Part5 語彙問題対策!解き方で TOEIC で 50 点上げる

こんにちは、リモです。今回は

 

「Part5 の語彙問題の解き方が知りたい!」

 

という方に向けて、スコアに直接繋がる話をしていきます。

Part5 は時間をかけずにしっかりと正答することが求められます。

もちろん、問題によっては設問全体を見る必要がありますが、5 秒とかからずに解ける問題があるのも事実です。

 

Part 5 の解き方は、初級者、中級者、上級者問わず求められますので、最初のうちに解き方を理解しておきましょう。

ではでは、本題に入ってまいります。

 

ちなみに、タイトルの通り、この記事を読んで実践するだけでリーディングスコアが 50 点以上上がるように書いております。

 

本文にも関わりますが、”解けない問題に時間を使わず”に ”解ける問題に時間を使う” 解き方をするからですね。

詳しく本文で解説していきますので、是非最後までお読みいただけると嬉しいです。

最低限の語彙力は必要

 

元も子もない話になりますが、語彙問題は語彙力がないと解けません。

語彙を問われているわけですから当たり前かもしれませんね(笑)。

もちろん、後に解き方についても解説していますが、前提として最低限の語彙力は必要になります。

 

ですので、初級者の方にお勧めなのは、銀フレという単語帳をやりきることです。

 

詳しいやり方について、以下の記事で解説していますので、語彙力向上のために参考にしてみてください。

銀フレの使い方を徹底解説!初めての TOEIC 対策には必須!

銀フレの使い方を徹底解説!初めての TOEIC 対策におススメ

2019年6月9日

 

ですので、ここからは、最低限の語彙がある前提で話を続けていきます。

 

ちなみに、Part 5 の語彙問題に限った話ではありませんが、TOEIC 全体として、難しい問題に時間を使うべきではありません。

繰り返しになりますが、TOEIC のリーディングはタイムマネジメントが非常に重要です。

 

”解けない問題に時間を使わず” に ”解ける問題に時間を使う”ためですね。

 

TOEIC のリーディングセクションは、75 分間で100問解くように設定されています。

TOEIC 900 点ほどのスコアの人でも、時間が足りず塗りつぶすこともあります。

実際私も、TOEIC 900を一番最初に超えたときは、5問くらい塗りつぶしましたからね。

 

ですので、初級者の方は100問全部解ける必要は全くりません。

しかしながら、解ける問題は確実に解いていく必要があります。

時間が圧倒的に足りませんので、時間を賢く使っていくことでスコアアップにつながります。

 

繰り返しますが、考えてもわからない問題に時間を使うのはもったいないですので、早めに見切りましょう。

 

正答するために文全体を読む

 

語彙問題は、文法問題と違い、空所前後を読むだけでは解くことが出来ないパターンがほとんどです。

たまに、コロケーション(熟語)で覚えたものがそのまま答えられる語彙問題もあります。

しかしながら、基本的には語彙問題は設問の文すべてを読みましょう。

 

設問文の意味を理解した上で、選択肢から選んでいきますが、注意点があります。

設問文の前に選択肢を見極める

結論から言いますと、一番最初に見るべきは4 つの選択肢です。

これは、Part 5 の語彙問題では徹底すべきことだと思っています。

 

なぜなら、設問文が理解できたとしても、4 つの選択肢がわからなければ正答を選ぶことは出来ないからです。

こうなってしまうと、設問文を理解する時間が無駄になってしまいます。

ですので、語彙問題で一番最初に見るべきところは、4 つの選択肢です。

 

この 4 つの選択肢を先に見て、選択肢の理解度次第で、その問題へのアクションは変わってきます。

では、具体的な解き方について以下に説明していきます。

 

解くときには以下の順序が基本になります。

1. 選択肢を見る
2. 理解できそうか判断する(下記理解度合を参照)

3-1. 解くと判断した場合は、設問文を読む
3-2. 時間内に読み、時間が来た段階で正答と思うものをマークする

*3-1. 解けないと判断した場合は、適当にマークする

そして、解いている中で、4 つの選択肢を見ても理解できない単語が出てくることもあるでしょう。

ですので、下の条件を目安に、時間配分を考えてみてください。

 

  • 0/4、1/4 わかる(ほとんどわからない)

すぐに勘を使ってマークシートを塗りつぶしましょう。時間をかけずに解いて、他の問題に時間を使うべきです。

 

  • 2/4、3/4 わかる(まあまあわかる)

20 秒程度その問題に使い正答を考え、15秒以上はやめましょう。

 

  • 4/4 わかる (すべてわかる)

40 秒まで使い(TOEIC 600 を目指すなら 30秒)、それ以上かかるならその段階の最善解を選びましょう。

 

一度時間を使い始めると、「もうちょっとだけ…」と時間を使ってしまう可能性があります。

しかし、決めた時間以上考えるのは、時間を有効に使っているとは言えません。

時間を節約し、Part 7 に時間を使ったほうが得策です。

 

