TOEICに発音は関係ない?900超えには絶対あったほうがいいです

toeicと発音

どーも、リモです。

今回は、TOEICテストと発音の関係性について言及していきます。一見関係のないTOEICと発音ですが、高得点(900超え)には、個人的に必須の項目だと考えています。

その理由を、出来るだけ細かくお伝えしたいと思います。

TOEICテストを受験して、900を超えるスコアを取る人は数パーセントです。

この理由は、発音を意識して勉強する人が少ないのも理由の一つとして挙げられるかもしれません。

TOEICは、リスニング力とリーディング力を計るテストです。(TOEIC SWは別ですが)

喋る要素がないのに、なぜ発音が重要なのか。その理由は

  • リスニングに限界が来る

です。

単純に考えて、ListeningとReadingパートでそれぞれ450以上取らないと、900は超えられません。

後述しますが、ReadingよりもListeningのほうがスコアを上げるのは簡単です。

ですから、少なくともListeningで450以上取らないと、900越えは厳しいと思っています。

そして、Listeningで450以上のスコアを取るには、発音を克服することが近道だと信じています。

何故そう思うのか?そういった部分をお伝えしていきます。

 リスニングに限界が来る

予想がしやすいかもしれませんが、はっきり言いましょう。

発音できない音は、聞き取ることが難しいから。

これに尽きます。

予め断っておくと、発音ができなくても、それなり(TOEIC900超え程度)に英語を聞き取ることは可能です。しかし、このレベルまでいくには、相当な量の多聴が必要になります。

毎日2~3時間の英語を1年間聞くレベルでの多聴が必要でしょう。このくらいやらないとリスニングでしっかりと聞き取ることは出来ないと思っています。

しかし、英語の発音を単語単位でなく、リエゾンなどもしっかり理解できるレベルで学ぶと、リスニングが格段に楽になります。

楽になると言うと聞こえはいいですが、そこからリスニングの対策は必要ですよ。けれども、ここで大きく変わるのは、

発音を習得しているかどうかで、リスニング時の学習密度が濃くなるかどうかが決まる

点です。

発音をおろそかにしてリスニングしても、発音のルールがわからずに聞いていくので、自分で法則性などに気が付かなければ、正確に聞き取ることは出来ません。

法則性を経験から導くとなると、恐ろしく時間がかかってしまうでしょう。

そんなことをするくらいなら、発音を一度集中的に学んでしまったほうがはるかに効率的です。初期投資とも言えますね。

 ちなみに私は…

ちなみに私は、発音を鍛える前に鬼のように英語を聞いてリスニング力を上げました。上げた、というよりも上がったのほうが正しいかもしれませんが。

大学在学時にTOEIC815を取った時は、あまり発音を意識した学習をしていませんでした。しかし、それまでに尋常じゃないほどの海外ドラマを視聴しました。

字幕の割合は、日本語字幕と英語字幕半々くらいでしょうか。

そのとき受けた段階の累計の海外ドラマ視聴時間は、1000時間は超えているはずです。

24,Supernatural,Lost,Prison Break,Chuck,…etc

これらの海外ドラマを2,3回視聴しましたからね。

純粋に面白いと思ったのと、テレビもなくて他に見るものもなかったからですね。2回目以降でも十分楽しめました。

これにプラスして、大学受験の時に使っていた英単語帳DUOを受験前に数回音声で聞いたくらいで、Listeningは455取れましたからね。

時間だけ考えると、1000時間も勉強する時間があれば、TOEICで900取ることも十分可能でしょう。勉強する前の英語力に依ります。

あと注意して欲しいのは、

海外ドラマで勉強出来ますよ!

と主張する気もないです。

十分できると思うんですが、短期間でTOEICのようなものでスコアを上げるのには適していません。

長い長い時間をかけて、リスニング力が養われると考えてください。

逆に、趣味の範囲で海外ドラマを楽しめるなら、そこに英語学習要素を見つけましょう。

2回目以降の視聴+英語字幕で、着実に英語力は伸びますよ。あとはどれだけ継続出来るかだと思います。

 

ちょっと話がそれました。発音とリスニングの話しに戻ります。

 なぜ頭打ちになるか?

英語

発音をないがしろにした状態だと、何故リスニングに限界がやってくるのでしょうか。

その理由は英語の発音に慣れると、英語がスムーズに入ってくるからです。

細かく分けると、以下の効用が得られます。

  • 聞き取れる英語の幅が増える
  • 1度に処理できるリスニング量が増える

TOEICで言えば、Part1や2は、比較的に短い英語を聞いて、問題に答えます。

この時に間違ってしまう理由は、聞き取れないからですね。何を言っているか判断出来ないからです。

例えば、

Aren’t you going that party?

と質問されたとき、最初のAren’t youの部分のリエゾンを理解していないと、聞き取りづらいです。聞き取れても、その後の英語がスムーズに頭に入りづらくなります。

脳の中で、「今のは…Aren’t youかな」と考える時間が生まれていましますので。

仮にリエゾンなんて当然理解出来る!って状態だと、考える時間もなく、スーッと自然に聞き取れるようになります。

これが聞き取れる英語の幅が増える、ってことです。

Part3や4になると、リスニングの量も増えます。

どこかで聞き漏らしてしまうと、その後はついていくのが難しくなってしまい、単語レベルで聞き取ることが精一杯になってしまいます。

これでは、高いスコアを取ることは出来ません。

これも、発音をしっかり理解できている状態だと、滞り無く脳に音声が入ってきます。

滞ることがないので、スムーズに理解できます。これが、

1度に処理できるリスニング量が増える

ですね。

 リスニング力とともにリーディング力もUP

TOEICを受ける多くの人は、ListeningのほうがReadingよりもスコアが高いはずです。

なぜならListeningのほうが簡単ですからね。逆に言えば、現段階でReadingスコアのほうがLisiteningより高い場合は、発音を勉強してリスニング対策すれば、もっと点数が上がるでしょう。若干話がそれますが、TOEICのみを考えたリスニング対策は、公式問題集に限りますよ!

私たちは中学高校と、長い間座学で英語を学んできました。なので

「英語は聞いたことがあるけど、書いたことが一度もない。」

なんて人はいないはずです。

リスニングで聞いた英語であろうと、リーディングで読む英語であろうと、文法のルールや単語の意味は一緒ですよね。なので、発音的な部分を除けば、リスニングで理解できるけど、リーディングでは読めない、状態はあり得ないはずです。もちろん、リスニングのほうが一度しか聞くチャンスがないので、リーディングに比べると簡単です。

リスニングばかり対策していっても、「英語でこういう表現があるのか!」と学びを得られる瞬間はかならずあるはずです。そのときには、リーディング力も上がっているのです。英語の知識が増えているわけですからね。

なので、リスニング力が上がれば、リーディング力も上がります。

 まとめ

つらつらと書いてきましたが、何が言いたいかというと、

「英語の発音を改善してTOEICの点数をハイスコアに持っていきましょう!」

ってことです。

発音できない音をなくしていき、発音のルールを口や舌で理解できるようになって、リスニング力を飛躍させましょう。発音を無視してひたすらリスニングするよりも、時間の節約にもなります。

今回の記事と関連し、発音とリスニングについての記事もありますので、良かったら見てみてください。リスニング力を上げるために発音を学ぶべき2つの理由

具体的にどう発音を改善するか、発音を改善することで得られるメリット、それ以外の英語関係の話もメルマガ内でしているので、是非登録してみてください!ページ下の画像から登録できます!

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です