TOEICテスト新公式問題集vol6の使い方!リスニング対策には鉄板

TOEIC公式問題集

TOEIC対策のための鉄板である公式問題集の使い方を紹介したいと思います。

スコアが800にまで届いていない方、一度もTOEICを受けたことない方は、間違いなくあったほうが良い問題集です。

私は間違いなくこの問題集のおかげでTOEIC925を獲得することができました。

安くはありませんが、公式問題集を1つも持っていないなら是非とも購入をおすすめします。

今回レビューするのは、最新のものではなく、まだ新形式になる前の公式問題集です。

どちらも一応ご紹介すると、

↑が最新版(2016年7月現在)であり、これの一つ前のものを私は使いました。↓のものですね。

どちらも新品で買うと、3000円以上しますので、決して安くはありません。

それでも、TOEICを受けるなら、公式問題集は1つは確実に持っておくべきです。公式問題集で対策するかどうかで、スコアは大きく変わるでしょう。なぜ私が新形式に対応した公式問題集でなく、その前のもので新形式に挑んだ理由については、既にvol6を持っていたからです。

新形式公式問題集を購入しなかった理由は、

  • リーディング対策を重視していた
  • ほかの問題集を先に買ってしまった

900を絶対に超えるぞ!と2度目の決心をしたとき、既にvol6の公式問題集を持っていたんですよね。この状態で書店に行くと、新形式対応非公式問題集が私の目に飛び込んできました。買いました(笑)

偶然そのときの書店には新形式に対応した最新版の公式問題集が置いていなかったんです。

「1冊公式問題集持っているし、Reading対策したいから非公式の方でいいか!」

と考えたのです。私はこのとき既にリスニングで450ほどのスコアを獲得していました。

もしあなたがリスニングで9割以上解けているなら、洋書の多読や他の問題集でもスコアは上がるはずです。

けどこれから公式問題集を買う方は、一番新しいものを買ってください。新しいほうが、最新のTOEICの動向をしっかり踏まえているからです。

今回のレビューは、公式問題集ならどれにでも当てはまるレビューになると思います。なので、新形式に対応していようがいまいが、本質的なやり方は変わらないでしょう。新しい公式問題集であるのに越したことはありませんけどね!

では、レビューに入っていきます!

 なぜ鉄板の対策本なのか?

公式問題集ならではのメリットは以下の点でしょう。

  • 本番と同じ音声でリスニング練習ができる
  • 本試験を制作している人が制作している

本番と同じ音声でリスニングが練習ができる、、、

これが何を意味するかわかるでしょうか?

ある意味カンニングレベルのリスニング力を手に入れることが出来ると思っています。(TOEICだけに関してですが…

 反復することで無敵に…?

あなたが公式問題集を手にしたらやること、それは

嫌というほど繰り返し聞くこと

です。2,3回で決して満足してはいけません。数十回と聞くことで、間違いなく本番も耳が慣れます。これが王道の使い方だと信じています。

先程も書きましたが、本番と同じ音声で何度も何度も聞くことが出来るんです。これはデカいです。

理由は単純ですが、本番も練習と同じ人の声を聞けるからです。

どういうことか説明するのに、私の経験を一つ挟ませてもらいます。

大学時代に、3,4人の留学生と仲良くさせてもらいました。その中でも、特に仲良くなった留学生がいます。仮にAさんとしましょう。Aさんとは一緒に過ごす時間も長くなり、話をする時間も必然と増えます。会話はもちろん英語です。

1ヶ月ほど経って、Aさん以外の留学生と会話してみると、少し「ん?なんて言ったんだ?」ってなることに気が付きました。Aさんと話していると、意味がわからないことはあっても、聞き取れないことはほとんどありませんでした。

最初は「Aさんが聞き取りやすい発音なのか!」と思っていましたが、違うことがわかりました。私の英語も、Aさん以外の留学生と喋っていると、聞き返されることが多かったからです。

何が言いたいのか、だいたい分かってくれたと思いますが、

「一人の英語を聞きまくっていると、耳が慣れる」

ということです。私はAさんの話す英語に慣れて、Aさんは私の話す英語に慣れたのです。

これは、その人の癖や発音の特徴知らず知らずのうちに脳が補完してくれるからでしょう。

公式問題集を利用することで、この現象が本番で発揮できるんです。この領域に達すると、間違いなくリスニングのスコアは上がるはずです。

 どのくらい聞けばいいか?

毎日聞いて欲しいですね。とにかくたくさん聞いて欲しいんですが、おおよその目安を知りたいですよね。

最低でも20周はして欲しいです。

毎日45分の時間を取ることは可能だと思います。45分まとまって取れないなら、小分けにしてもいいでしょうし。

もちろん、ただ聞くだけではなく、何を言っているかを理解する必要があります。

聞いて、

  • 英文が容易に想像できる
  • 日本語の意味も頭に浮かぶ

レベルに達すれば、あとは試験前に数回聞くだけでもいいでしょう。

なので、最初何を言っているのかさっぱりわからない人は、解答を見ながらリスニングすることを推奨します。

はじめから詳細を理解しようとせず、漠然と内容を抑えた上で、少しずつ細かい部分を理解していくと良いでしょう。

注意したいのは、漠然と理解しただけなのに、「聞けた聞けた♪」となってはいけないとこですね。

God is in the details.

