英語の短母音と長母音の発音について!

短母音と長母音

 英語の短母音と長母音って何が違うのか?と言うのが気になったので、軽くまとめてみました。実際の英会話の中で必要な知識がどうかはわかりませんが、覚えておいて損はないでしょう。

 単純に、アルファベット読みをするものが長母音で、そうじゃないものが短母音と考えて分けることもあります。しかし、これだと分類によっては二重母音を含んでしまっています。なので、しっかりと英語の発音をするために、細かく把握しておきましょう。

 短母音と長母音

 ひとまず、短母音と長母音についてまとめてみました。以下をご覧ください。(※表記には諸説あります)

短母音
æ ʌ ʊ ά e ɪ

長母音
ɑː iː ɔː uː ɜː

 発音記号だけを見ても、想像しにくいと思います。主に短母音について、他の記事で発音する際のポイントなどをお伝えしています。気になるものがあれば、ご覧ください。

 日本語と違う母音の発音 [ʌ]と[æ]の違いとは?

 ʌʊの発音の違い!luckとlookの違いがはっきりしているか?

 日本語のアとは違う!「」stopはストップとは言わない。

 英語の母音[]と[i]は、似て非なるもの!

 また、短母音、長母音だから何か特別な意味を持つわけではありません。母音が短いか、長いかの違いですので、分類分けと考えましょう。

 英語の母音が多くなる原因の一つとして、「r」の存在があるでしょう。これがあることで、母音が数を増やすのですが、これは二重母音と呼ばれるもので、長母音や短母音に「r」が付いたものと考えましょう。発音だけで見たとき、「ai,ei,au,ou」にあたるものも二重母音に含まれます。例(make→ [meik])

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です