TOEIC Online コンサルサービス

ちゃんと成長して
TOEICのスコアを最速で
150 上げませんか?

 

TOEICにコミットする

3 ヵ月間のマンツーマン指導。

TOEICのみならず、

英会話にも使える英語の基礎力と

一生使える英語学習法を体得して

ノンストップで成長し続けるために

 

最短の道で進んでいく

どーも、リモこと本間です。

 

いきなりなんですが、

どうせTOEICの目標点を取るなら

最短の道で行きたくありませんか?

 

ホントにいきなりなんですがw

 

回り道は必ずしも悪いことではないし、

紆余曲折して得られる経験もあると思います。

 

けど、これから進みたい道を進むなら

寄り道せずに

真っ直ぐ

ゴールに行きたいはずです。

 

やってること自体が楽しくない限り、

積極的に回り道はしたくないですよね(笑)

 

少し乱暴な言い方をすれば、

以下のことをやるだけで

TOEICスコアは上がります。

 

しっかりと基礎力をつける

参考書を1冊1冊をやり抜く

 

を愚直にやりきれば確実にスコアは伸びます。

参考書も今は良書が多いので。

少し調べればレビューとかも結構見れます。

 

けど、いくら効率の良さそうな勉強法とか、

方法論を知ってたとしても、

なかなか学習の一歩を踏み出したり、

続けたりするのは簡単じゃないです。

 

そこで重要になってくるのが次の問いです。

 

そもそもなんでTOEIC学習するか?

この質問、めちゃくちゃ重要です。

あなたが思ってる100倍くらい重要です(笑)

ホントに1万倍でもいいくらい。

 

大切な理由なんですが、

「なぜ?」

は学習するための

ガソリンになったり、

モチベーションに直結するからです。

 

やる気が出ないとか、

続かない、ってのは

ここに原因があります。

 

もう一度自問してみてください。

 

なんでTOEICを学習するのか?

 

  • 会社の昇級に必要だから。
  • 転職に必要だから。
  • 給料が上がるから。

 

当然ですが、

色んな理由があると思います。

仮にTOEICを学習する理由が、

 

会社の昇級に必要だから

 

という理由だったとしたら、

 

なんで会社で昇級したいのか、

昇級する必要があるのか。

という質問をします。

 

そして出てきた答えに対しても、

「なんで?なぜ?」

という質問を繰り返すものです。

ラダリングとか言われたりしますし、

きっと聞いたことあると思います。

 

聞いたことあるやつでしょうが、

ホントにここが重要なんです。

 

これやってみると結構時間かかるし、

なんか疲れるんですけど、

けど、だからこそ重要というか。

 

これがわかることで、

自信を持って一歩踏み出せたり、

学習続けられたりします。

 

割とガチで言ってるので、

なんでTOEICを勉強するのか。

ってのは、最初に是が非でも

やってみてください。

(やり過ぎたら時間かかりすぎるんで、

1回やったら、その答えをその時点での

“最善解” と見立てて、走り出すのおススメです)

 

で、ですね。

こっからが言いたいことなんですけど、

 

多くの人がTOEICを学習する際、

TOEICで目標達成の理由が、

外向きの理由というか、

周りに求められてる だけ

ってパターンが多いと思ってます。

 

もう少し具体的に言うと

 

給料が上がるから、

転職に有利だから、

だけ の理由ですね。

これでも別にいいんですが、

これだと学習とか継続が

続かないのがほとんどです。

 

「給料UPや、良い条件の転職も

もちろん魅力的だけど、

今のままでも不便はしてないしな…」

と思っていたら、

行動には移せないと思います。

 

上記と違い、もし行動する理由が

自分の内面とか、

興味とつながってたらどうでしょうか?

 

例えば、

気が付いたら、

「TOEICのスコアが取れない」

という理由だけで、

自分よりも後輩が上司になった。

 

俺のほうが仕事もできるのに、、、

これはTOEICのスコアを取らないとヤバい!

だって、ずっとリーダーとして

チームを引っ張ってきたのに、

周りにも顔が立たないし、

何より自分のプライドが許さない。

だから、

TOEICで目標点がどうしても必要なんだ!

今のポジションは心底嫌だ!!

 

という答えなら、

アクセル全開で

取り組めると思います。

 

これは、自分の内面のプライドが

TOEIC学習をする理由と一致してる

パターンですね。

 

この人は、

プライドとか

自分が自分であるために

どんな行動でもする!

というのがモチベーションになる人ですね。

 

これはわかりやすい話だと思うんですけど、

私はもう一歩踏み込んでTOEIC を

捉えてほしいと思ってます。

 

TOEICと自分の進む道の一致

TOEIC 学習と、

あなた自身が

ホントに進みたい道

一致させる。

 

さきほどの

「なぜTOEICを勉強するか?」

の続きとして、

 

TOEICを勉強する理由が、

 

周りの影響、とか

家族に勧められたから、とか

会社で必要だから、

 

などなど。

 

理由が外部に依存してないか?

