リエゾン、リンキング、リダクションの関係を簡潔に紹介!

違い

 「なぜ[Shut up!]がシャラップ!になるんだろう?」と、一度冷静に考えたことはないでしょうか?これには、日本語にはない、英語の発音のリエゾンが関わっています。

 また、発音の学習を進める上で、以下のどれか一つを聞いたことがあると思います。。リエゾン、リンキング、リダクション。

 何がどういった意味なのか、具体的にどういったものがリエゾンやリダクションなのかをお伝えしていきます。

 英語の発音、リスニングの部分で、他の人と差がつきやすいのが、この部分かもしれません。

 わかってしまえば難しいものではなく、簡単に意識できるものなので、この機会にぜひ知っておきましょう。

 リンキング、リエゾン、リダクション

 結論から述べますと、リンキングが英単語と英単語をつなげて発音することを意味します。

 そして、リエゾンやリダクションは、リンキングの一部です。

 身近なもので例えるならば、リンキングが「本」で、リエゾンやリダクションは「ミステリー」や「SF」などの「本のジャンル」という意味になります。

 では、リエゾンとリダクションについて、それぞれ説明したいと思います。

※リエゾンの定義には諸説あり、英文の発音が、単語と単語で関わる変化を全てリエゾンと考える場合もあります。今回は、リンキングというカテゴリーの中に、リエゾン、リダクションがある前提で話を進めさせてもらいます。

 リエゾンについて

 冒頭で紹介した、「Shut up」が、「シャットゥ アップ」ではなく、「シャラップ」になるのが、まさにリエゾンの音の変化です。

 Shut と up を、つなげて読み、まるで一つの英単語のように「Shutup」と考えると単純で分かりやすいと思います。(なぜ「シャタップ」にならないの?と考える人もいるでしょうが、これは「t」の発音のところでご紹介しています。)

 別の例を挙げます。

 Don’t you ~ が「ドンチュゥ」になったり、want to が「ワナ」になったり、Where is it?が「ウェアリジットゥ?」になったりします。これらの例はカジュアルなものですが、ビジネスの場面でもリエゾンは登場します。

 リエゾンの情報については、諸説あり、「厳密にこれだ!」と呼べるものが見当たりませんでした。多くの場合だと、英単語の続きの中で、子音で終わる単語が、母音で始まる単語につながってできる音の変化をリエゾンと考えています。

 次に、音がなくなる発音変化、リダクションの説明に入ります。

 リダクションについて

 これは、英文を読むときに、普通は読み上げられる音が消えることを意味します。

 例を挙げてご紹介しましょう。

 Let me ~ は、ゆっくり読むと(レットゥ ミー)となります。これがLet me ~ (レッミー) と トゥが省略され、次の単語であるmeに音が繋がります。

 他の例を挙げると、Tell him(テゥ ヒムッ)がTell him(テリムッ)になります。

 1つ目の例では、tの発音が省略され、2つ目の例ではhの発音が省略されています。

 読む音を減らすので、Reduction(減少、削減などの意味)と呼ばれています。また、先に述べた通り、リダクションの変化でも、リエゾンと解釈する場合もあるということを知っておきましょう。

 まとめ

 英語の発音をつなげることでは、リエゾンが最も有名かもしれません。以上のような音の変化は、例で挙げたもの以外にも沢山ありますので、法則のようなものを掴んでいただきたいと思います。

 法則については、リエゾンって?例文で紹介する王道パターン5つでご紹介していますので、気になる方はご覧ください。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です