シャドーイングで発音改善!英会話上達にはいいことだらけ?

シャドーイング

 シャドーイングは、中学校や高校だけでなく、英会話にも使われるポピュラーな英語学習法の一つです。発音だけでなく、実際に使える英語学習をしたい方にお勧めです。発音を覚えながら、実用的な英会話にも使える、一石二鳥の情報をお伝えしていきます。

 シャドーイングとは?

 知らない方もいると思いますので、簡単にシャドーイングの説明をします。

 シャドーイングとは、英語で発音される文章に、音だけを頼りに、それを素早く復唱すること。

 名前の由来は、発音された音に影(シャドー)のようについていくことから来ています。

 後をついていくように復唱するので、フォローイング(following)とも言えるでしょう。

 シャドーイングは聞いた音を頼りに、英文などを見ないで後をつけるように復唱します。英語の文章が手元にあり、それに合わせて読むのはシャドーイングではありません。

 英語発音の初心者の方が、いきなりレベルの高い英文を読もうとすると、大きく苦戦するはずです。その人のレベルに合わせたシャドーイングができると、上達も早くやり易いでしょう。

 次に、シャドーイングの利点をお伝えします。

 シャドーイングのメリット

  • 耳で聞いた音を、どうにか発音されたものと同じようにするので、感覚として発音が矯正される。
  • 英語のアクセントやイントネーション、リンキングなどが身に着く
  • ただただ繰り返しているようでも、脳はしっかり動いていて、英語脳に近づいていく。
  • 継続してやることで、発音だけでなく、英文も覚えることができる→英会話なら即戦力に!

 上記のような点が挙げられます。

 継続してシャドーイングをすることで、あなたの中で発音の仕方が少しずつ変わっていくはずです。これは、アクセントやイントネーションを含めてです。外国話者を真似ようと努力しているのですから、ただ英文を読むよりも、英語らしい発音に近づいていきます。もちろん、シャドーイングだけで発音が完璧になるとは思いません。それを補うためにも、他の記事(リンクをいくつか貼る)をご覧になってください。

 ネイティブ寄りの発音ができたら、より相手に伝わる英語になると思いませんか?

 また、シャドーイングする元の英文が、英会話などのものであれば、それはそのまま実践に使えます。しかも、何度も練習したものならば、ネイティブ顔負けの発音でスラスラと発音できるでしょう。

 もちろん、覚えた英文は限られた場面でしか使えないかもしれません。それでも、使える英会話のパターンを増やしながら、発音もできるようになると考えれば、素晴らしい英語学習法の一つだと思います。

 シャドーイングのデメリット

シャドーイングのデメリット

 メリットだけでなく、デメリットもお伝えしたいと思います。

  • 通勤途中や、周りに人がいる状態では難しい
  • ネイティブが喋っている英文の音源が必要
  • そもそも、何を言っているのか意味がわからない

 そんなに多くはありませんが、思いついたのはこの3つですね。

 最初の一つは、周りに迷惑がかかるのと、集中力の関係ですね。自宅でやることが基本になりそうです。

 二つ目ですが、何か英会話のCDなどがあると望ましいでしょう。今では、Youtubeなどで音源は簡単に見つけられそうです。

 最後の問題が大きいかもしれません。シャドーイングをする際、日本語の訳が全くない状態でやるのは、効果は薄いです。シャドーイングをする際は、手元の英文などは見ません。しかし、理解を深めるためには、英文と日本語訳はあったほうがいいでしょう。

 基礎的な英語力があり、「発音がいい英会話を身に着けたい!」方でしたら、英文と日本語訳は必要ないかもしれません。それでも、あったほうが学習は進むはずです。

 まとめ

 英語話者の英会話を、そのまま真似していくので、実用的な英会話、アクセントやイントネーションなどを含んだ発音を学習することが、シャドーイングで可能でしょう。場所や教材などの環境が必要ではありますが、音源があれば外国人講師も要らないので、低いコストで学習できそうです。

 管理人自身の経験でいうと、シャドーイングは中学生のころしかやっていません。

 当時は、英語の教科書のCDに合わせて、クラスのみんなでシャドーイングをしていました。中学生にとっては、教科書レベルの英文でも、CDについていくのは精一杯でした。けれども、集中すればどうにかついていけるレベルでしたので、一生懸命やっていました。

 当時は、繰り返し学習の大切さに気が付いていませんでしたので、繰り返しやれば当時から発音を含め、英語の上達が早くなっていたかもしれません。このサイトの至る所で言っていますが、同じことを何度もやる作業が、学習における一番の近道です。当たり前ですが、1回やっただけでは身につくはずはありません。

 その中の一つの方法として、シャドーイングもいいでしょう。自宅で集中的に取り組める人には、もってこいの学習法だと思います。

プロフィール

北海道生まれの20代後半。2019 年 3 月に TOEIC965 達成。日中は英語業務をしたり副業として英語指導しています。高校の時に海外ドラマの面白さに完全に魅了され、そこから自然と英語学びたい意欲が湧き、留学なし、独学で学び続けてます。
私自身が興味のあることをきっかけに英語力を伸ばせたように、好奇心をベースに英語を学びやすくするためにも、TOEIC 初級者から脱することを提案しています。
なぜなら、英語の基礎力が付くこと (脱 TOEIC 初級者) で、英語を英語で学ぶことが可能になるからです。

もちろん基礎力がなくてもできますが、あったほうが圧倒的に学びやすいです。しかも TOEIC のスコアも上がります。
「海外ドラマとか、洋楽、洋画、英語のYouTube 動画とか好きだけど、英語力を高められてない」という人に向けて情報発信をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です