もっというと

外部のみに依存してないか?

という問いを、

あなた自身にしてみてください。

 

もしかすると周りが熱心なだけで、

あなた自身は

そんなに興味ないかもしれません。

 

自分の考えを内側とすると、

外側の世界というか。

外側だけでなくしっかりと

内側も見つめる必要があるというか。

 

単刀直入に言うと、

「あなた自身はどう思ってるのか?」

という質問もしっかりするということですね。

 

周りがTOEICを勉強しているからと言って、

あなたがTOEICに対して

本気で取り組めるわけではないし、

 

家族がみんなTOEICを

勧めてきたとしても、

あなたがTOEICに対して

本気になれるわけじゃないし、

 

会社で必要だからだったとしても、

心の底からその会社で頑張りたい、

って思えないと本気になれないですし。

 

私が言いたいのは、

あなた自身がTOEIC をどう捉えているか、

ってことを自分の中で腑に落せてるかが、

かなり重要である、ということです。

 

TOEICが本当に進みたい道の途中に

通過点としてあるか?

ってことですね。

 

だから私が言いたいのは、

TOEICを受ける理由と、

自分の進む道とを一致させるために、

なぜ?を繰り返しやってこう、

ってのを言いたいんです。

 

そして、しっかりと自分が納得する形に

落とし込んでいきましょう。

なぜ?を繰り返した先に

TOEICがないようでしたら、

別のことに力を注いだほうがいいかもしれません。

 

私の考えとしては、

もし、あなたが

英語そのものに興味があるなら、

TOEIC は非常に良い資格、試験です。

 

英語そのものってのは、

海外ドラマ、洋楽、洋画

Youtube の英語の動画などですね。

 

というのも、

私自身英語そのもの

(海外ドラマがきっかけ)

に興味がありました。今もあります。

 

英語力を伸ばしたい気持ちがあり、

英語力を伸ばすために

TOEICという試験を使って

自分の弱点とか課題を見つけて、

克服してきました。

 

結果として、

TOEIC 965 獲得したり

英語を使う仕事をしたりしてきました。

 

強調しておきたいのは、

英語に興味があったから、

英語のある人生を進んでいきたいから、

TOEICを頑張ったんです。

 

決して、

TOEICで点数を取るためだけに、

その手段として

英語を勉強したわけではありません。

 

人によっては、

ただ純粋にTOEICスコアが必要、

英語力は要らない、

ってパターンもあると思います。

 

実際、そういう人を指導したこともあります。

その方もしっかりと努力されて目標達成してました。

そういった人を否定するつもりはまったくありません。

相当努力してましたし、今も尊敬しています。

 

結局、英語とかTOEICは

ツールですからね。

どう使おうと、個人の自由です。

 

ちょっと話が逸れてますが、

自分が納得できてて行動できるなら

TOEICを学習する理由は

何でもいいと思ってます。

 

きっと、TOEICで

点数を取るためだけという状況は、

周りとか会社とかで要求される

外部の要素が非常に強いと思います。

 

もちろんTOEIC 受けるなら、

最高得点、ハイスコアを

目指すために対策をするべきです。

 

ただですね、

そのTOEICで目標点数を取った先に、

英語をできるようになった自分、

を描けてるかどうか、

が非常に重要だと私は思ってます。

というか、これが全てだと思ってます。

 

なんでそう思うかというと、

せっかくTOEICで身に着けた英語の力を

使ってったらもっと人生面白くなるよ!

てか、自分が好きなこと(海外ドラマとか洋楽洋画)の

理解も深まること間違いなしだよ!

そうなったら、もっと自分が好きなことを

好きになれて、楽しい人生になってくよね!

って考えだからです。

 

なので、

 

人生という長いスパンで見たときに、

TOEICの目標点数 だけ が、

ゴールになるべきではない。

目標点数を取ったその先に、

身に着けた力とともに、人生も良くなってく、

楽しくなってくってのが理想です。

これが私の信念です。

 

あくまで TOEICは「通過点」である、

というのを強く認識することで、

その先の人生も面白くなると想像できるし、

結果的にモチベーションにもつながるはずです。

一時的なゴールでも
それもあくまで通過点。

折り返し地点、

って言ってもいいと思います。

何の折り返しか、って言うと

英語を使う人生への、です。

一時的なゴールなのは全然よくて、

ゴールの先が必要だ、

ってのを言いたいんです。

 

ゴールの先ってのは、

英語でスムーズに外人とコミュニケーションを取ることかもしれないし、

世界を股にかけてビジネスをすることかもしれないし、

洋画を字幕なしで見ることかもしれないし、

英語で世界に向けて情報を発信するためかもしれないし、

 

人によって違いますが、

いろいろあると思います。

 

そもそもTOEICを使う背景は、

あなたの英語能力を

測るための指標の一つなわけで。

 

その背景には、

「英語を使う場面」

が想定されます。

 

その

「英語を使う場面」

をやり過ごすような考えではなく、

 

ゆくゆくはネイティブを超える

英語力をつけてやるぜ!

