名曲 Beatles – Hey Jude で英語を学ぼう!

こんにちは、リモです。

今回は普段よく聞いている洋楽の中で、Beatles – Hey Jude が初級者の方におススメできると思ったので、英語とともに引用させていただきながら紹介します。

わかりやすい表現が多いので、是非この曲をきっかけに英語力を高めてみてください。

 

前回の Beatles – Yesterday に続いて、Hey Jude を使って英語を学んでいきましょう。

前回記事は以下から。

名曲 Beatles – Yesterday で英語を学ぼう!

Beatles – Hey Jude

YouTube の音声動画も以下に貼っておきます。

Hey Jude, don’t make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better

なあ ジュード、悪くするなよ
悲しい歌を聞いて、より良くするんだ
彼女にあなたの心を打ち明けることを覚えておいて
そうしたら、君はよりよくするために始められる

Hey Jude, don’t be afraid
You were made to go out and get her
The minute you let her under your skin
Then you begin to make it better

なあ ジュード、怖がらないで。
外に出て彼女をゲットするために君は作られたのさ
君の肌の下に彼女をいれさせる瞬間
そうしたら君はより良くするために始めるんだ

And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain
Don’t carry the world upon your shoulders
For well you know that it’s a fool who plays it cool
By making his world a little colder
Na na na na na na na na na na

君が痛みを感じるどんな時も、やめておくんだ
世界を君の肩で支えるんじゃない
なぜなら、君はよく知っている、
君の世界をちょっと冷たくすることで、カッコつけてやるのは愚かだってことを

Hey Jude, don’t let me down
You have found her, now go and get her
(Let it out and let it in)
Remember (Hey Jude) to let her into your heart
Then you can start to make it better

なあ、ジュード、ガッカリさせるなよ
君は彼女を見つけてるんだ、言って彼女をゲットするんだ
(行かせて、来させて)
彼女にあなたの心を打ち明けることを覚えておいて
そうしたら、君はよりよくするために始められる

So let it out and let it in, hey Jude, begin
You’re waiting for someone to perform with
And don’t you know that it’s just you, hey Jude, you’ll do
The movement you need is on your shoulder
Na na na na na na na na na yeah

だから、行かせて来させるんだ、なあジュード、始めるんだ
一緒にやる誰かを待っているんだ
そして君は君しかいないってことを知らないのかい? なあジュード、君はやるよ
君に必要な動きが、君の肩にあるんだ

Hey Jude, don’t make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her under your skin
Then you’ll begin to make it
Better better better better better better, oh

なあ ジュード、悪くするなよ
悲しい歌を聞いて、より良くするんだ
彼女にあなたの心を打ち明けることを覚えておいて
そうしたら、君はよりよくするために始められる

Yeah yeah yeah yeah yeah yeah yeah
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
(Jude Judy Judy Judy Judy Judy owwwww wowww)
Naa na na na na na na (Na na na), na na na na, hey Jude
(Jude Jude Jude Jude Jude)
Naa na na na na na na (Yeah yeah yeah), na na na na, hey Jude
(You know you can make, Jude Jude, You’re not gonna break it)
Naa na (Don’t make it bad Jude) na na na na na (Take a sad song and make it better), na na na na, hey Jude
Hey Jude, hey Jude wowwwwww
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Jude Jude Jude Jude Jude Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
(Na na na na na na na na na na na na)
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na (Make it Jude), na na na na, hey Jude
(Yeah yeah yeah yeah yeah yeah yeah)
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
(Go listen to ya ma ma ma ma ma ma ma ma)
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude
Naa na na na na na na, na na na na, hey Jude

歌詞の意味を理解する

いかがでしたでしょうか。

ここから、それぞれの意味についてお伝えしていきます。

Hey Jude, don’t make it bad
Take a sad song and make it better
Remember to let her into your heart
Then you can start to make it better

なあ ジュード、悪くするなよ
悲しい歌を聞いて、より良くするんだ
彼女にあなたの心を打ち明けることを覚えておいて
そうしたら、君はよりよくするために始められる

make O C
O を C にする

意味がありますので、

それ(it)を悪く(bad)にする
意味になります。
今回 it は言及されていませんので、

don’t make it bad
悪くするなよ

ですので、次の make it better は、
より良くしなよ

というニュアンスになります。

take a sad song
悲しい歌を聞く

remember
覚えておく

let は させる ですが、
~の状態にする、という意味もありますので、

let her into your heart
彼女をあなたの心に入れさせる

ニュアンスになります。

Hey Jude, don’t be afraid
You were made to go out and get her
The minute you let her under your skin
Then you begin to make it better

なあ ジュード、怖がらないで。
外に出て彼女をゲットするために君は作られたのさ
君の肌の下に彼女をいれさせる瞬間
そうしたら君はより良くするために始めるんだ

afraid of A
A を 怖がる

don’t be afraid
怖がらないで

命令文の形ですね。

You were made to do
あなたは do するために作られた

go out
出かける、デートする

minite
分 ですが、時間とか、すぐのニュアンスですね。

under
下に

先ほどの let her into ~ と同様ですので、

let her under your skin
君の肌の下にいれさせる

skin は肌 ですが、外面とか、そういったニュアンスで使われていると思いますので、本心に触れさせる意味合いだと解釈しています。

And anytime you feel the pain, hey Jude, refrain
Don’t carry the world upon your shoulders
For well you know that it’s a fool who plays it cool
By making his world a little colder
Na na na na na na na na na na

