英語の母音[iː]と[i]は、似て非なるもの!

[iː]と[i]

 eatとitの発音の違いを、伸ばすか伸ばさないかくらいで考えていないでしょうか?

 itとeatは、前者が[iː]で、後者が[i]です。itの[i]は、日本語の「イ」と実はちょっと違う発音ですので、今回を機に違いをクリアにしましょう。

 [iː]と[i], [iː]は「イー」と考えよう。

 最初に、日本人の感覚としては伸ばす音として考えられる[iː]。

 これは単純に「イー」と伸ばしてしまっていいと思います。この時の口の開き方は、あまり開かないほうがベターです。

 keep, cheap, deep, east, eat, easyなどなど。

 単純に「日本語の「イー」で良いんだ!」と考えてほしくはないのですが、9割はそう言ったイメージでいいでしょう。こういったカタカナ表記につきましては、以下の記事も良ければご覧ください。

 当サイトのカタカナ表記について

 [i]は、イとエの中間の音と書いている書籍などもありましたが、75%は「イ」です。残りの25%は「エ」の音を加える気持ちです。(辞書等によっては、[i]ではなく[I]と表記する場合もあります)

 [i]の発音も、非常によく使う母音と言えるでしょう。さきほどの[iː](イー)よりも、口は開くイメージで発音するといいです。

 it,is,this,bit,in,if,などなど。 日常会話でもよく使われる単語が多いですね。

 違いについては、Youtubeの動画でも紹介しているので、そちらも参考にしていただけると幸いです。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です