っていう気概で、

目の前のTOEICに取り組む。

 

そんな姿勢が正しいと思ってます。

というか、私がそうでしたのでw

 

私自身、独学、留学なしで

TOEIC 965 とりましたが、

リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング、

ホントにまだまだ勉強することだらけです。

 

けど、私は

ネイティブを超える

って目標があるので、これからも英語を勉強し続けます。

そして、大学1年生のころからこの姿勢で学習し続けていたため、

TOEICも右肩上がりにスコアが伸びてきました。

 

今回の企画は、

英語の基礎力をしっかりとつけるものです。

結果として、

TOEICでスコアが上がり、

洋楽、洋画、海外ドラマ、Youtube

などから格段に英語を学び取りやすなります。

 

TOEICで必要になる基礎力は、

間違いなく英語の 4 技能どれでも必要になる力だし、

基礎力を付けることで自分の興味あるもの、

好きなものから英語が学べるようになります。

 

TOEICで点数を取るため

+

右肩上がりでノンストップでスコアを上げ続けるため

かつ、

自分が興味ある英語教材

(洋楽、洋画、海外ドラマ、Youtube)

から学び続けるため

 

この 2 つに共通する

英語基礎力を養成するための

マンツーマンコンサルティングサービスです。

 

どちらにも共通する基礎力は一緒です。

 

英単語、文法、発音 です。

 

この基礎力を 3ヵ月で身に着けていきます。

そして、この基礎力をついたかどうかを測るための指標として

TOEIC があるとイメージしてもらえると考えやすいと思います。

 

TOEIC のスコアは

客観的な数値でわかるので、

主観的になりすぎずに

自分の弱点を知れますからね。

 

自分が興味ある英語教材から、学ぶって?

 

興味を引く英語教材

(洋楽、洋画、海外ドラマ、Youtube)

から学ぼう!と思って、

挫折した人は多いと思います(笑)

 

これも結論から言ってしまうと、

繰り返し取り組み、

丁寧に登場する英文と向き合うことで、

興味あるものから学習することは十分に可能です。

 

けど、そのためには、

最低限の文法だったり、

発音を理解していないと効率が落ちてしまいます。

(発音はリスニングや音読の際に、とても大きな効力を発揮します)

 

ちなみに基礎力がなくても、

繰り返して理解を深めることが出来れば

必ず身につきます。

 

極端に言うと、

赤ちゃんとかが

こういう学習の仕方ですよね。

 

たくさんの言葉や会話に触れて、

場面や状況などから少しずつ理解していき、

少しずつ自分のものにしていく感じ。

 

まあ、膨大な量の言葉に触れる

って前提があるのが難点です(笑)

 

私は少し遠回りしました(発音を勉強するのが遅かった)が、

海外ドラマ、Youtubeの動画、洋楽から学習を続けてきました。

 

TOEICのために勉強することもありましたが、

確実に、TOEIC以外の教材

(洋楽、洋画、海外ドラマ、Youtube)

から学び続けてきました。

 

これも、

最低限の基礎力があったからです。

 

この基礎力があったから、

勉強する、という感覚がなく、

自然と学び続けられました。

 

もちろん、「好きだから」

とか、「興味があったから」

って大前提はありますけどねw

 

私は、大学の間だけでも海外ドラマの視聴に、

5000 時間以上時間を使いました。

一部ですが、以下の海外ドラマを見ました。

 

ダークエンジェル、LOST、4400、Dr.House、Prison Break、Supernatural、ジェリコ、Heroes、ターミネーター サラコナークロニクルズ、DayBreak、Breaking Bad、Big Bang Theory、フラッシュフォーワード 、Glee、Chuck、Walking dead、24、ジェシー、Revenge、Arrow、アンダー・ザ・ドーム 、Designate survivor、Beauty and the beast

 

英語字幕にしたり、

時に日本語字幕にしたり、

気になる表現があれば調べたり、

これを何度も何度も繰り返しやってきました。

 

私が言いたいのは、

 

英語の基礎力がある状況

+

英語を理解しようとする意識や意欲

で視聴し続けた結果、

 

私の英語力が培われた、

ということです。

(繰り返しですが、海外ドラマを楽しむ、という意識が一番でした)

 

結果としてTOEIC965だったり、

時給5000円以上で英語指導したり、

日常で英語を使う業務をやったりにつながってます。

 

また、冒頭の話に戻るんですけど。

 

誰も進んで遠回りはしたくないですよね?

