BとVの発音の違いを1分で説明!音声でより違いを理解

英語発音

 日本人の多くがあまり意識していない、または気にせずに発音しているものが、BとVの発音の違いです。これを意識しないで英語を話すと、ネイティブが不思議に思うこともあります。

 今回は、厳密なお話ではなく、意識するだけで発音を変えることができる方法をお伝えします。BとVの発音の違いを意識するにあたって、重要なのは唇です。

 また、今回お伝えするのは、初歩的なことが中心になるでしょう。

※この記事は、英語発音に特化した勉強を実践する前の管理人が書いたものです!留学生との会話や海外ドラマから学んだ大雑把なフィーリングであっても、ある程度の発音はできることを伝えたいのです。

 BとVの発音の違い

 単刀直入ですが、日本語のバビブベボの発音は、全てBの発音です。

 ただ気をつけたいのは、日本の発音には母音が含まれていますので、厳密には違うことを覚えておきましょう。

 英語のBの発音は、口の中の空気を勢いよく上唇と下唇で発音するイメージです。

 一方日本語の発音には、Vの発音の言葉はありません。

 Vの発音方法は、上の前歯を下唇にあてて、「ヴィー」と言った時の発音がVです。このとき、上唇は何もしていませんね。

 感覚は伝わったのではないでしょうか?より違いを感じていただくために、音声を用意しました。実際に音を聞いて、違いを感じてみましょう。

 …違いを感じられたでしょうか?何となくであっても、同じ音には聞こえなかったと思います。

 Bの発音の仕方は、破裂音と言い、Vの発音の仕方は摩擦音に分類されます。

 Bの音は破裂させて発音しますので、連続して発音しようとすると、「ブ、ブ、ブ」となりますね。

 Vの音は、唇との摩擦によるものなので、「ヴィ、ヴィ、ヴィ」というように発音されます。

 Bの発音は、比較的に簡単に発音できるかもしれませんが、Vの発音の時は唇を強く意識しましょう。

 イメージ的な補足ですが、違いを分かってもらえたら幸いです。

 以上で、BとVの違いについての記述は終わりです。

 自分では違いを感じ取り辛いかもしれませんが、日々の英語学習で意識することで、少しずつ英語の発音を矯正していきましょう。

 また、BとP、VとFは、似ている発音の組み合わせですが、これらは有声音と無声音の違いで説明したいと思います。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です