神は細部に宿る、です。細かい部分かもしれませんが、おろそかにしはいけません。

最初は見ないと理解できないかもしれませんが、回数を重ねるごとに聞き取れる部分は絶対に増えます。

その辛い時を乗り越えて、何を言っているか想像出来るレベルに達すれば、本番のリスニングスコアは上がっているはずです。

 作成者が同じだから、間違いなく対策に

これはリスニングにも、リーディングにも共通しますね。

書店に並んでいる多くの問題集は、非公式です。わざわざ非公式と表記する必要もないので、そんなことを書いてあるのは稀なんですが。(しかし非公式問題集を私はオススメしています!(笑)

加えて、解き終わったあとに、本試験でのスコアを予想してくれていることもありがたいですね。

スコア予想

また、解説が非常に丁寧です。辞書がなくても、しっかりと意味を載せてくれています。

Part7の解説についても、解答のほうに問題も載っていますので、見やすく解答を確認できます。

 リーディングについて

問題に慣れることができます。同じ問題が出るわけではありませんが、Part7でサラッと使われている部分がPart5に使われたり、逆もあり得たりします。

リスニングと同じように、何度も読みなおし、細かい部分も理解出来るようになれば、リーディングのスコアも上がるでしょう。

個人的に、圧倒的にリスニングのほうがスコアが上がりやすいので、まだリスニング400に達していない方でスコアを圧倒的に上げたいかたは、リスニング力を伸ばすことをおすすめします。

すると、リスニング対策ばかりしたとしても、リーディング力も上がりますので!

なぜなら、リスニングで何度も聞く際に、解答を見て内容を理解します。その中でコロケーション(熟語)を学ぶことになりますし、リスニングで何度も聞くと、英文を理解する能力(リーディング力)も必然と上がっていきます。

なので、スコアが600以下のかたは、とにかくリスニングを対策したほうが圧倒的にスコアは上がりやすいです。

騙されたと思って、繰り返し勉強を続けてみてください。

 ちなみに…

こっからはSpeakingとWritingについての私の勝手な考えです。TOEICテストにしか興味がない方はスルーしてください(笑)

 SW対策にも使える…?

SWとは、TOEIC Speaking & Writingのテストの略です。(勝手にSpeakingとWritingをSWと省略しました

TOEICの知名度が大きすぎて、まだマイナーなテストですが、文字通りスピーキングとライティングの能力を測ってくれるテストです。

私は、TOEICを一段落してスピーキングやライティングの力を上げるために、現在色々と模索しています。

その中で、こちらのvol6を見返してみると、解答の後ろに、特別収録としてSWのサンプル問題が載っていました。

こちらでどんな問題かを把握することが出来ます。この辺を何度も音読してみようかな?なんてことも考えてます。

ここまでは月並みですが、こっからは勝手な考えです。

Speaking力を鍛えるのに、音読が有効と言われていますよね。また、Writing力を鍛えるのに、とにかく書くことが重要なのは言うまでもないでしょう。

そこで、TOEICの問題を、そのまま喋れる、書ける状態になれば、TOEIC SW対策にもなるんじゃ…?と考えたんです。

SpeakingにしろWritingにしろ、どちらも文法がしっかりしていて、論理的に文章を組み立てる事が必要です。

そしてこのTOEIC公式問題集には、しっかりと論理的な文章がたくさんあるではありませんか!

これをSpeakingとWritingの能力向上に役立てられないかな?と考えてみたので、ちょっと使ってみます。

Listeningで聞く文を、Speakingで使えるようにし、Readingで読む文とWriting出来るようになれば文句ありませんね。

問題は、

  • 果たして自分の頭で考えて、文章を作ることができるようになるのか?

という点です。

ちょっと自信ないですが、全ては模倣から始まると考えていますので、軽い気持ちでやってみたいと思います。

あ、TOEIC SWを受けるかは未定です(笑)

 まとめ

TOEICを受けるにも関わらず、あなたがまだ公式問題集を1つも持っていないなら、是非購入してください!

「別にスコアなんかどうでもいいや」って人は別ですが、スコアUPを狙うならマストです。いろいろと書きましたが、加えてデザインが非常にシンプルです。見やすさ抜群です。オススメです。

TOEICのリスニング対策には持って来いだし、普通にTOEIC対策本としても丁寧で見やすいし、もしかするとこれでTOEIC SWの対策も出来ちゃうんじゃないの?と妄想しながら今回の記事を書かせてもらいました。

SWについてはまだなんともいえませんが、TOEICの点数を上げるなら、確実に1冊は持っておきたい本で間違いないです。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です