 

海外ドラマが好きな人や、洋楽が好きな人で、

英語が苦手な人はたくさんいると思います。

娯楽として好きな人もいるため、そこから英語を学ぶ必要はないです。

 

けど、とはいっても、

やっぱりそこから学べたら、

それは素晴らしいことだと思います。

 

だって、極端に言えば

自分の好きなことで英語を学び放題だから。

 

私はそんな感じで英語を学習し続けてます。

 

このためには何が必要かというと、

英語の基礎力と、

英語を理解しようとする姿勢、

の両方です。

 

TOEICの学習全般にも言えることですが、

 

基礎力がないことで、

いくら勉強してもスコアが伸びない、

という状況があり得てしまいます。

 

というか、そういう人がたくさんいます。

良く言われる、

穴の開いたバケツに水をためようとする、

イメージですね。

 

遠回りしないためにも、

効率の悪い学習状況は避けたいわけです。

 

なんで数あるコンサルの中でリモのコンサルなのか?

 

私は、高校2年生まで英語力は普通でした。

通知表は 5段階の3 で、

英語は好きでも嫌いでもなかったです。

 

ただ、海外ドラマに出会って、

英語への興味が爆発しました。

 

海外ドラマの世界観、

主人公のカッコよさ、

作中で描かれる心の葛藤などなど。

めちゃくちゃ私に響いたんですよね(笑)

 

「もっと詳しく知りたい!」

「主人公みたいになりたい!」

「この世界に行きたい!」

みたいな気持ちが私の中に芽生えました。

芽生えたどころか、もうしっかりと根を張った感じです(笑)

 

この時は意識できていませんでしたが、

ネイティブを超えたい!の気持ちの原点であり、

英語がある人生を行きたいと思った瞬間でした。

 

ここから英語の授業を積極的に受けて、

空いている時間で海外ドラマを見続けました。

(英語の授業を積極的に受けることで、文法の基礎が固まりました)

 

当然ですが、私がやりたいこと(海外ドラマ主人公みたいになりたい、この世界に行きたい!)に、

英語は必要不可欠だったので、

英語学習を自然と継続できました。

 

もちろん今回の企画は

TOEICという方向づけもしているため、

参考書などを使って学習します。

 

しっかりと基礎力を付ければ、

海外ドラマなどから学習することは十分に可能です。

というか、それが今回のサービスの根っこにあります。

 

自分が興味あるものから英語を学ぶ人が増えて、

自分の成長を感じられる人が増えたら、

それはもう素晴らしいことだと本気で思ってます。

 

話が少しそれましたね。

そんなこんなで、

高校の時英語の偏差値が 65 を超えたりしました。

 

大学生の時は家庭教師のバイトをして、

社会人になってからも個人家庭教師という形で指導を続け、

初心者同然(中学校レベル)からTOEIC550を達成。

 

それが功を奏して、

大企業で時給5000円以上で

指導したこともあります。

 

私は英語を教える際、

常に、1対1で指導してきました。

 

それは、人によって伝わり方も違えば、

重点的に取り組むべき点や、

学習の細かいやり方も変わってくるからです。

 

相手に合わせてサポートすることで、

それが最短の成長につながります。

 

私はずっと

自分がホントに進みたい道と、

目の前の学習を一致させて、

学習してきました。

 

というか、そうなっていた、

というのが正しいニュアンスです。

 

あなたにもそうなってもらうために今回の企画があります。

その道を進み続けてきた、進み続ける私だからこそ、

できることが必ずあるはず。

(というか、英語は楽しめるものなんだから、

おススメの海外ドラマとか洋楽とか普通に話したいですよねw)

 

その場しのぎの TOEIC のスコアだけを上げる学習(TOEICの結果が最終ゴールみたいなもの)ではなくて、

しっかりとその先の人生を見据えてTOEIC学習(最高のTOEICスコアを目指すけど、あくまで通過点)をしたい。

 

あなたも、英語を学び続ける人生、英語のある人生を堂々と生きていきたいなら、

私は全力であなたをサポートします。

 

基礎力を一気に3か月で身に着ける!

