名曲 Beatles – Let It Be で英語を学ぼう!

こんにちは、リモです。

Beatles もよく聞くのですが、名曲も多いのはもちろんなんですが、わかりやすい英語が多いため、初級者の人でも英語そのものを楽しめると思っておりますので、記事としてお伝えしていきます。

 

Let it be は ケセラセラとか、ハクナマタタ とか、そういったニュアンスになります。

まさに、英知の言葉だと思います。

では、本文で詳しくお伝えしていきます。

Beatles – Let It Be

YouTube の音声動画も以下に貼っておきます。

では、まず全容をつかんでいただきたいので、和訳をお伝えしていきます。

 

When I find myself in times of trouble, Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom, “let it be”
And in my hour of darkness, she is standing right in front of me
Speaking words of wisdom, “let it be”

私が自分が困っていると気づくとき、聖母マリーが私に来る

英知の言葉を言いながら、”なすがままに”

私が暗闇の時間にいるとき、彼女は私の真向かいに立つ

英知の言葉を言いながら、”なすがままに”

Let it be, let it be
Let it be, let it be
Whisper words of wisdom
Let it be

なすがままに、そのままに

なすがままに、そのままに

英知の言葉をささやいて

And when the brokenhearted people living in the world agree
There will be an answer, let it be
For though they may be parted, there is still a chance that they will see
There will be an answer, let it be

世界の失意の人々が同意するとき、

そこには答えがあるあだろう、なすがままに

けれども、彼らが離れ離れになるかもしれないけど、それでもまだ彼らがあうチャンスはある

そこには答えがあるあだろう、なすがままに

Let it be, let it be
Let it be, let it be
Yeah, there will be an answer
Let it be
Let it be, let it be
Let it be, let it be
Whisper words of wisdom
Let it be

なすがままに、そのままに

なすがままに、そのままに

答えはあるだろう

なすがままに

なすがままに、そのままに

なすがままに、そのままに

英知の言葉をささやきながら

Let it be, let it be
Let it be, yeah, let it be
Whisper words of wisdom
Let it be

なすがままに、そのままに

なすがままに、そのままに

英知の言葉をささやきながら

And when the night is cloudy, there is still a light that shines on me
Shine on ’til tomorrow, let it be
I wake up to the sound of music, Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom, let it be

夜が曇っているとき、私の上には輝く光がまだある

明日まで輝き続けてくれ、なすがままに

私が音楽の音で目覚めると、聖母マリーが私に来る

英知の言葉を言いながら、”なすがままに”

Let it be, let it be
Let it be, yeah, let it be
There will be an answer
Let it be
Let it be, let it be
Let it be, yeah let it be
Whisper words of wisdom
Let it be

なすがままに、そのままに

なすがままに、そのままに

答えはあるだろう

なすがままに

なすがままに、そのままに

なすがままに、そのままに

英知の言葉をささやきながら

歌詞の意味を理解する

いかがでしたでしょうか。

ここから、それぞれの意味についてお伝えしていきます。

 

When I find myself in times of trouble, Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom, “let it be”
And in my hour of darkness, she is standing right in front of me
Speaking words of wisdom, “let it be”

 

私が自分が困っていると気づくとき、聖母マリーが私に来る
英知の言葉を言いながら、”なすがままに”
私が暗闇の時間にいるとき、彼女は私の真向かいに立つ
英知の言葉を言いながら、”なすがままに”

 

早速ですが、単語の意味などをお伝えしていきます。

find
見つける

という意味ですが、

find A B
A が B であることがわかる

というニュアンスでよく使われます。

 

頭から訳すと、

I find myself in times of trouble
私が わかる、私自身が、トラブルの時間にいるとき

 

つまり、私自身がトラブルの時間にいるとわかる

意味になります。

 

Mother Mary
聖母マリー

wisdom
知恵、英知

 

ちなみに、知識は knowledge です。

知恵と知識の違いに関しましては、以下のような言葉があります。

Wisdom is knowledge plus experience.

