ハラハラしまくりの海外ドラマ ジャック ライアンの字幕で英語を学ぶ!

こんにちは、リモです。

最近あまり新しい海外ドラマを見れていなく、結構宣伝されていた Amazon Prime 限定で配信されている ジャック ライアン という海外ドラマを見てみました。

 

結論から言うと、かなり面白くハマってしまいました(笑)

Prison Break や LOST のスタッフが監修しているそうですので、面白そうだとは思っていたのですが、案の定面白いですね。

では今回は、Amazon Prime でしか見れない、海外ドラマ ジャック ライアン の魅力などについてお伝えしていきます!

ジャック ライアン の予告から英語を学ぶ

失礼ながら、主人公のジャック ライアンの顔が、海外ドラマ CHUCK の主人公の顔と似ていると思いました(笑)。

本編と全然関係ないですが、CHUCK の主人公は以下の人です。

こちらが、Jack Ryan の予告動画になります。

サムネでも似てるのわかりますよね?(笑) 別人なんですよ。

ちなみに、CHUCK は少し古い海外ドラマになりますが、ジャック ライアン も CHUCK もどちらも面白いので、おススメです!

 

TOEIC ブログなんで、TOEIC 的な観点で言えば、海外ドラマのジャック ライアンは中東の人が喋る英語があったりするので、発音の観点では微妙なときもあるかもしれません。

逆に、英語ではない言語の時は、横に英語字幕が出たりするので、そこから意味を自分なりに推察する見方もできますので、悪い面ばかりではありませんけどね!

 

しかしながら、日常会話的なやり取りが多いですし、ハラハラドキドキする展開は間違いなく癖になると思います。

私も、数話一気に見てしまいました(^▽^;)

ちょっとグロテスクな表現があったりするので、そういうのが苦手な人は遠慮したほうがいいかもしれません。
※ この字幕は、そういった描写はないのでご安心ください。

 

それでも、予告で使われている英語を理解することで、英語的な学びは確実にありますので、ジャック ライアン のシーズン 1 の予告の動画を使って、記事を書いてみます。

まだ見てない人はもちろん、見たことがある人でも学習できるような形にしていますので、是非参考にしてみてください。

 

ジャックライアンの予告から学ぶ

尋問っぽいシーンから予告は始まります。

Do you do this often?
Kidnapping innocent people off the street and interrogate them.
You’re my first one, actually.
How am I doing?

よくこれをやるのか?
無実の人を道で誘拐して、尋問する。
君が最初の一人なんだ、実は。
どうかな? (うまくやれてるかな?というニュアンス)

 

often しばしば
ちなみに frequently 頻繁に とほぼ同じニュアンスで、どちらも TOEIC 頻出です。

kidnap 誘拐する
innocent 無実の
interrogate 尋問する
actually 実は

 

なにやら、もみ合いになり、ジャックが手りゅう弾を手に取って言います。

 

 

Shoot me.
I drop this and we all die.

撃ってみろ。
俺がこれを落として、みんな道連れだ。

 

女性とデートしている様子。何をしているか聞いていますね。

 

What exactly does a State Department supply chain logistician do?
They work behind desk and write reports.
That sounds…
Boring?

国務省の人(国務省サプライチェーン物流の人)は具体的に (正確に) 何をしてるの?
デスクワークで報告書を書くんだ。
それは、、、
つまらなそう?

exactly
正確に

exactly は、
precisely
accurately
と同じ意味で、正確に です。

State Department
国務省

supply chain
サプライチェーン

logistician
物流の人 と言う意味で今回は使われています。

 

デスクワークのことを、work behind desk (机の後ろで働く)と言っていますね。

boring つまらない

 

しかしながら、ヘリで連れて行かれるジャック。

Dr. Ryan, I need you to come with me.
What?
We have to go.

ライアンさん、私と一緒に来てください。
何だ?
行かなければいけません。

 

What have you got?
The individual behind these transactions could be a high-level target.
His name is Suleiman.

何を持ってる?(どんな情報をつかんでいる、というニュアンス)
これらの取引の後ろにいる個人は承久のターゲットかもしれません。
彼の名前はスレイマン。

individual 個人、個人の
transaction 取引

could be かもしれない、

というニュアンスで使われることがあります。

How come you’re the only one that knows about this mystery man?
I was just following the money, sir.

どうして君だけがこの神秘的な男を知っているんだ?
ただお金を追いかけていただけです。

how come = why
と認識してもらって問題ありません。

意味は、なぜ、どうして です。

一点、why よりも、how come にすることで、how come の後は 普通の文(SV)が来ることに違いがありますが、読んで理解する上ではそれほど意識しなくてもいいかもしれません。

 

新手の勢力に対して、主人公サイドも対策を練るようです。

They have cells in France, Yemen, Syria, and those are just the ones we know about.
There’s something different about his agenda.
I’d like to stand up a task force.
Whatever he’s planning, he’s ready now.