 

繰り返しになりますが、

 

TOEICで点数を取るため+右肩上がりでノンストップでスコアを上げ続けるため

かつ、

自分が興味ある英語教材(洋楽、洋画、海外ドラマ、Youtube)から、学び続けるため

 

これを最短でできるようになるため、しっかりと基礎力を付けていきます。

 

単語、文法、発音ですね。

 

ここまで読んでくれてるので具体的に話を進めると、

 

発音はマストです。必要不可欠です。

一番最初に取り組むべき ”基礎力” の 1 つです。

みんな避けて通りがちですが、だからこそやるべきというか。

 

私も発音を身に着け始めたのは大学2年生のときです。

赤ちゃんとか幼少の時ではなかったです。

帰国子女とかじゃないですからねw

けど、十分に基礎力としての発音は身に着けられました。

 

その後、単語、文法の基礎力をつけていきます。

 

けど、人によって状況は違うと思います。

 

発音だけが苦手、とか。

文法が全く分からない、など。

 

マンツーマンのサービスになりますので、そこはしっかりとあなたに合わせたサポートを提供します。

そのためにも、最初のセッションで現状の確認と、今後の方向性について決めていきます。

 

そして、定期的(週2、最低週1)に進捗確認、方向性の微修正をしていきます。

これを繰り返していきます。

 

もちろん、発音の部分でよくわからないこと、単語の定着具合の確認、文法で理解できない部分の説明など、

そういった技術的なサポートもしていきます。

それは、進捗確認などで把握させてもらったり、気兼ねなく質問してください。

 

マンツーマンサービス

 

マンツーマンの良さは数多くありますが、その中でも一際大きいメリットが

“自分が達成したい目標をすでに達成してる人から学べる”

だと思ってます。

 

私自身、TOEIC600点台から始まり、TOEIC で965 を2019年3月に取得しました。

更に初心者~中級者と接しどういう部分でつまずくかを見て、指導してきました。

 

学習をする際に、何かわからないことがあると、モヤモヤしてそれを解消したくなりますよね。

もしかすると、そのモヤモヤのせいで、学習に集中できなくなるかもしれません。

 

1 ついっておくと、

学んでいきなり全部理解できるようにはならないので、

ある程度そういうものだと思って学習したほうがいいです。

 

これは説明を放棄してるわけでもなんでもなくて、

自分の頭の中に英語ってものの考えが成熟されることで

初めて体感としてわかるものです。

 

who と whom は何が違うのか?

みたいな疑問が生まれて調べると、

目的語って言葉が出てきたとします。

 

けど、目的語って?

と調べると、また謎の説明が…

みたいなのは避けたいですよね。

 

1つ1つ理解していく、

って姿勢は必要なんですが、

出会った瞬間に完全に理解する、

ってのは難しいです。

 

なので、

「詳しくはわかんないけど、なんとなく概要がわかる」

程度が最初は正解です。

正解というか、そう捉えたほうが楽だし、

長い目で見て効率が絶対いい。

 

もちろん、

なんとなくのままではだめなんですが、

後々学習を進めていくと、

腑に落ちる瞬間が必ず来るのでご安心を。

 

そういった細かい説明も

もちろんするんですが、

最初から完璧に理解できないのは当たり前、

という前提意識を持つことが大切です。

 

ちょっと話がそれたんですが、

それでも、人間の心理として

わからないものがあるとモヤモヤしますよね(笑)。

 

そういったものをできるだけかみ砕いて説明したり、

別の例を使って説明するなど、

それを理解している人から直接聞くことができることは、学習の上で

確実にアドバンテージになります。

 

モノによっては、説明を受けて腑に落ちるものもあるでしょうし。

 

なんか今は文法の場合、みたいな感じで書きましたけど、

単語も発音も、感覚というか、私はこういうイメージを持ってる、

って言うのを直接、できる人から教わるので、

文字ベースや動画ベースの一方通行のコミュニケーションのほうが

はるかにわかりやすいわけです。

 

だって、あなたの理解に合わせて説明ができるわけですからね。

わからない部分をピンポイントで掘り下げて説明させてもらいます。

 

山登りで言ったら、初めてその山に登る人は、

どの道で登るべきとか、どういうペース配分で行くべきとか、何を持っていくべきとか、

結構想像するの難しいですよね。

 

そんなときに、その山に登ったことがある人が近くにいたら、

「ちょっとあの山のことを教えて!」

ってなりますよね(笑)

 

目的によって違うとは思いますけど、

その人がその山の登り方を説明してくれるだけじゃなく、

一緒に登ってくれるってなったら心強いですよね?