このような説明は生徒さんにもよくしますが、実際は30 秒と思っていても、どうしても 40秒くらい時間を使ってしまうことがあるようです。

結果として、全体のスコアを下げる直接的な要因になり得ますので、自分に厳しく行きましょう。

 

全体的に見れば必ずやスコアが上がるはずですので、自分に課したルールは試験中だけは順守してみてください。

 

ちなみに、初級者~中級者の方は、後半の問題は時間をかける必要はないかもしれません。

なぜなら、後半の問題である 121 ~ 130 の問題は 101 ~ 120よりも難しい傾向があるからです。

もちろん、121 ~ 130 の問題の中で、5秒くらいで答えられる問題もありますので、あくまで傾向と言うことで意識してください。

 

例外もありますが、後半になるにつれて基本的に難しくなりますので、解けないと判断したらすぐに塗りつぶしましょう。

 

ニュアンスが似ている選択肢は間違いの可能性有

補足的な説明ですが、語彙問題では、選択肢の内容のニュアンスが似ているものをひっかけとして選択肢に登場することがあります。

以下の問題をご覧ください。(私が作ったものです)

 

Q. Residents almost agreed on the municipal plan about (~~~) of a railroad.

A. expansion
B. transportation
C. tradition
D. subscription

 

上記のように、空欄の前後だけを訳せたとすると、

 

Q. 住民のほとんどは、鉄道の (~~~) についての市の計画に同意した。

resident = 住民
agree on ~ = ~ に同意する
municipal = 市の
railroad = 鉄道

 

鉄道という言葉があるから、「移送、輸送」って意味の transportation っぽいと判断しがちなんですが、これはひっかけ問題です。

順当に意味がわかっていれば、expansion (拡大、拡充)という言葉を選んだ方が、文の意味が通りやすくなります。

 

答えは、A になり、文全体の意味は

住民は、市の鉄道の拡大計画について賛成した。

となります。ちなみに

A. expansion (拡大、拡充)
B. transportation (移送、輸送)
C. tradition (伝統)
D. subscription (定期購読)

です。

 

なお、このようなひっかけ問題はListening にもありますので、TOEIC は一部こういう性質があると思ったほうがいいかもしれません。

 

ちなみに最近では、ひっかけに見せかけて正解パターンもあったりします(笑)。

やはり、テクニックに頼るには限界があり、TOEIC では英語力が求められているに違いありません。

まとめ

 

最低限の語彙力がある状態で、TOEIC のリーディングのスコアを上げるための Part5 の解き方についてお伝えしてきました。

  • 最低限の語彙力は必要。
  • 文全体を読む必要有。(熟語は除く)
  • Part5 の 語彙問題の 解き方
  • ニュアンスが似ている選択肢は間違いの可能性有

 

純粋な英語力が TOEIC では求められてきていますので、しっかりと実力をつけていきましょう。

 

ちなみに、語彙の最低限として銀フレを紹介しましたが、私は海外ドラマなどでも語彙をつけていきました。

最初にある程度の知識をつけるのにも銀フレはオススメですが、それが実際に使われてるのを見て楽しむことで、記憶に残りやすくなります。

 

是非とも、息抜き程度になるかもしれませんが、YouTube や洋楽、洋画、海外ドラマの視聴もTOEICのために考えてみてくださいー!

では、今回はこの辺で!

P.S

Part 5 の文法問題や、Part 6 の問題の解き方についてもお伝えしていますので、是非下記の記事を参照していただけたらと思います!

TOEIC の Part5 の文法問題を解く前に読んでおくべき話

TOEIC の Part5 の文法問題を解く前に読んでおくべき話

2019年9月7日

Part6 で意識するのは1つ。TOEIC700以下のためのコツ

Part6 で意識するのは1つ。TOEIC700以下のためのコツ

2019年9月12日

筆者(リモ)のプロフィール

リモ。
高校2年のときに海外ドラマにドハマりし、英語に前のめりになる。
独学、留学なしで TOEIC 965。
企業相手に TOEIC 指導経験有。
 
・スコアが上がらない
・TOEIC は難しい
・今更勉強しても、、、
 
TOEIC でスコアが伸びずに、同じ場所から動けないのは、
 
自分で勝手に設定した “思い込み”“枠” の中にいることが根本原因
 
と気付く。そして、その “思い込み”“枠” から抜け出すためには、
“好奇心”“興味” という自分主体の原動力をもとに行動することが
 
・”やらされ感” から “知りたい” へ
・圧倒的なモチベーションの持続
・クリエイティブも発動して効率 UP
 
につながる。

そこから自分の経験と考えをもとに、
 
【興味も交え  TOEIC の停滞感を壊しスコアを大きく上げる】
 
ために、1人でも多くの人に価値を届けるべく活動中。
 
理念についてはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です