海外ドラマ Prison Breakでの英文で英語力を伸ばそう!1-1

こんにちは、リモです。

TOEIC のリスニングで英文を理解するために、色々な英文を読むために、自信を持って英語を話すために、新しい英文に触れることは大切です。

今回は、私が好きな海外ドラマの Prison Break の シーズン 1 の 1 話で使われていた英文を紹介しつつ、英語を学んでいけたらと思います。

 

Prison Break 好きな人も、そうでない人も是非お読みください(笑)。

しっかりと学ぶためには、ただ読み流すのではなく、自分で実際にしゃべって見て、思い出す。と言う作業をやることをオススメします!

 

読み終わった後、10分後、20分後に思い出そうとするのも重要です。

思い出せなかったとしても、思い出そうとする行為が記憶から情報をアウトプットすることになるので、積極的に学びのアウトプットをしましょう。

 

では早速、Prison Break の シーズン 1 の エピソード 1から「なるほど!」と思った英文をお伝えしていきます。

マイケルを弁護するベロニカが、フィアンセに言った言葉です。

He doesn’t have a violent bone in his body.

(彼は暴力をふるう人じゃない)

直訳すると、彼の体に暴力的な骨はありません。

となり、

「彼は暴力をふるう人じゃない」という意味になります。

 

次は、裁判長が喋っている最中に、ベロニカが途中でしゃべってしまったので、注意されています。

I would ask counsel to refrain from interrupting me.

(弁護人は口を慎むように)

裁判長が、弁護士のベロニカを丁寧な言い方で抑制しています。

 

公的な場での発言から考えたので丁寧な表現です。

counsel=弁護人
interrupt=遮る
refrain = 控える、慎む

ask 人 to do ~ で、
~するように人に頼む、~するように人にお願いする。

 

スクレが、バロウズに会いたいマイケルに対して聞いています。

Why you want to see him so bad anyhow?

(なんでそこまでしてあいつに会いたいんだ?)

 

口語での表現ですね。

本来ならばwhy do you から始まります。口語ではこういう文法が砕けるのはよくありますね。

カジュアルな口語ならではですが、

so badで

「とても、そんなに」

と言うニュアンスになります。

 

anyhow = どうにかして

カジュアルな表現なので、ビジネスの場面では決して使わないようにしましょう。

 

スクレが、マイケルに手紙で何を書くべきか聞いて、その際の言葉です。

That’s dope.

(イカしてるね)

相手がしたことに対して、素晴らしく最高だ! というときに使えるかなり俗っぽい表現です。俗っぽい表現ですが、

言うときのテンション次第では、「それすげえ最高だよ!!」くらいの意味にもなり得るでしょう。

dopeには様々な意味があり、薬、ヤクや間抜け、最高の の意味で使われることもありますが、俗っぽい言葉でここでは肯定する表現になっています。

 

アブルッチが、PIに入れてほしいと頼むマイケルに対して言った言葉です。

Beat it.

 (失せろ)

相手に対し、お前は場違いだからどっかに行け、という強い言い方です。

ワンピースで最初にシャンクスが海王類に言ったのを訳すと、こんな風になると思います。(ワンピース知らない人がいたらごめんなさい(笑)。)

beatは打ち出す等の意味があり、itは地面?を指すらしく、「地を蹴れ」という意味に近いらしいです。

 

そのときに、マイケルが アブルッチに言った言葉です。

Mull it over.

(考えてみてくれ)

相手に対して何か提案をし、すぐに結果が得られないときなどに使える表現ですね。

mullには思案する、思いめぐらす、(overを伴う)の意味のほかに、へまをする、失敗する などの意味がある。

make a mull of … で …を台無しにする という感じです。

 

以上になります。

覚える必要はありませんので、気に入ったのがあれば覚えようとしてみてください。

 

なお、今回

Prison Break

にて囲んで記載している部分は、リズン ブレイク (原題 Prison Break シーズン 1 エピソード 1 の Pilot)より引用しています。

筆者(リモ)のプロフィール

生まれも育ちも北海道の 20 代後半。独学、留学なしで 2019年 3月 TOEIC 965。


高校 2 年の時に見た海外ドラマに魅了され、学校の授業と海外ドラマの両方を使い積極的に英語を学び始めました。

大学のときに TOEIC スコアを630 → 815、社会人になってから 965 まで上げ、その経験を活かして指導をしたり、英語を使って仕事をしたりしています。


TOEIC 学習も間違いなく必要ですが、興味あるもの (海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube など) から学んだほうが覚えやすいです。


○興味あるものから学び続けた経験
○TOEIC に特化した学習、指導経験


これらを通して得た、気づき、学びを、TOEIC 学習者向けにシェアしております。


「目標を達成したい」「スコアの停滞を打破したい」「TOEIC 学習を継続させたい」「一から学習しなおしたい」


そんな人の背中を一人でも多く押しております。

当サイトについては こちら から。

+α で TOEIC スコアを上げる LINE @ 運営中!

「1人で 目標スコアを取りたい」
「TOEIC スコアと英語力 を同時につけていきたい」
「興味あるモノから学んで、英語力を上げたい」

スコア目的だけの機械的な勉強では面白くない、興味あるモノを絡めて学びたい人が集まるコミュニティ (LINE @) を運営してます。

・TOEIC スコアと英語力を同時に上げる
・興味あるモノから継続的に学んでいく

をテーマにしています。

スコアを上げるだけでなく英語力を底上げするために、LINE @ ではより実践的な内容をお伝えします。

現在、TOEIC 指導をしている私が教えていることを詰め込んだ、TOEIC スコアを上げることに特化したレポートをプレゼント中です。

3万字超えのレポートとなっていますので、読みごたえは十分あると思います(笑)。

TOEIC スコアを少しでも上げたい人にとって、有益な情報になっていますので、是非お読みください。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です