ビジネス英語のレベルって?日常英会話との比較でお伝え!

ビジネス英語

どーも、リモです。

前回の記事でSpeakingとWritingを伸ばしていくぜ!!ってことは伝えたんですが、どの程度のレベルを目指すか考えました。

そして気になったのが、英語のレベルが

  • ネイティブレベル
  • ビジネス英会話レベル
  • 日常会話レベル

に分けられることです。ここで自分のレベルがどの辺に位置しているか気になったんです。

おそらく日常会話レベルだとは思うんですが、定義がよくわからないなと思ったので、今回少しまとめてみたいと思います。

 ネイティブレベル

これは文字通りですね。

ネイティブ(英語が母語)の人レベルってことでいいですね。非常にわかりやすいです。

Listening、Writing、Speaking、Readingについて、自由に情報を受け取り、発信することが出来るレベルでしょう。

語彙数は、2万~3万ほどらしいです。

加えて、文法や英語独特の表現を完全に理解している状態でしょう。

帰国子女のかたなども、こちらに当てはまる気がしますね。

ネイティブレベルという表現は、少し考えると何となくわかります。私達日本人も、日本語ネイティブですからね。

 ビジネス英語レベル

ビジネス英語

こちらは、ビジネスで英語を使える人ってことでいいはずです。少なくとも私はそう思います。

気になる語彙数の目安は、8000前後!

8000前後がの語彙数があると、英字新聞もスラスラ読めるようです。もちろん100%の単語が理解できるわけでなく、95%ほどが理解できる前提です。

加えて、Listening、Writing、Speaking、Readingが、それぞれ不自由なく出来るレベルだと思います。

文法なんかも完璧ではないでしょうが、9割以上は理解出来るレベルだと想像します。

わかりやすい試験などで考えると、

  • TOEIC860以上
  • 英検準1級以上

のレベルでしょう。まあただの目安ですけどね。

文法なんかを考えた時に、ちょっとくらい間違っていても伝わりますよね?

ほぼほぼ意思疎通ができているのに、些細な文法表現が間違っていただけで、ビジネスが破綻することなんてありますかね?(意味が真逆になったり、よほど失礼にならないかぎり大丈夫な気がしますが、、、

相手も、こちらが日本人でノン・ネイティブなことは重々承知でしょうし。

もちろん、英語が出来なくてもいい、っていうつもりは毛頭ありませんよ!

 日常会話レベル

ほんとに喋るだけなら、2000語の語彙数があれば会話は出来るらしいです。

加えて、文法が最低限出来ている必要はあるでしょう。

たしかに、相手に自分の気持を伝えるだけなら、中学校で習った英語だけで意思の疎通は出来ますよね。

2000語の語彙を使って喋るだけなら、多くの日本人でも出来そうなものですが、なかなかこれが出来ません。

この理由は喋る練習を絶望的にしてこなかったからでしょう。

日常英会話レベルですので、ListeningとSpeakingができれば会話は成り立ちます。だからReadingとWritingが出来なくても問題ないでしょう。

あれ?なんか日常英会話レベルなら、誰でもちょっと努力すれば到達してしまいそうですね!

 ビジネス英会話と日常英会話の違い

  • 求められる語彙数と、ReadingとWritingの存在

これが大きいと思います。ビジネスの場面ですから、細かなやり取り、専門用語、丁寧な表現などが必要です。

また、ビジネスの場面ではメールのやり取りは頻繁に行われます。これを問題なくこなすためには、ReadingとWritingの力が必要です。

ここまで書いて「TOEICは良い試験なのかも」と思いました。

TOEIC対策をすることで語彙は伸びますし、Reading力も間違いなく上がります。そして内容読解の問題のテーマは、ビジネスが中心です。

確かにSpeakingやWritingの勉強も必要ですが、基礎力を養成+英語学習のモチベーションを維持などの効用は間違いなくあるはずです。

 ちなみに…

私の今の語彙数はたぶん7000くらいです。どこかのウェブサイトで測定したらこれくらいだったはずです。

文法もある程度理解できていますが、ビジネスで英語を使ったことは皆無です。英語で何かを書いたことがほとんどありませんが、留学生と普通に英語で喋れました。そこから勉強も続けています。

自分の意志を伝えることはできるので、、、日常英会話レベルはあると思いたいです。こっからもっと英語力を上げていきます。

 まとめ

いろいろ書いていて思ったのですが、英語を使う場所でも英語のレベルはちょっと違う気がしました。

単純に語彙数とか、文法とか、喋れるとか書けるってこと以外にも、英語を使う場所の文化の背景の理解なんかも加わってくるからです。まだイギリス英語とアメリカ英語では違うでしょうし、アジアでも英語自体が発達しているでしょう。

アジアの国同士でも、英語でコミュニケーション取っているくらいですからね。

英語は変化していますから、ネイティブなんてのは、それぞれの国の中での話になってくる気がします。

ちょっとわかりづらかったかもしれませんが、「英語は変化しているんだ!」ってことが言いたかったんです。はい。

まだビジネス英語でも、帰国子女の中学生は、ビジネスをしたことがないから、ビジネス英語を知らないんじゃ?と考えてみたりしました。

その帰国子女は、ビジネス英会話は出来ないけど、流暢に英語を喋る… なんて状態もあり得るんだろうなと。

こういったことを考えていたら、英語のレベル分けなんてどうても良くなってきました(笑)。

何にせよ、英語学習に終わりはないはずですから、とにかく高みを目指していく!!ってことで自分を納得させて、日々の学習に励んでいきたいと思います。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です