君が痛みを感じるどんな時も、やめておくんだ
世界を君の肩で支えるんじゃない
なぜなら、君はよく知っている、
君の世界をちょっと冷たくすることで、カッコつけてやるのは愚かだってことを

anytime
いつでも

ちなみに

whenever
いつでも

で同じ意味、ニュアンスですね。

pain
痛み

refrain
控える、やめておく

refrain は stop よりも柔らかい表現ですね。

carry は
運ぶ、意味もありますが、支える 意味もあります。

upon ≒ on ですので、

Don’t carry the world upon your shoulders
君の肩の上で世界を支えるな

というニュアンスになります。

for well you know
これは少しくだけで英文になっており、正しますと

for you know well
なぜならあなたはよく知っているだろう

になります。

for には、なぜなら、という意味合いもあります。(TOEIC では、この使われ方はほとんどありません)

it’s a fool who plays it cool
By making his world a little colder

それは愚かである、カッコつけるのは
彼の世界を少し冷たくして
※ 彼の世界を少し冷たくしてカッコつけるのは

fool
愚かモノ、愚かであること

play it cool
カッコつける

make O C の形がここでも使われており、

make his world a little colder

彼の世界(his world)を、少し冷たく(a little colder) する

になります。

Hey Jude, don’t let me down
You have found her, now go and get her
(Let it out and let it in)
Remember (Hey Jude) to let her into your heart
Then you can start to make it better

なあ、ジュード、ガッカリさせるなよ
君は彼女を見つけてるんだ、言って彼女をゲットするんだ
(行かせて、来させて)
彼女にあなたの心を打ち明けることを覚えておいて
そうしたら、君はよりよくするために始められる

let 人 down
人 を落胆させる、ガッカリさせる

you have found her
現在完了が使われており、
彼女を見つけている

というニュアンスになります。

So let it out and let it in, hey Jude, begin
You’re waiting for someone to perform with
And don’t you know that it’s just you, hey Jude, you’ll do
The movement you need is on your shoulder
Na na na na na na na na na yeah

だから、行かせて来させるんだ、なあジュード、始めるんだ
一緒にやる誰かを待っているんだ
そして君は君しかいないってことを知らないのかい? なあジュード、君はやるよ
君に必要な動きが、君の肩にあるんだ

perform
実行する

someone to perform with
一緒にやる誰か

don’t you know
知らないのか?わからないのか?

という表現です。

you’ll
= you will

movement
動くこと、動き、動作

the movement you need
君が必要な動作

be on your shoulder
君の肩の上にある

 

以上になります。

繰り返し聞くと歌詞も自然と覚えますので、細かい内容も理解して、英語力を底上げしていきましょう。

 

※ 本記事内において

Beatles – Hey Jude

にて囲った部分は、全て Beatles – Hey Jude の歌詞より引用しております。

筆者(リモ)のプロフィール

北海道生まれの 20 代後半。2019年 3月 TOEIC 965。


高校の時に海外ドラマに魅了され、英語に興味を持つ。

海外ドラマと授業の両方を使って積極的に学び英語が得意に。


そこから継続して学び続け、独学、留学なしで TOEIC 965 を取り英語を使って仕事をしてます。


“出来ないことを出来るようにする”


を理念としていて、出来ることが増えていくことで世界が広がったり、人生がより良くなっていくと考えています。


そして、出来ることが増えていくのが成長ですよね。


TOEIC の情報発信をしている理由は、TOEIC は成長を感じやすく、成長のポテンシャルが高いからです。


客観的なスコアで成長を実感しやすいし、英会話などにもつなげられるし、転職や昇格にも役立ちます。


英語を一から学びなおす人に指導し、目標を達成した際に


「子供が生まれた時くらい嬉しい!」


と感謝された経緯からやりがいを感じ、特に英語初級者への指導をメインにしております。


正しい学習法であれば、必ず結果は出ます。是非一緒に TOEIC 初級者を脱け出しましょう!

【無料】レポート配布中!

TOEIC 600 以下の方を対象に、初級者を脱するためのレポートを無料でお渡ししています。

以下の項目に 1 つでも興味のある方は、是非お読みください。

○最短でTOEICで結果を出す全体像
○今自分がやるべき学習を知る方法
○リーディング時間配分,解き方
○初級者がリスニングで意識すること
○試験直前でも使える情報
○正しい問題集をやるタイミング
○解けそうで解けない問題の対処法
○全力を出す試験当日の過ごし方

初級者を脱しTOEIC 600を超えるためのレポートです。

私自身の学習や、生徒さんへの指導の中での「気づき」「TOEICでスコアを出すコツ」をお伝えしています。(30000字越え)

加えて、初級者必見である TOEIC に良く出る 298 語の単語表現も同時にお渡ししています。

”単語帳メーカー” と言う暗記用アプリで、すぐに使える内容をファイルにまとめてお渡ししています。
リスニングとリーディング、どちらでも頻出の基礎的な単語を厳選してまとめました。

詳しくはこちらから。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です