しっかりと継続して効率的な学習をするための 2 つのフィードバックの話

どーも!TOEIC 965 のリモです。

早速ながら、英語の学習するときって、効率を求めると思います。
当然ではありますが、効率的な学習を続けることで、間違いなく成果は出るでしょう。

 

効率的であることはご存知の通り大切なんですが、それを追い求めるあまり、逆に効率が悪くなってることがあると思います。

特にTOEICとかだと期日があったり一定のスコアを求められたりしますから、焦るから目先のこととか短期的なモノしか見れなくなったりします。

 

最短で結果を出すために、効率を追い求める姿勢自体は素晴らしいんです。
これは間違いない。
けど、やり方とか方法論ばかりに固執すると、良くない方向にズレてったり、本質を見失ったりしがちです。

 

なんというか、目の前の試験だけのために一点集中で学習するのでは、
すごい長いスパンとか人生単位で考えたときに、
短期的なゴール達成後に満足して学習の歩みを止めてしまったりしちゃうと思います。

 

末永く英語力を高めていくことで、よりより面白い人生になっていくと思っている私としては、それはもったいないと思うのです。

てか高校生とかは効率だけ求めがちですよねw
テスト前になってみんな勉強してるけど、俺は徹夜派だから(キリッ
とかですね。

 

そして絶対1人は
全然勉強してないわーって言いつつもしっかりとハイスコア叩き出す人いましたよねww
話それましたねw
以下で、本題に入ってきます。

 

効率的な学習をするために

どうせやるならしっかりとした英語力をつけていくべきだと私は考えているので、
そうなると徹夜的な考えではなく、長期的にやってったほうが絶対効率いいですよねw

 

大袈裟でもなく、人生単位で英語を効率良く学んで、素晴らしいものにしてほしいと思ってますので、そうなると長期的に学んでいきたいところです。
けどけど、長期的な視点だけだと、ダラけたりしてしまう、って話をしていきます。

 

今回は、英語を学び直すとか改めて英語学習をするよ!って人、
今まさに絶賛学習中だけどモチベが続かない…って人に向けて、気づきや学びがあるように書いてます。

 

この記事を読んだ後には、
自分がやるべきことがわかって、
迷いなく目の前の英語学習に集中できるようになってもらいつつ、

そのままノンストップで英語力をあげてもらうための記事になってます。

 

自分でハードル上げてるのはわかってるんですが、
そういった意識、熱量を持ってお伝えさせてもらいますw

 

で、いきなりなんですが、

 

なんとなく学習してないですか?

TOEIC だったら、
なんとなく問題集解いたり、単語帳眺めたり、

英会話だったら、
とりあえずフレーズ覚えたり、フリートークしてみたり、

 

そういう風になんとなく学習してることって普通にあると思います。

 

周りがやってるからとか、
おススメされた本だからとか
たまたま手元にあったから、

って理由で学習してないでしょうか?

 

別の質問をすると、

 

あなたは今の自分の学習に自信がありますか?

これってめちゃくちゃ大切なことで、

自分がやってることに自信があるときって、
集中力も増しますし、何より迷いがなくなるので
一直線に進む
ことができます。

 

自信があるってことは、なんとなくやってるはずがないから。

 

学習してる最中で、結果が出ないから自信を失うってのはあると思うんですが、
少なくとも学習を始める段階でちゃんと納得した状態で歩みを進めたいはずです。
自信があるから前だけ向いて進める。
100m 走で後ろチラチラ見てたらタイム遅くなるのと一緒ですねw
走り出したら前だけ見てゴールに向かって走り続けたら、そりゃ最短になりますよね。

自信があるから途中で別の学習法に目移りすることも減るし、
何より、結果につながりやすくなります。

 

欲しい結果とか成果って、当たり前ですけど
それなりの努力と代償が必要じゃないですか。

 

で、その過程が楽しめるものじゃなかったら
結果が出るのは早いほうがいい。

 

結果が出ないことが、
行動を継続できない圧倒的な理由だったりしますからね。

 

言い方変えると、一生懸命やってもフィードバックがない感じです。

 

私自身、英語を教えさせてもらうことがよくあるんですが、
「最初の学習のし始め」
から
「フィードバックが体感で得られるまで」
の間が一番つらそうにしてる人が多い印象を受けますし。

 

レベルアップもしないし、
モンスター倒しても何も落とさない

そんな RPG ゲームがあったら、
たぶんめっちゃつまらないですよねw

フィードバックがあるから、面白くなり始めるので
何かしらの結果が欲しくなるのは当然です。

 

何より結果が出ないと、
なかなか続かないですからね。

 

 で、このフィードバックなんですが、
大きく分けると2種類あると思ってます。
1つが、結果とか成果とか、成長の実感とかです。
単語帳を使って 1 ヶ月で、1000個覚えたー!
中学英文法を3週間で瞬時にわかるようになったー!
みたいな。
出来た!やった!!
みたいな体感になるやつですね。
だいたいは数値とかで測れたり、明確な基準を満たしたりしてると思います。
これが1つ目のフィードバックです。
で、私が大切にしてるのは2個目なんですが、
その2個目が、面白さ、楽しさ、興味深さみたいなフィードバックです。
周りの目とか客観的な数値とか、一切そういったものを省いた、純粋にあなたの心が動くものといってもいいと思います。
海外ドラマの展開おもしろ!
この曲のメロディ好きだわ〜
このスピーチめっちゃ感動した!
とか、そういうやつです。
人それぞれだし、ほんと十人十色、千差万別で違います。
でもだからこそ、面白いがゆえに時間を使っちゃうこととかってあると思うんですよ。
これはフィードバックというか、報酬って感じです。脳が喜ぶやつですね。
で、この2つのフィードバックを上手に使いながら学習してくことが、効率化の鍵になってくる。
人生単位で考えると、自分が興味あるものを知ってそれを利用することが最大の効率化だと思っていて、その理由は一番続けられるからですね。
好きなもの、楽しいものから学ぶので、基本的に継続できるはずです。
で、この楽しさのフィードバックを意識すると、成果とかを気にする 1 つ目のフィードバックよりは、確実に続きやすい。
なぜなら、その “過程” そのものが楽しいから、面白いからです。

