LとRの発音を明確にするためにできる練習方法

LとRの発音

 「Really?」
 この発音を、自信を持って言える人がどれくらいいるでしょうか?
 カタカナ表記をするなら、「リアリー」かもしれませんが、これではLとRの違いは分かりません。
 何となく違いが分かっている人も多いかもしれませんが、この機会に違いを明確にしておきましょう。

 LとR

 日本語の発音のラ行は、どちらかと言えばLに近い発音です。
 イメージ的な話になってしまいますが、日本語のラ行を更に軽くしたものが、Lの発音に近づきます。
 そして、この反対に位置する重いものがRの発音になります。
 「軽い?重い?何の話だ?」

 という部分を含めて、動画でもご紹介していますので、こちらもご覧ください。

 RのほうがLに比べて、重いというのをカタカナ表記で説明してみます。
 「wrong」と「long」を例に挙げます。
 「wrong」は、「ゥロングッ」となり、「r」の発音の部分は、舌の先端をノドの奥に向けて丸めます。
 「long」は、「ロングッ」となり、「l」の発音の部分は、舌の先端を上の前歯の付け根に当てて発音します。

 動画でも説明していますが、この違いを明確にしていくために、「r」と「l」の発音を交互に繰り返す練習方法もあります。全く の英語発音初心者の方などにお勧めです。
 こもったような音である「r」と、弾むような音である「l」を繰り返します。
 「ゥールーゥールー(r,l,r,l)」のようなイメージです。
 この方法は、中学校時代の英語の先生が教えてくれた方法で、今思えばいい練習方法だと思います。
 最初は自分で違いがわかり辛いかもしれませんが、続ければ次第に変化があることを自分で感じ取れるはずです。

 LとRの違いを完璧に判断するのは難しい

 個人的な話になりますが、ネイティブが話す「right」と「light」や、「grass」と「glass」を単体で音のみを聞いて、完璧に区別できる自信はありません。
  文の前後などから類推して、それが「right」や「light」なのか区別することはできます。それでも、これは「L」「R」どちらでしょう?というクイズがあったら、10問あったら数問は間違ってしまうでしょう。このようなアプリもあります。
  帰国子女の方などは、こういった問題に直面しないのかもしれません。一度、留学生の友達に、先ほどのアプリをやってもらったところ、完璧に答えていました。彼らには、全く別物として認識できるようです。
 生まれも育ちも日本の人が、100発100中でLとRを聞きわけることは難しいと思います。「L」や「R」の発音がない、日本語の発音に慣れてしまっているのが原因でしょう。

 私も完ぺきに聞き取れるレベルには達していません。10回聞いたら、正解率は7割前後だと思います。これからも、精進してリスニング力を上げていきたいと思っています。

 それでも、違いを意識して発音していこう

 このサイトが掲げているテーマ、「 発音改善でTOEIC700を超えを狙う」のためにも、前述した練習方法などで、LとRの違いを意識して発音していきましょう。
 聞き取れないだけで、意識して発音したLとRは相手に伝わります。自分でそんなに違いがないかな?と思っていても、向こうに発音がいいと思われることは十分にあり得ます。
 また、意識して違いを練習していけば、LとRをリスニングで聞き分けられる能力は上がっていきます。繰り返しの練習し発音することで、リスニング力が上がっていきます。

 「あまり上手くLとRを発音できていないなあ」と感じている方は、日ごろから意識して練習していきましょう。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です