彼らは、フランス、イエメン、シリアに下部組織を持っていて、これらは私たちが知っているものに過ぎない。
彼の意図は少し違う。
作戦部隊を立ち上げたいと思う。
彼が何を計画していようとも、彼はもう準備できている。

cells 下部組織、集団
agenda 課題、意図
task force 作戦部隊

Whatever なんでも
と言う意味ですが、なにを~~していても、という意味にもなります。

 

そして、何やら飛行機でどこかに行くようです。

I can’t go to Yemen.
I’m an analyst.
I don’t interrogate people, I write reports.
Get on the plane.

イエメンにはいけません。
私は分析官です。
尋問もしませんし、レポートを書くんです。
飛行機に乗れ。

analyst 分析官
interrogate 尋問する

ちなみに、analyze で、分析する、という動詞になります。

 

ジャックがどうにかしようとする一方、敵の妻が何やらこちらに協力してくれているようです。

We got to figure out a way to get inside his head.
Mousa bin Suleiman is my husband.
He don’t know where I am.
My son is with him

この(男の)頭の中に入る方法を探さなきゃな。(何を考えているか理解する必要があるというニュアンス)
ムーサ ビン スレイマン は私の夫です。
彼は私の場所を知りません。
私の息子が彼といるんです。

figure out 見つける、探し出す、理解する

3行目は 本来は、He doesn’t know ~~ と三単現の s がつくはずですが、細かい文法は無視されている例ですね。

 

話は、フランスにも及びます。

 

Is he planning something here?
Paris was only the beginning.

何かここで企んでるの?
パリは、ただの始まりだ。

Just follow along.
Watch and learn.
We have to chase this down.

いいからついてこい。
見て学べ。
これを追いかけなきゃ。

follow along ついていく
chase down おいかける

My son, get him back.
Promise me.
I can promise you.
I’m the best chance you have.

息子を、取り返して。
約束して!
約束するよ。
私は君が持つ最良のチャンスだ。(俺しかいないよ、というニュアンス)

 

以上になります!

話としては、アメリカの CIA が、国の脅威に対して動いていくというわかりやすい形になっており、話にも入り込みやすいです。

Amazon Prime で見れるということは、一気に見てしまう可能性が非常に高い海外ドラマとなっていますが、まとまった時間がある方、まとまった時間がない方でも一気に見てしまうと思いますのでご注意を(笑)。

 

字幕を一通り理解してから、もう一度見てみると理解度も上がると思いますので、是非見てみてください!

では、今回はこの辺で!

 

なお、今回

ジャック ライアン

にて囲んで記載している部分は、ジャック ライアン (原題 Tom Clancy’s Jack Ryan Season 1 – Official Trailer | Prime Video)の予告 https://www.youtube.com/watch?v=xJKZIpH_xuk より引用しています。

 

筆者(リモ)のプロフィール

生まれも育ちも北海道の 20 代後半。独学、留学なしで 2019年 3月 TOEIC 965。


高校 2 年の時に見た海外ドラマに魅了され、学校の授業と海外ドラマの両方を使い積極的に英語を学び始めました。

大学のときに TOEIC スコアを630 → 815、社会人になってから 965 まで上げ、その経験を活かして指導をしたり、英語を使って仕事をしたりしています。


TOEIC 学習も間違いなく必要ですが、興味あるもの (海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube など) から学んだほうが覚えやすいです。


○興味あるものから学び続けた経験
○TOEIC に特化した学習、指導経験


これらを通して得た、気づき、学びを、TOEIC 学習者向けにシェアしております。


「目標を達成したい」「スコアの停滞を打破したい」「TOEIC 学習を継続させたい」「一から学習しなおしたい」


そんな人の背中を一人でも多く押しております。

当サイトについては こちら から。

+α で TOEIC スコアを上げる LINE @ 運営中!

「1人で 目標スコアを取りたい」
「TOEIC スコアと英語力 を同時につけていきたい」
「興味あるモノから学んで、英語力を上げたい」

スコア目的だけの機械的な勉強では面白くない、興味あるモノを絡めて学びたい人が集まるコミュニティ (LINE @) を運営してます。

・TOEIC スコアと英語力を同時に上げる
・興味あるモノから継続的に学んでいく

をテーマにしています。

スコアを上げるだけでなく英語力を底上げするために、LINE @ ではより実践的な内容をお伝えします。

現在、TOEIC 指導をしている私が教えていることを詰め込んだ、TOEIC スコアを上げることに特化したレポートをプレゼント中です。

3万字超えのレポートとなっていますので、読みごたえは十分あると思います(笑)。

TOEIC スコアを少しでも上げたい人にとって、有益な情報になっていますので、是非お読みください。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です