける問題に時間をじっくり使い、解けない問題は適当に塗り絵(勘でマーク)する。

切り捨てるときは、バサッと切り捨ててください。

これは、同じものを 3 回読んで次に行く時も同じです。

おそらく、このときに

「もう少しでわかるかもしれない…」

と心理的抵抗を感じる人が多いと思いますが、それでも飛ばしたほうがいいです。

なぜなら、その先に時間をかければ確実に解けるものがあるかもしれないからです。

飛ばした後で、もし時間に余裕ができたら戻ればいい、そう考えたほうが結果的にスコアは上がります。

解ける問題に時間をじっくり使い、解けない問題は適当に塗り絵(勘でマーク)する。

これを意識して、是非とも TOEIC 本番に取り組んでほしいと思います。

これを知っているだけで、確実にスコアは上がりますので。

では、今回はこの辺で!

P.S

時間配分も大切ですが、何より大切なのはTOEIC対策の英語学習だと思っています!

時間配分に加えて堅実に英語学習をすることで、さらにスコアは向上していきますので、下記の記事もよろしければどうぞ!

30 日で TOEIC のスコアを 100 点アップする音読のやり方を解説!

TOEIC を一気に上達させるには TOEIC と学習法を “正しく” 知ろう!

P.S.S

TOEICに関する質問がもしあれば、私に相談してみませんか?

TOEIC 指導をしている人から無料で意見が聞けると思ったら、使っても決して損ではないはずです。

今のところ、100 % 返信してます。

連絡はこちらまで!

rimo.of.toeic@gmail.com

筆者(リモ)のプロフィール

生まれも育ちも北海道の 20 代後半。独学、留学なしで 2019年 3月 TOEIC 965。


高校 2 年の時に見た海外ドラマに魅了され、学校の授業と海外ドラマの両方を使い積極的に英語を学び始めました。

大学のときに TOEIC スコアを630 → 815、社会人になってから 965 まで上げ、その経験を活かして指導をしたり、英語を使って仕事をしたりしています。


TOEIC 学習も間違いなく必要ですが、興味あるもの (海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube など) から学んだほうが覚えやすいです。


○興味あるものから学び続けた経験
○TOEIC に特化した学習、指導経験


これらを通して得た、気づき、学びを、TOEIC 学習者向けにシェアしております。


「目標を達成したい」「スコアの停滞を打破したい」「TOEIC 学習を継続させたい」「一から学習しなおしたい」


そんな人の背中を一人でも多く押しております。

当サイトについては こちら から。

+α で TOEIC スコアを上げる LINE @ 運営中!

「1人で 目標スコアを取りたい」
「TOEIC スコアと英語力 を同時につけていきたい」
「興味あるモノから学んで、英語力を上げたい」

スコア目的だけの機械的な勉強では面白くない、興味あるモノを絡めて学びたい人が集まるコミュニティ (LINE @) を運営してます。

・TOEIC スコアと英語力を同時に上げる
・興味あるモノから継続的に学んでいく

をテーマにしています。

スコアを上げるだけでなく英語力を底上げするために、LINE @ ではより実践的な内容をお伝えします。

現在、TOEIC 指導をしている私が教えていることを詰め込んだ、TOEIC スコアを上げることに特化したレポートをプレゼント中です。

3万字超えのレポートとなっていますので、読みごたえは十分あると思います(笑)。

TOEIC スコアを少しでも上げたい人にとって、有益な情報になっていますので、是非お読みください。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です