Linkin Park – In Between で英語を学ぶ!和訳や直訳で理解を深める

こんにちは、リモです。

今日は私が好きな洋楽である Linkin Park – In Between を出来るだけ初心者の人にもわかりやすく解説していきたいと思います。

名曲ではありますが、メジャーな曲ではないため、この選曲に需要があるかが疑問ではありますが(笑)。

 

ただ、常々言っておりますが、好きなものや興味のあるものを使って英語を学ぶことは十分に可能だと思っています。

 

もちろん、好きなものとか興味あるものだけから学ぶのだと時間がかかるので、適宜参考書などは使うべきだとも思っております。

多くの人にとっては、洋画や洋楽、海外ドラマなどで学ぶのはサブ的な要素が多いかもしれませんが、それでも立派な学習ですので。

 

と、話が逸れそうなので、早速本題に入っていきますね。

Linkin Park – In Between

最初に、In Between の音声の YouTube を下記に記載します。

 

では、早速ではありますがニュアンスを取ってほしいので、歌詞と和訳を載せていきますね。

その後に、意味や直訳に触れていきます。

 

Let me apologize to begin with
Let me apologize for what I’m about to say
But trying to be genuine was harder than it seemed
And somehow I got caught up in between

最初に、謝らせてください
私が言うことについて謝らせてください
本物になろうとすることは見かけよりも難しかった
そしてどうしてか狭間にハマってしまった

Let me apologize to begin with
Let me apologize for what I’m about to say
But trying to be someone else was harder than it seemed
And somehow I got caught up in between

最初に、謝らせてください
私が言うことについて謝らせてください
誰かになろうとすることは見かけよりも難しかった
そしてどうしてか狭間にハマってしまった

Between my pride and my promise
Between my lies and how the truth gets in the way
The things I want to say to you get lost before they come
The only thing that’s worse than one is none

プライドと約束の狭間に
私の嘘と真実が邪魔をする方法の狭間に
私が言いたいことは、出てくる前に消えるんだ
1 よりも悪い唯一のことは 0 なんだ

Let me apologize to begin with
Let me apologize for what I’m about to say
But trying to regain your trust was harder than it seemed
And somehow I got caught up in between

最初に、謝らせてください
私が言うことについて謝らせてください
もう一度あなたの信頼を得ようとすることは見かけよりも難しかった
そしてどうしてか狭間にハマってしまった

Between my pride and my promise
Between my lies and how the truth gets in the way
The things I want to say to you get lost before they come
The only thing that’s worse than one is none

プライドと約束の狭間に
私の嘘と真実が邪魔をする方法の狭間に
私が言いたいことは、出てくる前に消えるんだ
1 よりも悪い唯一のことは 0 なんだ

And I cannot explain to you
In anything I say, or do, or plan
Fear is not afraid of you
Guilt’s a language you can understand
I cannot explain to you in anything I say or do
I hope the actions speak the words they can

私はあなたに説明できません
私がする、言う、計画する何についても
恐怖はあなたを恐れていない
罪悪感はあなたが理解できる言語で
私がする、言う、計画する何についてもあなたに説明できません
行動が話せる言葉を話したらと思う

For my pride and my promise
For my lies and how the truth gets in the way
The things I want to say to you get lost before they come
The only thing that’s worse than one is…
For my pride and my promise
Between my lies and how the truth gets in the way
The things I want to say to you get lost before they come
The only thing that’s worse than one is none
The only thing that’s worse than one is none
The only thing that’s worse than one is none

プライドと約束のために
私の嘘と真実が邪魔をする方法のために
私が言いたいことは、出てくる前に消えるんだ
1 よりも悪い唯一のことは…
プライドと約束のために
私の嘘と真実が邪魔をする方法の狭間で
私が言いたいことは、出てくる前に消えるんだ
1 よりも悪い唯一のことは 0 なんだ
1 よりも悪い唯一のことは 0 なんだ
1 よりも悪い唯一のことは 0 なんだ

歌詞の直訳と意味を理解する

いかがでしたでしょうか。

抽象的な内容が多かった感じですが、結構切ないニュアンスですね。

特にこの曲のイントロが、切なさを現しているようで個人的には好きです。

 

では、広く浅くにはなりますが、初級者の方でもわかるように歌詞について解説していきます。

Let me apologize to begin with
Let me apologize for what I’m about to say
But trying to be genuine was harder than it seemed
And somehow I got caught up in between

 

まず、直訳です。頭から訳しているものもあります。

謝らせてください、手始めに
謝らせてください、私が言うことについて
しかし、本物になろうとすることは難しかったです、そう見えたよりも
そして、どうしてか私は狭間、間にハマってしまった

let me do
do させてください

apologize
謝る

to begin with
最初に、手始めに、
という熟語です。

what I’m about to say
私がまさに言おうとすること

what が関係代名詞として使われていて、こと、とか もの と訳されるパターンですね。

be about to do
まさに do しようとする

try to do
do しようとする

genuine
本物の、誠実な

harder
hard の比較級で
より難しい

than ~
~ よりも

seem
~に思われる、~のようだ

seem は、覚えにくい表現ではありますが、

例文を挙げますと、

It seems that it is about to rain.
まさに雨が降るように思われる、
まさに雨が降りそうだ

と使うこともできます。

somehow
どうしてか、どういうわけか

get caught up in
~に捕らわれる、

between
中間に、どっちつかずで、という副詞の意味もあります。
間で、間に、の前置詞として使われることが多いです。

 

But trying to be someone else was harder than it seemed
And somehow I got caught up in between

 

しかし、他の誰かになろうとすることは、そう思われるよりも難しかった
そして、どうしてか私は狭間、間にハマってしまった

someone
誰か

else
他に、他の

ですので、

someone else
他の誰か

になります。

Between my pride and my promise
Between my lies and how the truth gets in the way
The things I want to say to you get lost before they come
The only thing that’s worse than one is none

