aboutがアバウトに聞こえない?aboutの発音で知識を深める

発音about

 aboutは、よく耳にする英単語の一つでしょう。「大体」と言う意味で日本語でも「アバウト」がありますが、ネイティブが喋ると、「ァバウ」のように聞こえたことはないでしょうか?

 aboutの発音がアバウトに聞こえない理由は、英語の母音である「ə」が関係しています。

 aboutは、発音記号で表すと、 əbɑːʊtです。一番最初の「ə」に注目してください。これは英語の母音であり、日本語に最も近い音は「ア」です。しかし、こちらが省略されて聞こえることが多々あります。省略されて聞こえるので、「ァバウ」と聞こえてしまうんですね。

  その理由を、以下にお伝えします。

 知っておきたい「ə」に関すること

 最初に、「ə」は曖昧な母音とも言われます。会話文の中では省略されることもあります。この「ə」の発音について、aboutを例に説明していきますね。

 aboutのみの発音だけではなく、英語の発音のルールとして、次のことを覚えておきましょう。

  • アクセントではない母音は弱く読む
  • 場合によっては、つづりにある母音を読まない

 英単語aboutでは、アクセントは「bou」に来ます。そして、上記にあるルールの通り、「アクセントではない母音」であり、「場合によっては、つづりにある母音を読まない」パターンにも該当するときがあります。

 英語の表記で、「about」が「’bout」と表記されることもあります。これは、先ほどの「つづりにある母音を読まない」が表記的に表れているのです。洋画の字幕などで、私は何度か見たことがあります。

 また、about以外の例ですと、familyが、読むときに「famly」のように聞こえたり、reallyが、「relly」のように聞こえることがあると思います。理由は、familyのiの部分と、reallyのaの部分の発音が「ə」であるからです。

 familyの正しい発音記号は、「fˈæməli」ですが、「ə」が抜けて「fˈæmli」となる場合があります。特に会話では後者になりやすいでしょう。

 アクセントでない母音であり、もともと曖昧な母音とも言われる「ə」の発音ですので、ほとんどあってないような場合があることを頭に入れておくといいですね。

 発音するときのポイント

 何度も言っている通り、はっきりと喋ることが少ない母音ですので、リラックスして発音しましょう。脱力し過ぎくらいのイメージで良いと思います。

 喋る音としては、「ア」に「オ」と「ウ」を足して3で割ったような母音です。ここもはっきりせずに弱く発音するのがポイントです。

 曖昧な母音と言われている割に、頻繁に登場する「ə」の発音。省略されることも頭に入れると、リスニングもしやすくなるはずです。英語のaboutに関しては、日本語のアバウトとは別のモノとして、実際に話す時は注意しましょう。

プロフィール

はじめまして、リモです!1992年北海道生まれ、IT関係の仕事をしながら、ネイティブ越えの英語力を目指しています。

英語の学習の仕方を再定義すべく、ブログで情報を発信しています。

従来の英語学習ではなく、ストーリーやつながりを意識した英語学習により、

「TOEIC925」

「外国人の彼女がいたことがあったり」

「仕事で英語を使ったり」

が出来るようになりました。

私は海外ドラマに大きく心を奪われて英語学習に火がつきましたが、心が動くなら洋楽でもYoutubeでもなんでもいいと思います。

普通とは違った切り口から英語を学ぶことを通して、ゆくゆくは日本を、世界を変えいく野望も。

日本人にとって英語は難しい、という先入観を変えて、一人でも多くの英語学習者の役に立つためのブログです。

何より、海外ドラマがめちゃくちゃ好きで、その良さを英語学習を通して多くの人に知ってもらいたいという裏のテーマも掲げつつ、あなたの人生を1㎜でも進められるようにブログを運営していきます。

「英語学習辛い….」

「TOEICで思うように点数が取れない」

「ただの海外ドラマ好き」

こういった人たちの背中を強く後押しし、その方の英語人生を変化させる存在になることを常に意識して進んでいきます!より詳細はコチラから!。

メルマガやってます!

メルマガやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です