どうにかTOEICで短期間でスコアアップをする方法

「短い期間で少しでもTOEICの点数を上げたい!」

試験を受けると決まって、時間がない人は誰しもが短い期間で点数を上げることを望むはずです。

個人的に小手先のテクニックは推奨していないのですが、その先に活かせるやり方であるなら学習に取り入れるべきだと思います。

今回は「TOEIC700を超えたい!」という人に向けての記事になります。それ以上だと、短期間でスコアを伸ばすのは難しくなってくるでしょう。

では、具体的な方法、やり方を紹介していきます。

 初めに

最初に、私はその場しのぎの小手先のテクニックは推奨していません。

付け焼刃の英語力はすぐにメッキが剥がれてしまいます。それよりも、長く使える英語力を養うべきです。

今回紹介するのは、即戦力にもなりつつ、長期的に見ても英語力が付く方法です。

即戦力と言っても1か月前後は必要ですし、魔法の方法ではありません。王道の方法だと思います。

王道の方法はシンプルですが、楽ではありません。やり遂げる必要があります。

取り組むときは覚悟を決めて、他の方法に浮気せずに「やり込む」ことで結果がついてきます。

では、具体的な方法をお伝えしていきます。

単語を学習するのみ

結論から言ってしまいますと、単語です。

単語を学習しましょう。単語がわかることで話の流れが理解できます。これはListeningでもReadingでも一緒です。どちらでも話の流れを理解する上で単語の知識は必須です。

例えば、

How long is the warranty on it?

という文があったとします。ここでwarrantyの意味が解るかどうかで、この分の前後の理解は全く変わってきます。

warrantyは保証期間という意味します。

これがわかれば、「保証期間だから、何か物を買うのかな?」と予想できます。

しかし、わからければ「何の長さを聞いてるんだろう?」と考えている間に話が進み、リスニングなら終わってしまうでしょう。

リーディングでも何度か読み返し、時間を浪費してしまいます。

単語がわかるかわからないだけで、正解に近づくか遠ざかるが決まります。

この単語を強化することで、TOEICの点数を底上げするのです。

具体的な単語帳と、単語の覚え方は、申し訳ありませんが以前の記事に丸投げさせてもらいます。

金フレの使い方!TOEIC初心者から中級者まで使える!

当サイトでも人気のある記事で、詳しいやり方が載っています。TOEIC対策ならば、間違いなく王道の本です。

TOEIC700ほどを目指すのであれば、買わない手はありません。

今回は上記の記事のやり方に加えて、更に掘り下げた内容を以下にお伝えしていきます。

 意味を暗記する必要はない

単語を学習するとは言いましたが、きっちり暗記する必要はありません。

TOEICでは英語を理解できればいいのです。英語の問題が出てきて英語の答えで答えます。

もっと言えば具体的に理解せずとも、正解に近づくことは出来ます。

英語→日本語

が出来れば正解を導けるはずです。更に詳しく掘り下げます。

 単語にイメージをつける

私は英単語を覚えるときに、その単語にイメージをつけていました。イメージと言っても、複雑なことはしません。

たった2つのイメージです。

  • プラスのイメージ
  • マイナスのイメージ

この2つだけです。たとえば、

sophisticatedは洗練された、という意味なのでプラスのイメージ。

filthyは不潔な、という意味なのでマイナスのイメージ

warrantyは保証期間なのでイメージなしです。

イメージというかレッテル、ラベリングとも言えますね。

これを意識するだけで、私の場合は単語を思い出しやすくなりました。

プラスとマイナスのイメージを持つと、少し感情が動きます。この感情が動くのが大切です。

機械的な単語の暗記でもいいのですが、感情を入れることで頭に入りやすくなります。

sophisticated というアルファベットの塊に対してプラスのレッテルを貼るのです。

もし、His performance was sophisticated.という英文があったとして、仮にsophisticatedの意味が思い出せなくても、プラスのレッテルが貼ってあれば「肯定している文だな」と予想も立てられます。

悪いイメージも同じことが言えます。また、プラスもマイナスのイメージもない場合でも、頭の中の情報に、「プラスでもマイナスでもない単語だったな…」と思い出すことは出来るはずです。

イメージをつけると、思い出す「とっかかり」のようなものが出来るのです。

ここまでの話をまとめます。

イメージをつけることで、

  • 感情が動くから思い出しやすくなる
  • 忘れてしまっても予想が立てやすくなる

というメリットが得られます。単語を見て、個人の感性で構いませんのでプラスかマイナスのレッテルを貼ってみてはどうでしょうか。

最後に

ここまで短期的に英単語をおぼろげにでも頭に入れ、TOEICでスコアアップをする方法を紹介してきました。

やはり単語を覚えることで、確実にスコアアップに繋がります。覚える量に差はあれど、どのレベルでもこれは共通しているでしょう。

単語の知識を増やし、おおよその道筋を想像し、正解を予想しましょう。もちろん正答率が低い問題は外してしまいますが、全体としての正答率は確実に上がります。

ここからが重要ですが、何となくで覚えたあとは、その知識を定着させましょう。

とりあえずのイメージで最初は覚えてもいいでしょう。しかし、ただ覚えて終わってしまっては非常にもったいないです。

そこから単語の意味を覚えるのは、0の状態から覚えるよりもはるかに楽です。

0→1は難しいですが、何となく覚えられている状態ならば、0.4→1と進むことが出来ます。

TOEICはあなたの英語学習の最終地点ではないはずです。TOEICが終わった後にでも、英語→日本語だけでなく、日本語を英語にする作業も入れて、英語のアウトプットを意識した英語学習に取り組んでください。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です