発音が上手くできなくても練習を続けるべき3つの理由

続ける力

 「「B」と「V」、「Th」と「S」、「L」と「R」、リンキング、リエゾン、フォニックス…やってみたけど、いまいち実感が湧かないや」

 発音の練習をしていて、このように感じる人は多いと思います。しかし、そこで歩みを止めてしまうのは、非常にもったいないです。

 今回は、月並みではありますが、続けることの大切さと、その力について、私の体験談を交えながらご紹介したいと思います。前半2つはリスニングに関する経験で、最後の一つは英会話に関するものです。

 最初に、何かを続けるときに知っておくべきことが何なのかお伝えします。

  • 習慣になる
  • 他人と差がつく
  • 実力は階段状に伸びる

 上に挙げた3つを、私の経験を挟みながらお伝えしていきます。全て続けたものが結果はついてきます。英語学習全般においても、例外ではありません。

 習慣になる

 これは、私が大学生の時の話しですが、海外ドラマをドハマりしていました。家にテレビがなかったこともあり、家で食事をするときは常に海外ドラマを見ていました。

 この生活を続ける中で、「食事をする時は海外ドラマを見る」というのが私の習慣になっていきました。

 この習慣があり、新しい海外ドラマがなくても、「あの海外ドラマもう一回見てみるか」と思い、一度見た海外ドラマを見ていました。

 「じゃあ今回は英語字幕にしてみてみよう」となり、英語字幕で海外ドラマを見ることをやり始めました。

 一度見たものなので、ストーリーの大枠は知っています。英文を見て、リスニングをして、「ああこれはこういう意味なのか」という発見も出てきます。

 おかげで、どういった英文や英単語がどう発音されるというのが、少しずつわかってきました。これは、私のリスニングを大きく飛躍させたと思います。

 他人と差がつく

 もちろん、英語字幕で見ていたら、わからない単語はたくさん出てきます。

 このときに、自分の中でルールを決めました。

 それは、「海外ドラマを1話見るたびに、3回以上電子辞書を開いて調べる」。

 3回、これは非常に少ない数です。帰国子女でもないので、海外ドラマを英語字幕で見て、知らない英単語は何十個と出てきます。

 これをすべてやり続けることができたら、大きな力になると思います。しかし、完璧を追いかけるようなことが長続きしないのは知っていました。

 長続きするコツのようなものだと思いますが、圧倒的にハードルを下げることで、少しづつながら続けることができました。また、調子がいい時は、1話見ているときに、10回とか電子辞書を開くこともありました。

 やり始めたら調子が出てくる。というのは、よく聞く話です。その最初の一歩を踏み出すハードルを下げるためにも、簡単に続けられるものをコツコツやっていきましょう。

 実力は階段状に伸びる

階段

 別の話になりますが、海外旅行した時の話をさせてください。

 大学2年生の時にオーストラリアに10日ほど滞在しました。オーストラリアに行く直前の2週間などは、英語の日常会話の練習を少し予習をしていきました。

 2週間の間は、スマートフォンのアプリを使い、日常英会話を学んでいました。しかし、いざオーストラリアに行ってみると、現地の人と英語でコミュニケーションはほとんどできませんでした。

 その時のショックはとても大きく、その後日本に戻ってきてから、英語の日常英会話を少しずつ学び続けました。その時のショックがバネになっていたのもあり、毎日5分ほどの短い時間でしたが、続けられました。

 そして、たまたま留学生と喋る機会があると、思ったよりも英語を喋れる自分に気が付きました。学んでいたものが、生きた瞬間は嬉しかったです。

 長くなりましたが、言いたいことは一つです。すぐに実力は着きません。思わぬところで、実力が出てきます。

 英語の発音を練習していると、自分で発音が変わってくることを実感できる瞬間が来ます。その瞬間がいつ来るかはわかりませんが、正しい方法で続けていれば、必ずその瞬間はやってくるでしょう。

プロフィール

北海道生まれの20代後半。2019 年 3 月に TOEIC965 達成。日中は英語業務をしたり副業として英語指導してます。高校の時に海外ドラマの面白さに完全に魅了され、

 「主人公が喋っている英語がもっとわかれば、もっと海外ドラマを楽しめるのに…!」

という考えになり、英語に対する姿勢が180度変わる。理系の学部に進学し、相変わらず独学で海外ドラマなどで英語を学び続ける。
海外旅行で自分の発音に絶望したりつつも、大学で TOEIC 815 達成や、留学生とも交流を深めたり、英語と密に触れ合ってきました。


 「英語を使った人生でちゃんと成長する!」

という思いから、英語指導をしたり英語学習を継続、
「英語は学習するためだけのものではなく、楽しむために学び成長する」という理念を一人でも多くの人に届けるべく活動中。
「海外ドラマとか、洋楽、洋画、Youtube の英語のものとか好きだけど、英語力を高められてない」という人に向けて情報発信してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です