 

今回は、TOEICと英語学習の基礎って山を登っていくなら、

私もまだその山のてっぺん(ネイティブを超える)を目指す学習者として、

何より、そういった人の指導経験もあるため、

あなたの力になりたいと思います。

 

今回はTOEIC,英語学習の基礎って山でしたけど、

人生にはいろんな山があると思います。

 

そのてっぺんを目指して、できることが増えるようになるのが成長だと思ってます。

そしてみんなが成長して、その道に進みたい人を経験者として助けられる人が増えたら、

素晴らしい世界になると思ってます。

 

なんか綺麗事みたいな内容ですけど、それが私の理想です。

そういった意味でも、自分のホントに進みたい道を進んで

TOEICの目標点を通過していきましょう。

 

なぜ 3ヵ月なのか。

 

期間が短すぎると成果が出ず、

期間が長すぎるとだらけてしまう。

 

3日坊主では結果出ないのは言うまでもありませんが、

1年後のTOEICで結果を出す!と思ったとしても、そこから具体的な行動に移すのはなかなか難しいですよね。

 

誤解を恐れずにお伝えすると、

簡単に結果は出ません。

 

というか、そういう考えがあるとすると、

今回のサービスはあなたに向いてないかもしれません。

 

成長は概して痛みや苦しみを伴いますし、

ほとんど予想よりも時間がかかります。

 

今回は、英語の基礎力をつけてもらうため、

「単語、文法、発音」を

一定レベル身に着けてもらいます。

 

何事もそうなんですが、

ちょっとできるようになって、

壁を感じて、それを超えていく、

というステップを経て成長していくと思ってます。

 

得意不得意などもあるため、

それぞれにかかる時間に差もあるでしょうが、

どれだけ最短で考えても3ヵ月は必要だと考えています。

 

こういった人に受けてほしい。

 

基本的に制限は設けていませんが、以下のような人にサービスを受けてほしいと思ってます。

 

・TOEICのためだけでなく、人生的に英語の勉強を始めたい

・好きなもので英語力を伸ばして、英語のある人生を歩んでいく力をつけたい

・TOEICのテクニック的な技術でなく、本質的な英語力を身に付けたい

・1から英語を学びたいけど、何から手をつければいいかわからない

・TOEIC学習をしているけれども、なかなかスコアが伸びない人

 

上記のような人を想定してます。

全部に共通するのは、

「ちゃんと成長したい!」 ってとこですね。

この気持ちがあれば他はいらない、といっても言い過ぎではないくらい。

けど大大大前提、ということは是非とも覚えておいてほしいです。

 

TOEICという試験を、

ただの試験で終わらせずに、

英語のある人生に繋げて学習していく、

と再定義することで、

TOEICとの向き合い方も変わるはずです。

 

「TOEICなんて結局試験。

英会話などには役に立たない」

みたいな意見もあります。

 

確かに、英会話ができるようになることが目的なら、

英会話のための学習があります。

英会話が直近の目的なら、TOEIC学習よりもやることがあるでしょう。

 

けど、「英語の基礎」は一緒です。

TOEICでも英会話でも、

洋楽でも洋画でも海外ドラマも一緒ですw

 

ですので、基礎力を養成する「TOEIC」が

英会話の役に立たないわけがありません。

 

だって、英語の基礎である、

英単語、文法、発音を学ぶわけですからね。

 

そもそも、

英会話は、スピーキングとリスニング。

TOEICは、リスニングとリーディング。

と、それぞれ使う技能が異なります。

 

TOEICだけやってても、

英会話はできるようにはなりませんが、

英会話をやる際に

TOEICで培ったことは確実に活きてきます。

 

ちなみにTOEICで培うリスニングとリーディングを伸ばすことで、

洋画、洋楽、海外ドラマ、Youtube で、英語を学ぶことが可能になってきます。

使う基礎力が一緒だからですね。

 

歌詞とか字幕を理解するのはリーディングが必要ですし、

動画や洋楽ではリスニングが必要になりますからね。

 

そして、一定の英語の基礎をつけると、TOEIC のスコアを上げるのも楽になります。

あとは問題演習を繰り返して、苦手や不慣れを消してくだけになるので。

 

基礎がしっかりしてるから、その上に立派な建物が建つみたいな。

立派な樹の下には、それと同じくらいの根が伸びてるみたいな。

そんなイメージですw

 

上記のような、素晴らしい状況に突入してもらうべく、

私が責任を持ってサービスを提供していきます。

 

具体的に何をするのか?

