英語力とTOEICスコアは必ずしも比例しない。TOEIC700を例に

toeic700 英語力

一口にTOEIC700と言っても、いろんな英語力があると思います。

英語がペラペラな外国人でも、仮に字が読めなかったらListeningは高得点でReadingは低いスコアになるでしょう。

私自身の体験や友人の話を踏まえて、どのTOEIC700を目指すべきかを書いていきますので、参考にしてみてください。

 TOEICに特化したTOEIC700

このレベルならば、中学生レベルの知識+リスニング力があれば、TOEIC700は取れると考えています。以前の中学英語が完璧ならTOEIC600でも不思議ではない の記事を参照してみてください。

個人的にTOEIC700は、一度TOEICに特化して取得してしまうべきだと考えています。

TOEIC700が取れるということは、一定の文法力、リスニング力、単語力が身に着いているはずです。(TOEICに特化すると、どれも「ある程度」で取れるのが現実だと思います。)

それでも、基礎が身に着き始めるので、そこから更に確実な基礎力を身に着けアウトプットを重ねることで、スムーズな英会話やTOEIC900の土台はできます。

私が目指してほしいのはこのレベルです。スコアの内訳としては

Listening 400

Reading 300

Total 700

です。このレベルならそれほど難しくないはずです。

中学英語が出来ていればと書きましたが、中学英語が95%以上のレベルで理解できていることが前提です。案外、出来ていると思っていて文法に穴がある人は多いと思います。

 ふらっと受けたTOEIC700

完全な英語力のみで勝負し、TOEIC700を取れる人は基礎力が身に着いていると思っていいでしょう。ここからTOEICに特化した勉強を始めればすぐに800以上のスコアを取れるはずです。

TOEIC900になると、少し時間が必要な気もします。仮にふらっと受けてTOEIC900を超える人は文句なしの英語レベルでしょう。

私はこのレベルから始まったと思います。1度目のTOEICは640で、2度目受けたときは720でした。

このときはTOEIC対策はほとんどしていませんでした。単語帳のDUOをやって、海外ドラマを見ていたくらいです。

1,2回模試もやりましたが、大した復習もせずに自分のスコアがどのくらいか確認するためだけに受けたようなものです。

これは反面教師にしてください。模試を解いたら必ず復習をしましょう。復習をしないと意味がありません。

 Listeningに特化したTOEIC700

リスニングに特化したTOEIC700が最も取りやすいように感じます。さきほどのTOEICに特化した700と似ています。

TOEICで高得点を目指すならば、まずはリスニングでハイスコアを取れるようにすべきです。なぜならReadingよりもListeningのほうが簡単だからです。

私は常にListeningのほうがスコアが高かったです。ListeningとReadingのスコアの差が100近くあるときもありました。

これは単純に私が英語を耳で聞くことが多かったかもしれません。海外ドラマや洋楽を聞いていたのが理由です。何度も言いますが、漫然と聞き流すのではなく、英語字幕や歌詞をみて楽しんでいました。(常に英語字幕、歌詞を見るというわけではありませんよ^^

完全に受け身になってしまっては効果は薄いですが、少しの意識でリスニングは伸びます。同じ音声を多く聴くことで、英文に耳が慣れるだけでなく、英文そのものに対して脳がより活発に動きます。

Listeningが上がればReadingの点数も上がります。これは間違いないです。

日本人でListening450取れて、Readingが300を切る人はほとんどいないと思います。

 Readingに特化したTOEIC700

正直あまりReadingの点数が高い人は多くありません。理由は先に書いた通り、Listeningのほうが易しいからです。

私の友人にReadingのほうが点数が高い人がいました。彼は理系の大学院生で、英語の論文をたくさん読んでいました。詳しくは聞いていませんが、英語の音声に触れる時間は少なかったはずです。友人は多忙なイメージがありました。

その彼が何となくTOEICを受けたら「Readingは400はいくけどListeningはあまり取れない」と言っていました。

言うまでもないですが、彼は英語のReadingに普段から接しているので、Readingの点数が上がったのです。

ここで覚えてほしいのはReadingの点数が上がっても、それほどListeningの点数は上がらないことです。

全く上がらない訳ではありません。先の理屈で、Readingであっても脳は英文自体に慣れるので、耳から英語が入ってきても、同じように英語を処理すれば、理解できる幅は広がるはずです。

なぜReadingのスコアが上がってもListeningのスコアがそれほど上がらないかと言うと、純粋に聞き取れていないからです。

リスニング力は、いくら文字を読んでも鍛えられません。

単語がわからないことを除けば、読めるものは頭で音声に出来ます。しかし、リスニング力がないと、英語の音声を聞いてそれを文字にする(理解する)のは難しいのです。これは発音の基礎的な部分(LとRの違いやリエゾン)が身体で分かっていなかったり、英語を聞く習慣がないのが理由でしょう。

 伝えたいこと

これを更に細分化すると、Part毎の得意不得意などがあるでしょうが、本筋とは関係ないので割愛させてもらいます。

途中で紹介したReadingのほうが点数が高い知人ですが、彼のほうが私よりも語彙力があるのではないかと思います。私がただTOEICに特化した勉強をし900を超えましたが、彼が集中すれば早い段階でTOEIC900を超えるはずです。

また私よりも英語がペラペラの人がTOEICを受けてもTOEIC900を超えない可能性は十分にあります。それはTOEICが決められた時間で、大量の情報を正しく読み取る試験だからです。

これは事前の訓練により鍛えることができますが、自分から英語を話すこと(スピーキング力)とはほとんど関係がありません。

すので、TOEIC900と言っても様々ですしTOEIC700でもいろんな人がいます。英語力はスピーキングやライティングも含まれますが、TOEICでは無関係です。

当たり前のことを書きましたが、この点を忘れるべきではないでしょう。「TOEICは所詮TOEICなんだ」と考えて集中することが大切です。

繰り返しますが、TOEICを勉強することで基礎力が身に着きます。ですので、TOEICをきっかけに英語基礎力をつけるべきです。定期的に開催されスコアが出て、客観的に自分のレベルを知れるのはモチベーションにつながります。

私が言いたいことは、初心者はリスニングに特化したTOEIC700を目指すべき、ということです。

理由は労力が少ない最短ルートであるし、その後につなげやすいからです。

一度リスニングが得意になれば、多聴で多読が出来ると私は考えています。これについては、次の記事で言及させてもらいます。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です