 

プライドと約束の間に
私の嘘と真実が邪魔をする方法の狭間に
私が言いたいことは、来る前に消えるんだ
1 よりも悪い唯一のことは 0 なんだ

pride
プライド

promise
約束、約束する でも使われます

lie
嘘、嘘をつく、 同じ綴りで、横たわる、ある、みたいな意味になるときもあります。

how the truth gets in the way
真実が邪魔をする方法、もしくは、この文章のみならば、どのように真実が邪魔をするか

truth
真実

get in the way
邪魔になる
道に入ってくる、だから邪魔になるみたいなイメージですね。

 

The things I want to say to you
私があなたに言いたいこと
文法的な話をすると、ここまでが 名詞節 になりますね。

 

以降の get lost が動詞節 という感じですが、わからなくても大丈夫です。

どこまでが主語で、どの部分が動詞っぽいだろうというニュアンスで最初は問題ありませんので。

 

thing
もの、こと

want to do
do したい

get lost
消える、失せる
道に迷う、という意味もあります。

before they come
they は、前の things を指していますね。

The only thing that’s worse than one
1 よりも悪い唯一のこと

これも、名詞節ですね。

 

only
だけ、唯一の

worse
より悪い
bad の比較級ですね。

none
0、一つもないこと

 

Let me apologize to begin with
Let me apologize for what I’m about to say
But trying to regain your trust was harder than it seemed
And somehow I got caught up in between

最初に、謝らせてください
私が言うことについて謝らせてください
もう一度あなたの信頼を得ようとすることは見かけよりも難しかった
そしてどうしてか狭間にハマってしまった

regain
再び得る

ちなみに

gain で 得る、です。

 

And I cannot explain to you
In anything I say, or do, or plan
Fear is not afraid of you
Guilt’s a language you can understand
I cannot explain to you in anything I say or do
I hope the actions speak the words they can

私はあなたに説明できません
私がする、言う、計画する何についても
恐怖はあなたを恐れていない
罪悪感はあなたが理解できる言語です
私がする、言う、計画する何についてもあなたに説明できません
行動が話せる言葉を話したらと思う

 

explain
説明する

explain は、自動詞でも他動詞にもなりますが、誰かに説明するときは、
explain to A, explain it to A
のような形になり、A に(それを)説明する という風に使われます。

fear
恐怖、恐れ

be afraid of ~
~ を恐れる、怖がる

guilt
罪、罪悪感
ちなみに 罪 だけなら、sin と言ったりもしますね。

language
言語

understand
理解する

language you can understand
あなたが理解できる言語

次の文は少し訳しにくいですね。

I hope the actions speak the words they can

私は望みます、行動が話す、言葉を、行動が話せる

というのが、頭から訳した場合の直訳になります。

文字通りであるため、行動が話せる言葉…? と少し疑問になってしまいました。
ちなみに
word には、言葉 という意味のほかに
歌詞 という意味がありますので、そういったニュアンスで使われている可能性もありますね。

hope
望む、望み

action
行動

in
中で、ですが、使われ方によって、~において、のように訳され、今回はそのニュアンスですね。

anything
なんでも~ない
今回は、前段の cannot explain があるので、否定語の一部として、anything になっています。

plan
計画する

 

意味としては以上になります。

 

※ 本記事内において

Linkin Park – In Between

にて囲った部分は、全て Linkin Park – In Between の歌詞より引用しております。

 

少し雑なところもあるかと思いますが、自分の中で意味を理解していき、自分なりに解釈することで理解した英語の深みは増すと考えています。

繰り返し聞いて理解を深め、わからない部分やほかの曲でも説明が欲しいなどあれば、遠慮なくお知らせください。

では、今回はこの辺で!!

筆者(リモ)のプロフィール

生まれも育ちも北海道の 20 代後半。独学、留学なしで 2019年 3月 TOEIC 965。


高校 2 年の時に見た海外ドラマに魅了され、学校の授業と海外ドラマの両方を使い積極的に英語を学び始めました。

大学のときに TOEIC スコアを630 → 815、社会人になってから 965 まで上げ、その経験を活かして指導をしたり、英語を使って仕事をしたりしています。


TOEIC 学習も間違いなく必要ですが、興味あるもの (海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube など) から学んだほうが覚えやすいです。


○興味あるものから学び続けた経験
○TOEIC に特化した学習、指導経験


これらを通して得た、気づき、学びを、TOEIC 学習者向けにシェアしております。


「目標を達成したい」「スコアの停滞を打破したい」「TOEIC 学習を継続させたい」「一から学習しなおしたい」


そんな人の背中を一人でも多く押しております。

当サイトについては こちら から。

+α で TOEIC スコアを上げる LINE @ 運営中!

「1人で 目標スコアを取りたい」
「TOEIC スコアと英語力 を同時につけていきたい」
「興味あるモノから学んで、英語力を上げたい」

スコア目的だけの機械的な勉強では面白くない、興味あるモノを絡めて学びたい人が集まるコミュニティ (LINE @) を運営してます。

・TOEIC スコアと英語力を同時に上げる
・興味あるモノから継続的に学んでいく

をテーマにしています。

スコアを上げるだけでなく英語力を底上げするために、LINE @ ではより実践的な内容をお伝えします。

現在、TOEIC 指導をしている私が教えていることを詰め込んだ、TOEIC スコアを上げることに特化したレポートをプレゼント中です。

3万字超えのレポートとなっていますので、読みごたえは十分あると思います(笑)。

TOEIC スコアを少しでも上げたい人にとって、有益な情報になっていますので、是非お読みください。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です