 

基本的に相手に合わせた提供するものを変えていきます。

相手に合わせたものを提供できるのが、

マンツーマンコンサルティングの魅力の1つですからね。

 

だからといって、何の例もないとなると、

イメージしにくいと思いますので

1例を以下に示してみたいと思います。

 

40 歳。男性。

洋画とか洋楽は好きだけど、中学時代から英語という勉強は苦手。

仕事一筋で生きていて、会社で昇級のために TOEIC550 が必要。

避けていたが、さすがに昇級を今の段階でしないといけないと自覚してる。

 

あなたが、英語は全般(単語、文法、発音)が苦手としましょう。

3ヵ月なので、13週間とみたて、平均週に2回、1回60分程度、通話するとします。

 

1週間目

初回セッション、方向性決め、発音の宿題。進捗の確認。

 

2週間目

進捗(発音の習得具合、宿題の進み具合)の確認。宿題。

 

3週間目

 

進捗(発音の習得具合、宿題の進み具合)の確認。宿題、単語のやり方の説明

 

4週間目

進捗(発音の習得具合、単語の定着具合、宿題の進み具合)の確認。宿題。

 

5~6週間目

進捗(単語の定着具合、宿題の進み具合)の確認。宿題。

 

7週間目

文法の取り組み方の説明、進捗(単語、文法の定着具合、宿題の進み具合)の確認。宿題。

 

8-9週間目

進捗(単語、文法の定着具合、宿題の進み具合)の確認。宿題。

 

10週間目

公式問題集の使い方の説明、進捗(単語、文法の定着具合、宿題の進み具合)の確認。宿題。

 

11~13週間目

問題集の不明点、理解度確認、進捗(単語、文法の定着具合、宿題の進み具合)の確認。宿題。

 

 

上記のそれぞれの宿題や取り組み方などは、宿題を出す前にしっかりと説明します。

 

あくまでも例ですが、

密に連絡を取り合う、

宿題、課題を出す、

軌道修正、アドバイスをさせてもらいます。

最初の段階で大まかな計画を立てますが、きっと前後すると思います。

個人差がありますので。

 

現時点でのレベルは問いません。

英語を使って人生を良くしていく!という意識レベルみたいなほうが重要です(笑)。

 

3ヵ月のコンサルサービスの価格について

 

前提として、購入するときに大切なのは、

 

価格以上の価値を、その商品から受けられるかどうか

 

です。

何気なく買うお菓子とか、高額な車とか家でも基本的に考え方は一緒です。

100円のアイスからは100円以上の価値を、100万円の車からは100万円以上の価値を感じるから

ってことですね。

 

お伝えした通り、今回の企画は

 

TOEICで点数を取るため+右肩上がりでノンストップでスコアを上げ続けるため

かつ、

自分が興味ある英語教材(洋楽、洋画、海外ドラマ、Youtube)から、学び続けるため

 

のものです。

今回の企画を通して、英語のある人生に突入してグングン英語力を上げてってほしいと思います。

というか、私自身がその意識で取り組んでいきます。

 

つまり、人生に対する投資とも言えると思います。

 

それを踏まえて、かつ可能な限り価格を押さえて、

3ヵ月 (90日間) で 139800 円としました。

 

この価格以上の価値を受け取れそうか判断してください。

 

現在、日中も仕事をしていることがあり、提供できる私の時間には限りがあります。

その中で最大限あなたのTOEIC学習、英語学習をサポートしていきます。

 

そのため、ごく少数の方に対してのサービスとなり、私が提供する時間などを考えると、

これがベストな価格だと思っています。

 

いつでもTOEIC、英語学習について質問できる状況

フィードバックをもらえる環境

頻繁なコミュニケーションによる学習の継続環境

 

を通して、サポート期間でTOEIC のスコア、

基礎力を底上げすることはもちろん、

コンサル後も 興味あるものから

英語力を上げる力をつけていってもらいます。

 

ちなみに、この価格は教材費も含まれてます。

指定教材を基本的に買っていただきます。

あなたに合わせたサポートなので教材をガチガチに決めてはいませんが、

基本的に購入は必要になります。

 

単語、文法、発音、TOEIC公式問題集。

それぞれを考えると複数冊になります。

 

個人のレベルもあるので一概には言えませんが、

私がオススメするものすべて購入したとしても、1万円以下。

ですので、私にお支払いいただくのは、129800円です。

 

私は時給5000円以上の対面個人指導を

企業を通してさせてもらった経験もあります。

 

実際に話す時間や、

メールまたはLINEによるフォローアップ質問への回答などを含めると、

間違いなく30時間以上の時間を使ってあなたをサポートしていきます。

 

価格以上の価値を感じられるかどうか、

考えてみてください。

 

初回お試しをお気軽に。

 

と言っても、最初はどういったサービスなのか気になると思います。

本間って実際どんな人、

どういう感じか知っておきたいと思うのは当たり前だと思います(笑)

 

お試しと書きましたが、

今のあなたの現状や時間の使い方を聞いて、

基礎力をつけるため、

TOEICのスコアをあげるために

必要なことや、英語学習全般の

アドバイスをさせてもらいます。

 

初回お試しは、

45 分前後を予定しています。

もちろん無料ですので、

気軽に参加していただけると嬉しいです。

 

どういう雰囲気か感じ取ってもらい、

判断材料の1つにしてください。

この企画のセールスとかはしませんので、

その点はご安心ください(笑)