知恵は、知識に経験を足したものである。

wisdom という単語を、knowledge と併せて是非ここで覚えてしまいましょう。

let させる

です。

 

アナと雪の女王で流行った

let it go
も、直訳すると 行かせる

になりますので、

let it be は
ならせる、そのままにする

という意味合いになります。

 

darkness
暗闇、闇

right
まさに

right now で
まさに今、いますぐに

right here
まさにここで

みたいな、使われ方と同様ですね。

 

in front of me
目の前で

 

right in front of me
まさに目の前で

 

Let it be, let it be
Let it be, let it be
Whisper words of wisdom
Let it be

なすがままに、そのままに
なすがままに、そのままに
英知の言葉をささやいて

whisper
ささやく

And when the brokenhearted people living in the world agree
There will be an answer, let it be
For though they may be parted, there is still a chance that they will see
There will be an answer, let it be

世界の失意の人々が同意するとき、
そこには答えがあるあだろう、なすがままに
けれども、彼らが離れ離れになるかもしれないけど、それでもまだ彼らがあうチャンスはある
そこには答えがあるあだろう、なすがままに

brokenhearted
失意の、失恋した

broken-hearted と

表示されることもあります。

people living in the world
世界に生きる人々

になります。

agree
賛成する、同意する

There be動詞 ~
~ がある。

 

will
だろう、でしょう という助動詞。

though
だけれども、けれども、

may
かもしれない という助動詞

part
部品、部分 という意味のほかに、

分ける、終わらせる ニュアンスになります。

still
まだ、依然として

a chance that they will see
彼らが見る(出会う)チャンス

there is still a chance that they will see
まだ彼らが出会うチャンスはある

になります。

 

And when the night is cloudy, there is still a light that shines on me
Shine on ’til tomorrow, let it be
I wake up to the sound of music, Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom, let it be

夜が曇っているとき、私の上には輝く光がまだある
明日まで輝き続けてくれ、なすがままに
私が音楽の音に目覚めて気づくと、聖母マリーが私に来る
英知の言葉を言いながら、”なすがままに”

cloudy
曇っている

ちなみに

cloud

です。

shine
輝く

a light that shines on me
私(の上)に輝く光

になります。

’til = until ~
~するまで(ずっと)

wake up to ~
~ に気づく、目覚めて気づく

 

以上になります。

繰り返し聞くと歌詞も自然と覚えますので、細かい内容も理解して、英語力を底上げしていきましょう。

 

※ 本記事内において

Beatles – Let It Be

にて囲った部分は、全て Beatles – Let It Be の歌詞より引用しております。

ここまでお読みくださいまして、ありがとうございました。

 

何かあれば、気軽にご連絡ください。100% 返信しております。

筆者(リモ)のプロフィール

北海道生まれの 20 代後半。2019年 3月 TOEIC 965。


高校の時に海外ドラマに魅了され、英語に興味を持つ。

海外ドラマと授業の両方を使って積極的に学び英語が得意に。


そこから継続して学び続け、独学、留学なしで TOEIC 965 を取り英語を使って仕事をしてます。


“出来ないことを出来るようにする”


を理念としていて、出来ることが増えていくことで世界が広がったり、人生がより良くなっていくと考えています。


そして、出来ることが増えていくのが成長ですよね。


TOEIC の情報発信をしている理由は、TOEIC は成長を感じやすく、成長のポテンシャルが高いからです。


客観的なスコアで成長を実感しやすいし、英会話などにもつなげられるし、転職や昇格にも役立ちます。


英語を一から学びなおす人に指導し、目標を達成した際に


「子供が生まれた時くらい嬉しい!」


と感謝された経緯からやりがいを感じ、特に英語初級者への指導をメインにしております。


正しい学習法であれば、必ず結果は出ます。是非一緒に TOEIC 初級者を脱け出しましょう!

【無料】レポート配布中!

TOEIC 600 以下の方を対象に、初級者を脱するためのレポートを無料でお渡ししています。

以下の項目に 1 つでも興味のある方は、是非お読みください。

○最短でTOEICで結果を出す全体像
○今自分がやるべき学習を知る方法
○リーディング時間配分,解き方
○初級者がリスニングで意識すること
○試験直前でも使える情報
○正しい問題集をやるタイミング
○解けそうで解けない問題の対処法
○全力を出す試験当日の過ごし方

初級者を脱しTOEIC 600を超えるためのレポートです。

私自身の学習や、生徒さんへの指導の中での「気づき」「TOEICでスコアを出すコツ」をお伝えしています。(30000字越え)

加えて、初級者必見である TOEIC に良く出る 298 語の単語表現も同時にお渡ししています。

”単語帳メーカー” と言う暗記用アプリで、すぐに使える内容をファイルにまとめてお渡ししています。
リスニングとリーディング、どちらでも頻出の基礎的な単語を厳選してまとめました。

詳しくはこちらから。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です