TOEIC925取れたのは「集中」を繰り返したから。一点突破の大切さ

集中

あなたは自身のTOEIC学習に集中できているでしょうか?

色々な情報に惑わされ、あれもこれもと手を付けてしまうと、どれも結局達成できずに終わってしまいます。

私がTOEICで925を獲得できたのは「集中」を上手く使えたことが原因と考えています。

これはTOEIC700を取る上でも当てはまる部分が大いにありますので、是非参考にしてください。

DUOに集中

私が高校生の時はDUOを使って大学受験対策をしていました。

文法の知識は学校の授業のみです。と言っても、しっかりと集中して授業に取り組んではいました。

あとは、単語力をひたすらつけるためにDUOを何度も復習しました。冗談抜きに100回以上復習したと思います。

と言っても、1回にかかる復習時間は1時間以内でした。詳しいDUOの使い方は、

英単語帳のDUOの使い方!大学受験もTOEICも!

をご覧ください。

DUOのみに集中したのです。

結果的に、センター試験での英語の点数は9割を超えました。

長文の参考書や文法の参考書をやることもありませんでした。

海外ドラマに集中

私の英語遍歴を語りながら、何に集中してきたかをご紹介したいと思います。

正直、圧倒的な時間を私は海外ドラマに費やしました。好きなドラマなら5回以上見たものもあります。

Prison Break, LOST, Super Natural,24,HEROES,CHUCK,Revenge,Glee,Dr House,Walking Dead…etc

視聴に費やした時間は3000時間以上です。結果としては良かったかもしれませんが、英語の伸びだけを考えると効率は悪いでしょう。

しかし、ここで言いたいのは英語に対して圧倒的な耐性が付いたことです。

ただ受け流しで聞くことが序盤は多かったですが、ここ3,4年は英語字幕や字幕なしで聞いたり、日本語字幕でも英語での発言に注意しながら聞いたりしています。

同じ海外ドラマを3回以上見たり、洋楽の歌詞動画を見て歌詞を覚えたりしました。海外ドラマの1回目は日本語字幕で見てから、2回目以降は英語字幕で見ることもありました。

漫然と娯楽として消費していたわけではない点に注意してください。

非常に多くの英文に触れて、それを理解しようとしていた点が、海外ドラマで学べたことです。

今も海外ドラマは見ていますが、間違いなく私の英語力を底上げしてくれましたね。

発音に集中

海外旅行に行って、発音とスピーキングに絶望したので、発音の練習も意識するようになりました。

LとRの違い、thの発音など、意識しました。留学生との友達と交流することも増えて、そのときのスピーキングの際も発音を意識していました。

本や教材などでも学びました。加えて、娯楽として海外ドラマを視聴し、登場キャラクターのように発音出来たらカッコいいと思い、セリフを真似ることもありましたね。

このときに、登場人物を同じ発音をするように意識していました。一見効果が無いように思えますが、理想を描いてから努力することには確実に効果があります。

この過程でリスニング力はかなりついたはずです。

もちろんこのときはTOEICなんて考えていいませんでした。

純粋に

もっと自然な発音に近づけたい!

という気持ちだけでした。純粋な気持ちゆえに、集中できていたんでしょう。

TOEICリーディングに集中

TOEICを受験することになり、リーディングのスコアを伸ばそうと決意しました。

Partごとの対策が必要だったので、複数の参考書を購入しました。

単語帳、問題集、Partごとの参考書など

しかし、購入したもの中でも、Listeningの問題があってもそれを解かずにひたすらReadingの問題を解いていました。そしてReadingの問題を復習しました。

1か月半から2か月ほどは、スキマ時間を含めると平均して2時間以上毎日TOEICリーディング対策の勉強。

また複数の参考書と言いましたが、全ての問題集のReading問題の答えを、理由を含めて学習しました。決して解きっぱなしはしません。復習を繰り返し、苦手を極力減らしました。

これらは全てTOEICのReadingセクションで結果を出すためです。

Readingで結果を出すために、「集中」して学習したのです。

この際、リスニング自体の対策はしませんでした。(耳で聞いてリーディング対策をしたので、全くリスニングしていない訳ではありません。けれどもこれも、リーディングに集中するための手段に過ぎません。

このように対策することで、英文を読む速度も上がり、正確に内容を理解できるようになりました。

TOEICに集中

TOEIC試験の5日前からは、頭をTOEIC試験に特化させるべき、毎日2時間、時間を計って問題を解きました。この時の問題は一度も解いたことがない問題です。

TOEIC公式問題集のリスニング問題をここで初めて聞きました。これも、本番と同じ音声に慣れることが出来て良かったですね。

時間配分や、問題の流れを覚えるべく、TOEIC試験に備えました。

このときの予想スコアなどで、4/5で予想スコアが900を超えていましたので、自信にも繋がりました。

おかげで試験当日は良いパフォーマンスを発揮でき、TOEIC925を獲得できました。

 手を拡げすぎていませんか?

以上が、私が「集中」を繰り返してTOEIC925を書くとき出来た理由です。順調にTOEIC900を超えられたかのように書きましたが、実際は壁にぶつかったこともあります。

【第4回】勉強するも、ダラけてTOEIC840【TOEIC900超えまで】

しかし、振り返ってみると「集中して学んだ時期があれば、それが結果に繋がっていたな」と今では理解できます。

やることを増やすのは簡単なことです。

しかし、やらないことをハッキリさせるほうが、生産性や効率を上げる手段のはずです。

あなたの現段階での学習を振り返ってみましょう。色んな事に手を出して、中途半端な状態に気が付かないうちになっているかもしれません。

やることを絞って一点突破し、今までとは違う結果を出しましょう。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です