 

以下に、[コンサルお試し希望]

と件名に入れていただき、ご連絡くださいませ。

rimo.of.toeic@gmail.com

 

というか、購入を決意している人でも、

最初のお試しは必須と考えています。

なぜなら、3ヵ月という期間を一緒に走っていくにあたり、

どういった人と一緒には知っていくかを知ったほうが

確実にいいからです。

 

ということで、質問でも要望でも意見でも、

気軽にご連絡ください。必ず返信します。

rimo.of.toeic@gmail.com

 

 

よくある質問

Q. どんな教材を使いますか。

A. TOEIC対策に公式問題集4を使い、

その他で使う教材は基本的に指定させていただきます。

けど人によっては、愛用している参考書もあると思います。

そのときは、その参考書の理解度や定着度を加味して、

指定教材の購入の必要の決めていきます。

価格の部分でもお伝えしましたが、

複数の参考書を購入していただいても、1万円以上にはならないです。

 

Q. 基礎力の向上だけでTOEICのスコア上がりますか。

A. 上がります。

 

ここだけの話ですが、

TOEICは単語力が上がるだけでも結果は大きく異なります。

理解できる単語が増えるだけでも、

確実にTOEICのスコアはあがります。

 

Q. コンサル後のサポートはありますか。

A. 特別には用意してないですが、

ご連絡いただければ、引き続きアドバイスさせていただきます。

コンサル後に学習する中で気になることや、

どうやっていけばいいかなど、

わからないことがあれば気軽に連絡してください。

 

ご連絡いただくことで更にあなたに合わせた

サポートが可能になると思っています。

 

Q. 返金保証はありますか。

A. コンサルティングサービスという商品であるため、返金は基本的に対応しておりません。

しかしながら、コンサルティングサービス始めたはいいけど、

やっぱり違う気がする、

という状況になったあと、3ヵ月間続けるのは、私とあなたお互いにとって良くありません。

どっちにとっても、効率的な時間にならないからですね。

ですので、コンサルティングサービス開始から15日以内であれば、返金対応します。

15日以内に、しっかりと見極めてください。

 

Q, 1日どれくらい時間が必要ですか。忙しくて、時間が取れませんが、大丈夫でしょうか。

A. 1日30分や1時間では流石に短いです。平日、最低でも2時間は学習してください。

そんな時間は取れない!と思うかもしれませんが、

スキマ時間などを賢く使いながら、時間を捻出すれば不可能ではないです。

 

そういった部分ももちろんサポートします。

 

しかし、机に向かう時間、が

一定量必要になるのも事実です。

 

最低でも、

1日1時間机に向かう時間を取ってもらうことを考えています。

 

密に連絡を取る、というのは、具体的にどの程度でしょうか。

少なくとも2,3日に1回は連絡を取りましょう。

 

私からも、進捗確認など連絡しますが、

連絡をもらえれば可能な限り早く、

最低でも24時間以内には返信します。

 

やったことを連絡していただくのも、

宿題の1つとしてます。

これも基本的に毎日と考えています。

簡単でも構いませんので。

 

やったことを文字にして誰かに伝えることで、

あとで振り返ったときに自分のやったことを

客観的に見れるというメリットもありますね。

 

最後に。

 

まず、長い文章をここまで読んでいただきありがとうございます。

 

最後に、なんで私がこんなことをやっているかなんですが、

私を含め、一人でも多くの人が

成長 出来たら嬉しいからです。

 

私の中で成長は、

できないことをできるようになること

です。

 

できることが増えると嬉しいですし、

それが自分がホントに進みたい道だったら

その喜びはもっと大きくなります。

 

以前に英語指導をした40歳の男性がいるのですが、

苦労の末TOEIC550という目標点数を達成したとき、

「人生で一番嬉しい!子供生まれたときと同じくらい嬉しいです!」

と言っていました。

 

達成感を感じられること自体に価値がありますし、成長したら、新たなステージに行けますよね。

新たなステージでも、見たことない世界でも、未知の領域とか、そういうやつです。

そこで更に成長していってほしいです。

 

私自身、まだまだ成長中です。英語を含めて、いろいろなフィールドで。

 

今回の企画を通して、一緒に成長し続ける人が増えたら嬉しいです。

英語を理解しようとする姿勢とか意欲ってのは

人それぞれですが、そう思えるのであれば、

今回お伝えする”英語の基礎力”をつけて、

英語のある人生を謳歌していきましょう!

 

重ねて、ここまでお読みくださいましてホントにありがとうございました。

是非とも、マンツーマンコンサルティングでお会いしましょう。

rimo.of.toeic@gmail.com

↑に気軽にご連絡ください。

本間 彰