継続は力なり、って耳にタコができるほど聞いた言葉がある通り、継続できれば間違いなく力になります。

 

それで、これで決して終わりではなくて、さきほどの1 個目のフィードバックも、要所要所で使っていくとさらに効率的になっていきます。
自分のレベルを確かめるために TOEIC や英検を受ける、などがあると思います。
なぜなら、期限が決まっている短期的な目標がないと、人はそこにコミットできないからです。
感覚的にわかると思うんですけど、いついつまでにやらなきゃヤバい!ってなったら、否が応でも集中して取り組めますよねw
逆に締め切りがないと、すぐに終わることでもダラダラやってしまう。
仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
ってパーキンソンの法則と呼ばれるものもあるくらいですし。
締め切り効果とかとも言われるもので、期限や期日を意識することで、
それを終わらせなきゃ!という気持ちになりますし、
期限から逆算して計画などを立てれば、目の前のやるべきことにフォーカスして取り組めます。
結果的に、効率は上がるのです。
短期的には、成果や結果を意識して取り組み、
長期的には、自分の脳が喜ぶモノを通して学ぶ、
これらを意識しつつ、上手く組み込んでいくことで、継続的に英語を学ぶことができます。
短期的なフィードバックだけを気にすると、成果とかを達成すると、その後の英語学習が失速しがちですし、
長期的なフィードバックだけを気にすると、学習は続くけど、締め切りがないからダラダラと学習しがち。
要するに、2つともハイブリッドにして取り組んでくといいよね!って話ですw
ホントに過程が好きなことから学び続けられるなら、長期的なフィードバックだけでもいいと思うんですが、
自分の力を測るために TOEIC とかの試験を受けるのはおススメですけどね!
そこでいい結果、成果が出たら、もっと英語学習が好きになっていくはずですし。
ポジティブなサイクルとかスパイラルに入れるんです。なんとなく想像できるのではないでしょうか。
私自身、何度か TOEIC や発音学習のために短期的なフィードバックを意識してやったり、
海外ドラマ、洋楽、Youtube のスピーチの動画(英語)から、長期的なフィードバックをもらい学習を続けてきました。
結果的に TOEIC で 965 は獲得できています。
けど、これで英語学習は終わりではないし、ネイティブを超える英語力をつけたいと思っているし、海外ドラマとかが面白いので、まだまだ英語学習を続けていきます。
ということで、締まりが若干悪いきもしますがw
伝えたいことは伝わったと思うので、
以上、2 つのフィードバックと効率の話でした!
P.S

質問やご意見、ご相談などなどありましたら、ご遠慮なくご連絡を!

必ず返信してますし、
どういう情報が欲しいか参考にさせていただきたいので!

rimo.of.toeic@gmail.com

ではでは!!!

筆者(リモ)のプロフィール

生まれも育ちも北海道の 20 代後半。独学、留学なしで 2019年 3月 TOEIC 965。


高校 2 年の時に見た海外ドラマに魅了され、学校の授業と海外ドラマの両方を使い積極的に英語を学び始めました。

大学のときに TOEIC スコアを630 → 815、社会人になってから 965 まで上げ、その経験を活かして指導をしたり、英語を使って仕事をしたりしています。


TOEIC 学習も間違いなく必要ですが、興味あるもの (海外ドラマ、洋楽、洋画、YouTube など) から学んだほうが覚えやすいです。


○興味あるものから学び続けた経験
○TOEIC に特化した学習、指導経験


これらを通して得た、気づき、学びを、TOEIC 学習者向けにシェアしております。


「目標を達成したい」「スコアの停滞を打破したい」「TOEIC 学習を継続させたい」「一から学習しなおしたい」


そんな人の背中を一人でも多く押しております。

当サイトについては こちら から。

+α で TOEIC スコアを上げる LINE @ 運営中!

「1人で 目標スコアを取りたい」
「TOEIC スコアと英語力 を同時につけていきたい」
「興味あるモノから学んで、英語力を上げたい」

スコア目的だけの機械的な勉強では面白くない、興味あるモノを絡めて学びたい人が集まるコミュニティ (LINE @) を運営してます。

・TOEIC スコアと英語力を同時に上げる
・興味あるモノから継続的に学んでいく

をテーマにしています。

スコアを上げるだけでなく英語力を底上げするために、LINE @ ではより実践的な内容をお伝えします。

現在、TOEIC 指導をしている私が教えていることを詰め込んだ、TOEIC スコアを上げることに特化したレポートをプレゼント中です。

3万字超えのレポートとなっていますので、読みごたえは十分あると思います(笑)。

TOEIC スコアを少しでも上げたい人にとって、有益な情報になっていますので、是非お読みください。

すぐに欲しい方は以下の 友だち追加から!
※ 登録後、最初の自動応答メッセージでプレゼントをお渡ししています。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です